【真実を知る】上江洲義秀先生の光話より、2021年5月15日 :キャンドル・・・神我一体/報恩の行為・・・感謝

こんにちは、\イッカク です。/

偽我で偽我を消せない
という真理を説いておられます。

今回も愛 光さまの動画より

上江洲義秀先生の光話を
以下置きます。

■2021年5月15日 午前の部:キャンドル

■2021年5月15日 午後の部:感谢

■編集後記
今回の光話は、紛れもない、事実でした。
この地球上に今回の文明が誕生した頃
それは、云うなれば
西洋では「シュメール」と云われています。
その社会は、既に
偽我で偽我を消そうとした社会が
形成されていました。
ところが、私達日本人の祖先は「縄文人」であり
シュメールよりも以前の
「レムリア人」がルーツであったように
思うのです。
つまり、レムリア人=縄文人の社会は
真我を理解していた人々が多く
この地球上からは、それら社会は
偽我の3次元存在価値に
重きをおくこと無く
自然にフェードアウトしていったのでは
ないかと思われます。
レムリア・縄文人は真我を得て
昇華したのだと思います。
ただ、完全には消えておらず
私達の血肉にその痕跡は
残っているようです。
私達は、それに気づき
再び、真我に目覚めて、世界が愛の波動で
満たされるようにする
役目を担っているようにも思います。
これまで、さまざまな話を聞いたことが
ありますが、ひとつの文明は
約3万年くらいで、核兵器などでリセットされ
そして、大きなリセットは100万年くらいの
スパンで、リセットされて・・・
というふうに何千回も文明を作っては
破壊を繰り返して、来ていたようです。
しかし、今回の文明で
地球さん自身の意識も変性する時機が
訪れて、いよいよ本格的な
変化の時機に入ってきたように感じます。
そんな時機に私達は
なぜ、ココに生まれて居るのでしょうか?

上江洲先生の言葉に
ミミを傾けて、真我を意識したい!

道具を真実だと錯覚しないように!!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました