【NATURAL NEWSより】現在、米国の20州は、ワクチンで殺害された人々を液化し(アルカリ加水分解葬)、「肥料」として食用作物に肉をまき散らしています。

こんにちは、\イッカク です。/

今回は、さすがに、未だに「冷血人間」が
まだまだアメリカに住んでいる。
という証拠にもなります。

詳しくは、下記引用をどうぞ。
ソース:https://www.afinalwarning.com/519617.html
【】内は和多志の解釈です。
<引用開始>_______________
現在、米国の20州は、
ワクチンで殺害された人々を液化し、
彼らの肉を「肥料」として
食用作物に広めています。

現在、米国の20州は、死んだ人々を液化し、
彼ら死肉の【ドロドロ】を下水排水路に捨て、
下水を「バイオスラッジ
【濃厚で柔らかくした生体の泥】」
として収穫し、
肥料の形として
食用作物に散布する慣行を合法化しました。
(以下の州政府のリンクで
これの絶対的な証拠を参照してください。)

アメリカの2021年へようこそ!
そこでは、死者が液化され、
生き物
供給されます。
まるでマトリックスから引き裂かれた
シーンのようです。
LifeSiteNews確認を見てください!
<<引用開始>>_______________

ウィスコンシン上院は
死体を溶解し、下水道に
投棄する法案を承認

人体を液化し、残骸を下水システムに投棄する
ことを含むアルカリ加水分解、
または「水火葬」は、
すでに20の州で承認されています。
2021年5月13日木曜日-午後7時10分EST
注目の画像

ウィスコンシン州マディソン、
2021年5月13日(LifeSiteNews)
–ウィスコンシン州上院議員は今週初めに、
死体を化学浴に溶かして
下水として処分することを
認める法案を承認した。

法案である上院法案228は
アルカリ加水分解、
または「水焼却」と呼ばれる慣行を
承認しています。
これは、水、熱、および化学薬品の混合物を
使用して人体を液化し、
骨だけを残します。
その後、液体は下水システムに捨てられるか、
沸騰させられ、骨は砕かれ、
骨壷に沈着することができます。

共和党主導の上院は火曜日に
ウィスコンシンのカトリック司教の
反対をめぐって議論することなく
法案を可決した。

ウィスコンシンカトリック会議の
事務局長であるキム・ヴェルコーテレンは、
上院保健委員会に次のように述べています。
「人間の心、心、肉、骨は
すべて、死後も尊重されなければならない
DNAに至るまで、
ユニークな創造物の要素です。」

「私たちの懸念は、
アルカリ加水分解によって、
神によって創造された体が
存在しなかったかのように、
残骸が廃水システムに
洗い流されることです」
とベルコーレンは付け加えました。
「廃水は
体の神聖さを尊重せず、
また、
【人の固有の精神と性格が去った】
後の死者を称えることが
出来ない悲しみを許せません。」

SB 228を後援した
R-スティーブンズポイントの
パトリックテスティン上院議員は、
「消費者の選択」を促進する手段
としての措置を主張した。
法案の公聴会で、彼は
「ウィスコンシンの葬儀屋は
無炎または水火葬の要求を
ますます受けている」と述べた。
「私は消費者に
選択肢を与えることを信じています。
そして、消費者が炎のない
火葬を選択した場合、
私はウィスコンシンの葬儀屋に
その選択を実現する手段を
与えたいと思います」と
テスティンは言いました。

カトリックの指導者たちは
その推論を厳しく拒否しました。
テキサスカトリック司教会議は、
アルカリ加水分解を認可する試みが
ローンスター州で導入された後、
2年前に「人体への敬意と敬意を犠牲にして、
より安く、
より迅速な処分をしてはならない」と述べた

「私たちは、すべての人間の遺体を、
彼らがどれだけ長く生きたか、
どのように死んだかに関係なく、
尊厳、慈善、そして敬意を持って
扱わなければなりません。
人体の化学的消化は、この単純な
原則に従わない」と
司教たちは述べ、中絶された赤ちゃん
下水管に捨てる 習慣に例えた。

米国中の聖職者も同様に、
ミズーリ州オハイオ州ワシントン
含む「水火葬」やその他の「代替」処分
方法に反対している。
それにもかかわらず、近年、
約20の州がアルカリ加水分解を
承認しています。

北米火葬協会(CANA)によると、
この慣行には、
通常約100ガロンの液体を
保持できる加圧バットが含まれます。
チャンバー内に配置された
死亡者は、最大302度に加熱され、
排水クリーナーとして使用される
工業用化学薬品である
灰汁に浸されて、
急速な分解を引き起こす
可能性があります。

アルカリ加水分解の
全プロセスには3〜16時間かかり、
最終的には組織や
DNAを含まない
「滅菌」液体が生成されます。
「場合によっては、
カリウムとナトリウムの
含有量のために、
水が迂回されて肥料に
使用されます」と
CANAは言いました。

アルカリ加水分解の支持者は、
それが従来の火葬よりも
「環境に優しく」、
炭素排出量が少ないと主張し、
ウィスコンシンカトリック会議も
同様に却下したと主張しています。
「この慣行では、
100から300ガロンの水を使用でき、
給水のpHレベルに影響を与える
可能性があります」
とVercauteren氏は述べています。
「私たちは、大量のきれいな水の
化学組成を変えるプロセスが
…良い管理であるかどうか
疑問に思います。」

カトリック教会は遺体の埋葬を
強調していますが、1960年代以降、
伝統的な火葬に対する姿勢を和らげ、
「キリスト教の教えに反する理由で
これが選択されない限り」
火葬を許可しています。
人間の遺体は墓地に埋葬されるか、
霊廟に埋葬されるか、
または葬られなければならず、
散らばってはならない、
と教会は主張している。
<<引用終り>>_______________

ウィスコンシン州は、
この慣行を合法化した
最新の米国の州であり、
一見「水火葬」と呼ばれています。
しかし、それは人間の肉を
食い尽くす化学成分として
灰汁を使用し、
それを水道水を使用して
骨を洗い流すぬるぬるした
【ドロドロ状態】に変えます。
この結果として生じる
「肉のグー」(ワクチンで殺害された
市民の残骸)
は、
都市の下水道に流され、
生の人間の糞便、軽工業廃棄物、
トイレに流される女性の衛生製品、
およびその他のバイオハザード廃棄物と
組み合わされます。
その後、「バイオスラッジ」
【濃厚で柔らかくした生体の泥】
に変換されます

<<引用開始>>_______________

コロナウイルスは、
検査結果が陰性だった後、
1か月以上前の患者の糞便に
見つかりました

2020年5月13日水曜日

新しい研究では、回復した
COVID-19患者の糞便中に

この病気の検査で陰性となった
1か月以上後にコロナウイルスの
痕跡が見つかった 。
スコットランドのスターリング大学の研究者は、
彼らの発見はウイルスが下水を
通して広がる可能性があることを
意味すると警告しています。

「COVID-19は
咳やくしゃみからの飛沫を通して、
または感染を運ぶ物体や物質を介して
広がることを
私たちは知っています」と
スターリングの教授である筆頭著者の
リチャード・キリアムは述べています。
「しかし、最近、ウイルスがヒトの
糞便にも見られることが確認されました。
患者がCOVID-19の呼吸器症状について
陰性であるとテストされてから
最大33日後です。」

「ウイルスが糞口経路を介して
伝染するかどうかはまだわかっていませんが、
消化器系からのウイルス排出は
気道からの排出よりも
長く続く可能性があることを
私たちは知っています」と彼は付け加えました。

コロナウイルスは
人間の糞便で生き残る

科学者たちは、コロナウイルスが
人間の糞便や下水で検出される可能性がある
ことを以前に観察しました。
マサチューセッツ州では、
マサチューセッツ工科大学ハーバード大学
ブリガムアンドウィメンズ病院の
研究者 が
これを使用して、州内での病気の蔓延の可能性
追跡しています   

しかし、その以前の研究では、
一般市民は廃水からウイルスを捕まえるリスク
ないと述べていました
一方、スターリングの研究は、
それが病気の蔓延の可能性のあるベクトル
ある可能性があると警告してます。

スターリングの研究者は、
コロナウイルスの構造的構成は、
生の下水で最大14日間生存する可能性がある
ことを示唆していると述べました。
彼らはまた、
廃水が処理プラントで
処理されるときに、
ウイルスが廃水から空気に
戻る可能性があると警告した。

「水中でのコロナウイルスの輸送は、
特に下水道システムを
介した廃水の汲み上げ中、
廃水処理施設での、
およびその排出と
その後の集水域排水ネットワークを
介した輸送中に、
ウイルスがエアロゾル化する
可​​能性を高める可能性があります。」
研究者は書いています。

彼らは、
「廃水からの水滴へのコロナウイルスの
大気負荷」をまだ完全には理解していないが、
特に下水ポンプ場で働く人々にとって、
感染するためのより直接的な
呼吸経路を提供する可能性があると
述べ続けています。
プラント、および廃水を処理するその他の施設。

糞口経路を介したウイルス感染

下水処理施設の廃水からの
エアロゾル化されたウイルス粒子は別として、
人間の排泄物からの
コロナウイルスの伝播の主な媒介物は
糞口経路を経由するでしょう。

中国の研究では、
人間の胃腸管が
コロナウイルスにとって快適な環境である
ことがすでに示されています。
さらに、元々はジャーナルGastroenterologyに
掲載されたこの研究は 、
ウイルスが肺から除去された後もずっと
胃腸管に感染し続けることを立証し、
スターリングの発見を裏付けています。

さらに研究が必要

スターリングと中国の両方の研究で、
研究者たちは
コロナウイルスの糞口感染について
さらに研究が必要であると
指摘しました。
前者に関与した研究者は、
ほとんどの研究が呼吸を介し​​た
コロナウイルスの伝播に
焦点を合わせていたため、
これについては十分な研究が
行われていなかったと述べました。

「世界が呼吸器ウイルスの
呼吸経路に非常に焦点を
合わせているとき、
SARS-CoV-2が
糞口経路によって広がる機会を
理解することを怠ってはなりません」
とスターリング研究の研究者は書いています。

彼らの発見に基づいて、
スターリングの研究者たちは、
英国政府に、
ウイルスが下水に存在し、
糞便を介して伝染することによって
もたらされるリスクを理解するために、
より多くのリソースを投資するよう求めました。

「パンデミックのかなり初期の段階で
ありながら、
糞口経路を介して広がるリスクを
理解することで、
ウイルス感染に関するより多くの証拠に
基づく情報を一般の人々と
共有することができます」
と彼らは付け加えました。

Pandemic.newsで進行中のコロナウイルスの
発生の詳細をご覧ください。

ソースは次のとおりです。

ScienceDirect.com

NewsWeek.com

Mirror.co.uk

MedPageToday.com

GastroJournal.org  [PDF]

<<引用終り>>_______________

これはトラックに積み込まれ、
食料農場に捨てられます。
私はこのプロセスを記録した
長編映画全体を作成しました。
これには、
この慣行について口笛を吹こうとしたが、
EPA【経済連携協定: 財務省】に
よって脅迫され、
専門的に破壊された元EPAの
トップ科学者のインタビューが
含まれます。
その映画はBiosludged.com
(無料で)見ることができます。


その科学者であるデビッド・ルイスは、
ScienceForSale
販売のための科学:
米国政府が政府の政策を支援し、
一流の科学者を沈黙させ、
私たちの健康を危険にさらし、
企業の利益を保護するために
強力な企業と主要大学を
どのように使用するか

と呼ばれる
これらすべてを文書化した本さえ
書いています。
「バイオスラッジによる
米国の作物土壌の大量汚染の
EPA承認慣行について
口笛を吹こうとしたため、
デビッドルイスは
政府の悪党に脅かされ、
土壌中の有毒物質に関する
彼の環境研究のための
すべての資金を剥奪されました。
計画の背後にある「科学」は
正気ではありませんでした。
EPAがアメリカの土壌の大量汚染を
正当化するために
使用する犯罪的に
正気でない「科学」を
覗いてみてください。

コロナワクチンによる
死の波によって
生成されるすべての遺体を
処分するのに
ちょうど間に合うように

現在、ウィスコンシンのような州は、
液化した人間の
「肉のグー」の残骸をバイオスラッジ
カクテルに追加し、実際に
人間のDNAと
ワクチン由来の
RNAフラグメント

食用作物に投棄しており
明らかに大混乱を
もたらす可能性のある
「トランスフェクション」の遺伝子導入
プロセスに気づいていません
将来の食用作物と土壌ミクロバイオームの
持続可能性。
抗体依存性増強(ADE)による
ワクチンの死の波があと5〜6か月しか
離れていない可能性が
あることを考えると、
これらすべてのタイミングは
特に便利なようです。
それは疑問を投げかけます:
スパイクタンパク質生物兵器が
FauciとGatesの過疎化の目標を
達成するとき、
都市と州はすべての死体を
どうしますか?
回答:
それらを下水道に流し込み、
「肥料」として食用作物に広げます。
この死んだ人間を間接的な形の
共食いとして
食糧供給に投入します。
すぐに、あなたが非有機製品を
食べるならば、
あなたは文字通り人間の肉グーで
育てられた作物を食べるでしょう。
これは空想科学小説ではなく、
陰謀でもありません。
ウィスコンシン上院法案SB228
それを読むことができます:
人間の遺体を火葬するための
アルカリ加水分解の使用と
緊急規則手順の免除を提供します。
 上院議員TESTIN、L。
TAYLOR、CARPENTER、
KOOYENGA、RINGHANDが紹介し、
NOVAK、SWEARINGEN、
ARMSTRONG、BOWEN、
CALLAHAN、KITCHENS、
KRUG、MOSES、L。MYERS、J。
RODRIGUEZ、ROZAR、
SKOWRONSKI、STUBの

 


各代表が共催 健康委員会に照会。

これが、「ファクトチェッカー」が
このトピックに触れない理由です。
事実は非常に明確です。
彼らは、ワクチンで殺害された
人間が液化され、アメリカ全土
(20の州と数えている)の食用作物に
広がっていることを
認めたくありません。
もちろん、有機作物は
バイオスラッジを肥料として
使用することを禁じているので、
有機を食べるもう1つの理由があります。
それからまた、
私たちは今、致命的な
コビッドワクチンを
注射するために
サインアップしている
有機支持者を持っています

それは彼らがすぐに
食糧供給自体のための
インプットになるかもしれない
ことを意味します。
私の衝撃的なシチュエーション
アップデートポッドキャストを聞いて、
この驚くべき啓示についての
完全な真実を学びましょう
Brighteon.com/698ddf8a-9b71-4fa8-a30c-1e1e87206c81

Brighteon.comで毎日新しい
SituationUpdateポッドキャストを見つけて
ください
https://www.brighteon.com/channels/hrreport

<引用終り>_______________
■編集後記
カバールの人口削減計画は、外せない
アジェンダであるようです。
そのためには、あらゆる、影の力や
「隙間」を狙って、どうしても
mRNAのナノロボット兵器を多くの人体に
送り込みたいようです。
今度は、以外な切り口で、「バイオスラッジ」
を使って、感染させたいようです。
この情報を早く、皆さんで
共有し、私達の「命」とはなにか?
を学び、そして知ることで
彼らの作戦は
「結果による結果作戦」という認識に
至るはずなのです。

少しも怖くないのです。

では、また。


スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました