【水道の民営化】水道料金が3倍!?・・・将来、水は“贅沢品”となってしまうのか!?・・・宮城県をダメにする3大リスク!

こんにちは、\イッカク です。/

堤未果先生からの情報によれば、、

(宮城県の村井知事へも進言していた)
竹中平蔵氏は、数年前から
「水道事業の民営化を実現できれば、
企業の成長戦略と資産市場の活性化の
双方に大きく貢献する」などと
繰り返し発言してきています。。

その流れが加速するかのように
トントン拍子で日本の改革は進み、

2018年12月6日
国会で、水道法改正案が成立。

それまでに行われた2018年7月の
国会審議では、たったの
「7時間の審議」で衆議院を通過。

海外での水道の民営化の失敗例が
相次いでいるにも関わらず、

厚生労働省は、民営化の事例を
たった3例しか調べていなかった

ということも、後から分かったそうです。

調査は2013年に実施し、
07~10年の事例。

民営化に失敗し、
再公営化の事例は00~14年に、
35カ国で180件もあったとの報告もあり、
もっと細かい事例も含めると、
267の事例があることも
分かったそうです。

にも関わらず、
厚生労働省が調べたのは、
たったの3例だけ。
(やったことは、やりました感)
しかも、たったの7時間の
審議で衆議院を通過。

私たち国民の命に関わるような
ことにも関わらず、

こんな雑に適当に扱う日本政府….

しかも、その当時は、
森友問題を騒ぎ立て
裏でしれーっと審議に通す…

何か裏があると思いませんか?

■なぜ、海外で失敗の続く水道の
民営化が日本でも進んでしまうのか。

■水道民営化の何が問題なのか。

■豊かな日本を守るには、
一体どうすればいいのか。

>グローバリズムは国家や人権は関係ない!
儲けようとしているだけ。。
https://youtu.be/2VoImuW5rEA?t=2077

世界では、こんな悲惨な状況が
起きていることを、一体どれぐらいの
国会議員が知っているでしょうか….

■宮城県をダメにする3大リスク!A級 〇犯は村井知事!?/ コロナ感染爆発/ 女川原発再稼働/ 水道民営化を斬る!

【見方によっては、県と市が独自で
緊急事態宣言を放ち、
様々な生活の活動を拘束しました。
国がリリースシてるのに、宮城県は
キャッチ拘束してる!
村井さん、郡さん、何様?】
===================

さて、話を戻しまして、、
『日本人は知らない「水道民営化の真実」
世界各国で起きた悲惨な状況…』
↓コチラをお読みくださいませ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56865

20世紀にかけて、
水道事業の運営権を
民間に売却することで、

事業の効率が良くなる、
サービスが良くなる、
無駄が無くなり、
水道料金が下がると、、、

そのメリットを信じ、
あらゆる国で民営化が加速しました。

ボリビア、フィリピン、スペイン、
アメリカ、ドイツ、ギリシャ、
アイルランド、インドネシア、
メキシコ、南アフリカなどなど。

しかし、蓋を開けてみれば、
民営化で料金が下がるのではなく、
逆に水道料金がどんどん上がっていきました。

南アフリカでは4年140%、
オーストラリアでは4年で200%、
ボリビアでは2年で35%、
フランスは24年で265%、
イギリスは25年で300%。

つまり水道料金が最高で
3倍になったということです。

ボリビアでは、水道料金が
月収の3分の1になってしまいました。

その結果、水道料金が
払えない住民が続出しました…

また、南アフリカでは、
運営権を得た、グローバル企業が
利益を出すためにコストカットをし、
水質チェックをおろそかにされ、
水がどんどん汚くなっていきました。

コレラ菌が繁殖して、
何百万人もの命が犠牲になり、
幼い命も沢山犠牲となりました。

さらにアメリカの
ピッツバーグ市では、

民営化にしたことで、
水道料金は全米で最高に
高くなったにも関わらず、
水道管のメンテナンスはおろそかにされ、

腐食防止剤は安いものに変わり、
その結果、水道管からは鉛を
含んだ茶色い水が出てくるようになりました。

そのせいもあってか、
その市に住む子供たちの血液からは、
基準値超えの鉛が検出されたのです。

しかし、日本も対岸の火事とはいえません…

一体、どういうことか。

アメリカで悪質な水質汚染事件を
起こしたある企業が、
どんどんと日本に進行しているとのこと。

(すでに愛媛県松山市の
運営権を握っています。)

その企業の正体とは….
↓  ↓  ↓
3_20191019210101
コチラの方のブログ記事は
グローバル企業の地方行政を利用した
「水道料金の値上」の狡猾なやり口を
述べていやっしゃいますので
是非、皆様、ゴイチドクを!
http://yonohate.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-75e809.html

■編集後記
宮城県人として、文句を言いたいです。
危機管理とは「なんぞや?」を
分かっているくせに、
なにか有事になれば
数字の誤魔化しと、誤認したとか、
想定外とかで とぼけるつもりです。
「直ちに、影響は出ません。。。」とか、
最後には、
「・・・遺憾に思います。
申し訳ありません。。」とかで、
立派に頭を深く下げれば、演技終了で、
お疲れさまでした。
で、終了です。
今のうちから、分かっています。
市民は、今のうちから、
本気で、追求しなかったら
なにか、有事があってから、では、
遅いです。
だから、ほとんどの県民は、
「寝ぼけています」
現在の為政者どもは、概ね全て、
■マネトラ
■ハニトラ、そして、闇勢力からの
■脅し、 によって、
押さえつけられています。
もしかすると、闇勢力は、
今流行りのDSか中共のどちらかでしょう。
所詮、ガースーや村井、郡、などの広告塔は、
トカゲのしっぽで
どうにでもスゲ変わる。
そして、為政者の中には、
闇勢力のスパイが日本人のような顔で
政財界に居座って、
工作活動を繰り広げています。
これらの事は、根本的に、
トランプ氏のような、 正義と実行力がある
指導者が 日本には、いるのだろうけど、
日本人自身が、このことを
早く目覚めて、そういった人材を
政界・財界に押し上げなければ
日本は、終焉してしまう危険性が
あると思います。
それにしても、時間がありませんです
・・・もしかして、
一縷の望みで、叶うならば、
正義の警察か軍などによる
大量逮捕を待つしかないかも。。

宮城県人、仙台人は
上記の認識を得て、各自、お考えくださいませ!

では、また。


スポンサーリンク

堤未果

コメント

タイトルとURLをコピーしました