【中共による超限戦】【3月19日までの限定公開】『中国共産党の世界乗っ取り計画』20世紀から仕掛けてきた中共ステルス戦争とは?

こんにちは、\イッカク です。/

先のブログにも載せましたが
「超限戦」
今回は、その具体的かつ
狡猾な計画は、通常では
考えられない
戦略や戦術で、敵に向けて
仕掛けてきていた・・・

さて、河添恵子氏がこの件を
動画内で語っているので
どのような
驚異があったのか、
ご確認していただきたいです。
(3月19日までの限定となってるようです)

■『中国共産党の世界乗っ取り計画』20世紀から仕掛けてきた中共ステルス戦争とは?

<動画内のコメントより>
<引用開始>_______________

ビデオでご紹介した河添恵子の新プロジェクト
『中国が仕掛けるステルス戦争大全』の
詳細はこちらから↓↓

https://in.kawasoekeiko.jp/cpm_kawawa…
約2年ぶりに、 河添恵子の長編となる
新講座を開講 することになりました。
その新講座に伴って、
河添先生から メッセージ動画を
もらっていますので、
こちらからご確認ください。 ↓

https://in.kawasoekeiko.jp/cpm_kawawa…
今回の新講座のタイトルは、
『中国が仕掛けるステルス戦争大全』
という商品名になります。
この商品名の元となっているのが、
元空軍准将:
ロバートスポルディング氏
によって書かれた
『STEALTH WAR』という書籍です。
この書籍では、
アメリカが中国の見えない侵略によって
国が乗っ取られようとしていると
警告している本であり、
2019年に出版後、
アメリカで大ヒットしました。
今回の講座は、 その本をベースに
世界各国の事例を取り上げて、
河添先生の独自の情報や
裏メディアの情報を収集し、
中国によるステルス戦争、
ステルス戦略を徹底的に
解説していく講座になります。
日本でも、
中国による侵略は加速しており、
北は北海道、南は南西諸島と
潤沢なチャイナマネーを使って、
日本列島を挟み撃ちするかのように
侵食し始めています。
政治の面においては、
二階幹事長を軸に
親中議員がドンドン増え、
売国奴のような政治家ばかりが
増えています。
昨今の報道やニュースを見て頂ければ
納得できると思います。
河添先生も、
そんな状況に危機を感じ、
約2年ぶりとなる新講座を
開講することになりました。
講座を提供するタイミングとしても、
今だ! と思い、
今回告知しています。
ぜひ、こちらから新講座の詳細を
確認してみてください。

https://in.kawasoekeiko.jp/cpm_kawawa…
以下、置きます。

■人知れず進む中国の
「日本領土買収計画」
【THE FACT REPORT】

中国に「爆買い」される日本の領土
――法整備による対策を!

http://hrp-newsfile.jp/2019/3531/
<引用開始>_______________

HS政経塾第9期生 笠原 麗香(かさはら れいか)
◆外国資本による買収が進む現状
林野庁によると、2006~2017年の間に外国資本が
買収した日本国内の領土は、
森林が計5789ヘクタールに上ります。
この面積は、東京ドーム1231個分、
あるいは山手線内側面積の約9割に相当する広さです。
ただ、これはほんの一部にすぎません。
森林以外の土地買収は政府への報告が
必要ないため、
今どれだけの土地が買われているのか、
正確な数値を把握できていないのが現状です。
・・・
<引用終り>_______________
冗談じゃありませんね。

「トランプ・トランプ」とか
言ってる、場合では無いかもしれません。
GESARA/NESARA
と待っている間に
日本が、ごっそり
中共に侵攻されてからでは
遅いかもしれません。

果たして、間に合うのでしょうか?

現実に目を向けると
コチラの問題や課題が
重く日本人にのしかかっている
ようにも感じます。

一気呵成に攻め込まれてからでは、
手遅れになりませんか?

私達は、其の意味で
もっと、もっと、Qアノンの覚醒より
先に
中共の驚異と狡猾さに
覚醒するべきです。。。。

もちろん、トラさんやQアノンのことも
期待はしていますが、
より現実味の問題は

対中共対策が、最優先では
ないでしょうか?

とらさん、
包子ぷ~さ~~~ん、
早く、
新中国共和国の民主国家の設立と
中国共産党の終焉を急いでくださいませ!!!

では。また。


スポンサーリンク

(英語)
(

日本の闇

コメント

タイトルとURLをコピーしました