短編映画–地球外生命体の歴史と来るべき世界革命

こんにちは、\イッカク です。/

今回は、「地球外生命体の歴史と来るべき世界革命」
について、予告・予言めいた話の
動画がありましたので、以下置きます。

マイケルサラさまより

■短編映画-地球外生命体の歴史と
来るべき世界革命

この短編映画は、地球への地球外介入の歴史と、
競合する派閥が人類の運命をめぐって
どのように戦ってきたかを紹介しています。
歴史的に貧困、病気、戦争を
引き起こしてきた地球外の
ネガティブグループと
その人間のプロキシ
(別名カバル/ディープステート)の
管理下で、地球がどのようにして
刑務所の惑星になったのかを学びましょう。
ポジティブな地球外生命体が
主要国の国際的リーダーの地球同盟と
協力して私たちの惑星を解放し、
繁栄、自由、そして銀河連邦の一部になる
新しい時代の到来を告げるとき、
何が先にあるのかを発見してください。
ビデオリンク:
Exopoliticsウェブサイト:

https://exopolitics.org

■編集後記
一般大衆が、驚くのも無理はないです。
トランプさんが、DECLAS(秘密情報開示)を
行うことで、これまで支配してきた
カバール/ディープステート
たちの隠された秘密を開示するからです。
いままで、秘密とされていたのは
いくつかありますが、
大きいものは、
「宇宙には人類のような
知的生命体は、存在せず、
地球に住む人類だけが唯一
生息している。」
という、常識を構築し
それに、逆らうすべてのものは
「あざ笑われ」
「エセ科学」
との烙印を押してきたことに
あります。
しかし、今や情報は隠せない時代になって
「偽装工作」や「偽旗作戦」などは
簡単に、一部の賢い市民からも
リークされるようになりました。
闇からの支配者層=カバール
らは、その罪が暴かれ、晒される
時が、迫っているのです。
カバールの思惑通り新世界秩序を
形成していたら、地球は、今ごろ
長いこと無かったでしょう。

そして、私達は、今、大きな大きな
時代の節目に差し掛かっています。
これまで、嘲笑られてきた「非常識」や
「都市伝説」や学問の対象外とされた
「オーパーツ」についても
ちゃんと説明がなされるかもしれません。
それは、聖書の謎も同時に
ほどかれていくのかもしれません。
9800年前の原点に
地球人は、目覚める時期に来ました!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました