【2021_02_02_04:15】政治・経済・社会:最近の世界動向について・・・■ポンペオ氏 「新しい政府は、アメリカ国民の期待に応えて、 引き続き中国共産党への対抗を全うする、 頼られる政府であってほしい」 「バイデン政権のWHOへの復帰は間違い! 新型コロナは中共国の武漢から来た」

こんにちは、\イッカク です。/

2021_02_02 本日の

世界の動向として
■トランプさんとアメリカ
■包子プーさんと中共
■Qアノンとワイトハット
■ディープステート、ハザールmafia
■ロックダウンとコロナウィルス
■DECLAS(情報開示)
■NESARA/GESARA/QFS(光の新世界政府)
上記に関わる動画を、和多志が選んで
以下に列挙します。

■ポンペオ氏
「新しい政府は、アメリカ国民の期待に応えて、
引き続き中国共産党への対抗を全うする、
頼られる政府であってほしい」
「バイデン政権のWHOへの復帰は間違い!
新型コロナは中共国の武漢から来た」

連新社さまより

■編集後記
ポンペオ国務長官が辞任を控えての
最後のインタビューだった。
彼が、話した
「新型コロナは中共国の武漢から来た」
というキメ台詞は
もちろん、「中共は世界の敵」
というイメージ戦略となっているし
これは、いずれ
「中共打倒」の大きな理由でもある。
これを偽バイデンが阻止した。
一応、そのように「演技させた」
ということかも。
これは、この情報を観て
さらに正義感がヒートアップさせる
効果を狙ってもいるように
みえます。
なぜ、和多志がこのような見解に
至ったか、、、
すべて、良い意味での
茶番かもしれないからです。
MSM(メイン・ストリーム・メディア)では
放送されない、あるいは
放送されても「茶番」=フェイク
とされてしまう、事象を鑑みると
フェイクが事実で
事実と見えてるのがフェイク
なんだって思える。
最近の中共の動きは、コレだ!

■(続報)速報 中国は解放された!
米軍が中国本土に上陸!
CCP中国共産党解散!

まったく、これが真実であれば、一気に、
「お口をあんぐり」・・・アングリラ!

地球に棲息した「レプ・カバール」によって
地球に生まれ変わった数々の星の恋人が
ペドフェリアで失った悲しみと
邪悪な「レプ・カバール」への
怒りが実体化し、爆発したのだ!!!。

さて、アメリカの政権状況ですが
どうやら「軍権」を握ってるのは
トランプさんではなく、直接的に
軍部にあるようです。
鳴霞(めいか)さんの情報を置いとくます。。

■25日深夜・ホワイトハウスに異変!
何らかの逮捕劇か!! /
中国40年来の米国転覆計画(超限戦)と水面下で戦う米軍

そして、またまた、嘘のような
この映像が、「まこと」ならば
本当の話。。。
地下に巨大なネットワークが・・・

■「不可解」地下政府:米国下の地下G事基地

新 最新政経さまより

これ、簡単に云えば
「レプタリアンとホモサピの間の子」たちが
地下深くから地上を支配していた。
という、映像によって
その一部を垣間見せてくれた!
ということに
なるのでは、、、
ところで、レプは、現在、地球を
離れていったとか・・・
SFのような話ですわ!

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました