【最重要認識!】【米国不正選挙 関連情報】グローバル緊急放送システム、神の杖、USA社、トランプは反抗的な民間企業USA社に大統領を認めた・・・トランプ大統領は反逆的な株式会社アメリカ合衆国を改革した!?

こんにちは、\イッカク です/

タイトルをご覧になって、
「何のこっちゃ!」と思われたかも
しれません。
これまでのアメリカ合衆国というのは
大文字でUSAでした。
これは、実際は、
株式会社アメリカ合衆国であったのを
ご存知ですか?

分からない方のために、
編集後記で・・・

■グローバル緊急放送システム, 神の杖, USA社・・・

■編集後記
https://mizu8882.blog.fc2.com/?mode=m&no=292様より
以下、置きます。
<引用開始>_______________

・・・
(1)1871年の法律:

アメリカ合衆国が “アメリカ合衆国会社”という 企業になった経緯

「united states of America アメリカ合衆国」から
「the UNITED STATES OF AMERIKA
アメリカ合衆国会社」 へ

あなたはそれを知らない方が
いいかもしれませんが、
1871年に議会は
アメリカ合衆国の国民に対する
裏切りともいえる法律を可決しました。
私はここで 「合衆国」 を表記するのに
united states という小文字
を使います。
それは、これが合衆国の創立者がつくった
本来の憲法に書かれた 「合衆国」 の
表記法であるからです。

さて1871年の法律では、
それに基づいて corporation 
つくられました。
そしてこの会社には、なんと大文字で
「the UNITED STATES OF AMERIKA
アメリカ合衆国」という名前

つけられたのです。
この会社が我々の創立者がつくった実際の
united states of America アメリカ合衆国
とは
異なる法律上の
entity[実体]であることを
示すためにそうしたわけです。

1871年当時 アメリカ合衆国は内戦を終息させた ばかりでしたので、連邦政府はお金を 必要としていました。

そこで外国の銀行家と英国の王室は
アメリカ合衆国会社
the UNITED STATES OF AMERICA
corporation
 の大多数の株式を買い、
その株式と引き換えに財政危機に
あえいでいた連邦政府にお金が入りました。
そして残る少数の株式は、
J・Pモルガンとヴァンダービルトを含む
アメリカ人によって購入されました。
このような会社
もうひとつつくられました

(1913年に発足した私企業 「連邦準備制度理事会(FRB)」です)が、 合衆国の敵が政府に関係し、 つながっている会社を所有することによって 我々の国を「合法的」に支配することが できるようになったのは、この時からです。

こうして1872年には、
このオリジナルoriginal憲法を
保全する責務をもった
国務長官が憲法の偽造に許可を与え、
この時からふたつの重要な手口で

憲法上の表現を変えることによって 合衆国憲法は骨抜きにされました。

この偽造はオリジナルに
似せてそれをすりかえる方法で、
憲法上の言葉 united states 
United States に変えたり、
また、憲法のタイトルそのものを
変えてしまったのです。
今の「憲法」はもはや元の憲法と違って、
我々の主張と自由を守るものでは
なくなってしまったことは確かです。

ここには、我々の憲法の条文中の
タイトルが変わって、現実に、
法的に巨大な違いが生まれることに
なったひとつのTINY WORD
(小さい語)があります。
本来の憲法は The Constitution for
the united states of America
(アメリカ合衆国のための憲法)

称されました。
偽造されたものは
The Constitution of the
United States of America
(アメリカ合衆国の憲法)
という
名称を与えられました。

ここで for が of に変えられたことは、
我々の父祖たちがイギリスと戦って
勝ち取った本来の憲法に記されていた
我々の主権と神から与えられた
大きな力が我々のためのものではなくなり、
我々の国
the united states of America 
産み出したものが
イルミナティの支配する英国女王の
株式会社
the United States of America 
略奪されるようになったことを
意味しています。

一部の人々は、最初の憲法に
記されていた言葉が変わったのは
偽造によって取り替えられたというよりは
むしろ字体を小文字から大文字に変えた
alter だけであったと思っています。
しかし、アメリカ人に対して
犯されたこれらの詐欺についての
より多くの詳細を伝える論文があります。
これらの論文はいずれも
書き変えられた憲法の問題点を論じています。

いずれにせよ、

暗黒の陰謀に加担した一部の官僚たちが 我々の国を騙し、 外国の銀行家たちから詐欺の報酬を 受け取っていたというのは本当です。

私は、我々がこれについて
真実を与えられるだろうと
告白されました。
本来の憲法は今も失われることなく
無傷のまま存在しますが、
それはNESARAの発表がなされた後で
広く知られるようになるはずです。

さて、以上のように
私はアメリカ人を騙し続けてきた
このとんでもない詐欺について
説明してきましたが、
ここであなたに良い知らせを
お伝えします。
およそ10日前(※1)、
「アメリカ合衆国
the UNITED STATES OF AMERICA」
という名で知られている
法律会社が世界裁判所
[オランダのバーグにある国際司法裁判所] の
内部で違法活動をしていることが
証明され、ただちに解散するよう
命令されました。

なにしろ、「アメリカ合衆国」は これまで我々の政府を支配してきた イルミナティの世界支配の主たる 武器でしたから…今やこの巨大な 悪の巣窟に遂に解散命令が出されました。

(以下略)

まもなく地球は優良惑星になります
著者/by PICO 徳間書店

第5章 鳩レポートの衝撃
-「闇の世界権力者たち」の資産崩壊へより
抜粋して転載

(※1、初版は2008年8月31日です)

まもなく地球は優良惑星になります
―天使からの贈り物 (5次元文庫)
(2008/08/07)
PICO
<引用終り>_______________
上記はまもなく地球は優良惑星になります
著者の PICOさまのコメント引用でした。 ハイ!。
ということで、今から、
12年も前のメッセージです。
現在、それが、

本来の憲法の The Constitution for
the united states of America
(アメリカ合衆国のための憲法)の
エッセンスに
やっと、トランプさんで、生まれ変わっって

戻るんですよね。
例えば
The Constitution for
the American Republic
(アメリカ共和国のための憲法)
とかって云うふうに・・・

これで、やっと

悪魔支配から、アメリカが本来の

姿に戻れるということですね。

LISTEN: Lee Greenwood, US soldiers release new version of ‘God Bless the USA’

では、また。


スポンサーリンク

上記書籍の上位レビューより

~~~~~~~~~~~~~
「まもなく地球は優良惑星になります」
このメッセージだけで、
この本には価値があります。
今実際地球は超不良惑星です。
5次元文庫の他の作品
『金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った』
『闇の世界金融の超不都合な真実』
でもわかるとおり、
今の地球は志の良くない
金持ち一族たちに、
振り回されて、搾取されて、
誰も本当には参加したくない戦争に
巻き込まれて、ホント散々です。
PICOのメッセージやネサラという
地球新体制の法律は現実には
まだ全然機能しているとは思えません。
でも「もうすでにそうなりました。
ありがとうございます」という
アフォメーションや祈りの想念は、
そうした現実を引き寄せるという
効果が明らかになっているように思います。
わたしたちは、暗めの現実に
打ちのめされて、
あきらめきってはいないでしょうか?
わたしは、そうだったのです。
この本には、あきらめないで、
理想の現実はあなた方の想念が
つくるんだよ、
という強いメッセージを感じました。
こんなやり方があったんだ!
私は、この本に勇気を
いただいたのだと思います。
ありがとうPICO。
かならずこの星を優良惑星にします。
PICOの次回作にも期待しています。
星5つです!
~~~~~~~~~~~~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました