テキサス州司法長官のケン・パクストンは本日、不正選挙、違法投票、郵送による投票を不法に支援し、公式投票用紙を不法に所有したことでレイチェル・ロドリゲスを逮捕したと発表しました。各告訴は、テキサス州選挙法に基づく重罪を構成します。ロドリゲスは、2020年の選挙に向けて投票の収穫に携わっていた昨年の秋、プロジェクトベリタスのビデオで公開されました。司法長官事務所の不正選挙部門は、何十時間もの未編集の生の映像をレビューし、それがこの逮捕につながりました。特徴のない正直な瞬間に、ロドリゲスはビデオで彼女がしていることは違法であり、それのために刑務所に行くことができることを認めました。有罪判決を受けた場合、ロドリゲスは最大20年の懲役に直面する可能性があります。

「多くの人が、不正選挙のようなものはないと主張し続けています。そのような主張は虚偽で誤解を招くものであることを私たちは常に知っていましたが、今日、私たちは追加の確固たる証拠を持っています。これは選挙の完全性に対する勝利であり、テキサスの人々をだまそうとしたり、投票を奪ったり、選挙の完全性を損なうことを試みる者は誰でも裁判にかけられるという強い合図です」とパクストン司法長官は述べました。「プロジェクトベリタスによって文書化された衝撃的で露骨に違法な行動は、私のオフィスが継続的に調査し、起訴する不正選挙の一形態を示しています。私は、州全体で投票プロセスが安全かつ公正であることを保証することに熱心に取り組んでいます。私のオフィスは、テキサス州の郡がこの陰湿で非アメリカ的な形態の詐欺と戦うのを支援する準備ができています。」

この調査は進行中です。この組織化された投票収集スキームに関与している、またはその知識を持っている個人は、前に出て、司法長官事務所に協力することが奨励されます。