【共産邪霊】米国「文化大革命」が進行中 背後に共産主義の幽霊

香港大紀元新唐人共同ニュース

こんにちは、\イッカク です/

世界中に巻き散らかされた
悪質な思想は、
ディープステート達によって
行われてきたと思います。

巧妙に、悪質に、陰湿に
人間のマインドを
破壊し、ひと同志を
互いにいがみ合うように
設計された思想です。

様より、以下置きます。

■米国「文化大革命」が進行中 背後に共産主義の幽霊

■編集後記
ネバダ州ラスベガスの一人の高校生
ウィリアムクラークさんと
母親が地元のチャータースクールを訴えた件ですが
コチラの記事でも紹介されていました。
■ネバダ州で提起された批判的な人種理論の教化に対する初めての訴訟より
<引用開始>_______________
・・・このクラスでは、生徒は、
特定の特性を持っていると、
本質的に「特権」または「抑圧」のいずれか
として指定されると言われます。
クラスは、「特権」と「抑圧」を構成するものを
厳密に理解しています。
白人、男性、異性愛者、またはキリスト教徒として
特定する人々は、
本質的に特権的で抑圧的であり、
「悪意のあるまたは不当な」および
「間違った」
と定義されています。

人種、性別、セクシュアリティ、
または宗教的信念のために、
特権的または抑圧的であるという
特徴に異議を唱えることは不可能です。
学生は、これらの特徴の否定は
「否定として表現された」不当な特権に
相当することを指示されました。
クラスの資料はさらに、
色のある人が人種差別主義者になることは
不可能であることを学生に教えています。

学生は、固有の「特権」と「抑圧」の
根底にある前提を理解し、
受け入れることを公言すると、
家族の取り決め、宗教的信念と実践、
および人種的、性的、性同一性。
これらはすべて、
漏らして尋問を受ける必要があります。

ウィリアムはすぐに、
固有の特性に基づいて
人に道徳的属性を割り当てることが
間違っていることを理解しました。
彼はこれを知るための独特の視点を
持っていました。
クリスチャンとして、彼は
マーティンルーサーキング博士の処方箋に
従って育てられました。
人々は肌の色ではなく、
性格の内容によって判断されるべきである
ということです。
外見上、ウィリアムは白です。
彼は緑色の目と白い肌をしています。
しかし、ウィリアムの母親は黒人です。
彼の亡き父は白人でした。
ウィリアムはクラスで白人に見えた
唯一の生徒でした。

ウィリアムは、性別、セクシュアリティ、
人種、または宗教的信念に関する
情報を「公民」の教師に
漏らすことは、
すぐに特権的で抑圧的なものとして
特徴付けられることを
知っていたため、
まったく不快でした。
彼の黒人の母親は、
彼が受けていた指導、特にウィリアムが
息子に教え込んだユダヤ教と
キリスト教の原則について
「学びを解き」そして「反撃」
しなければならないという考えを知り、
激怒しました。
ウィリアムのお母さんは、
ある種の宿泊施設や代替案を求めて
学校の管理者に繰り返し
アプローチし、
別の高校やコミュニティカレッジで
別の市民クラスを受講するなどの
いくつかのオプションを提案しました。

宿泊施設は予定されていませんでした。
代替手段は受け入れられませんでした。
実際、学校はこのクラスへの参加は
必須であり、卒業には必須であると
宣言しました。
例外なし、期間。
ウィリアムが従わなかった場合、
彼は卒業せず、
彼の大学の夢は終わりました。
・・・
<引用終り>_______________
以上のことは、自由を奪い
とんでもない決めつけ

『白人、男性、異性愛者、
またはキリスト教徒として
特定する人々は、
本質的に特権的で抑圧的であり
「悪意のあるまたは不当な」および
「間違った」
と定義』

によって
最初から、
人権無視の「蹂躙」行為ですね。
「自由」を尊重する
アメリカでこのような教育の場に
土足で、共産邪霊が蔓延っていたとは、、、

これは、意外と、アメリカ全土、いや
世界的な教育の現場でも
大なり小なりで、顕現している
かもしれません。
日本に対する
中共や朝鮮半島での教育では
「反日」を刷り込んでいます。
これも、同根であると感じます。

だから、私たち日本人も
この刷り込みに「同調・同意」しては
ならないのです。
たとえ、血筋が朝鮮人や支那人でも
通名になった日本人ならば
こんな思想に同調・同意しないで
頂きたいのです。

なぜならば、共産邪霊思想であり
この思想によって
大量の虐殺を行わせた
根本思想なのですから。
非常に危険性に満ち溢れているのです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました