【中国共産党】中共御用学者「中共はハンター・バイデンが世界中にファンド会社を作るのを支援している」

こんにちは、\イッカク です/

バイデンの息子と中共が
「ビジネス」を介して
ズブズブの関係だったことを
暴露しました。

■中共御用学者「中共はハンターが世界中にファンド会社を作るのを支援している」【禁聞】

以下、動画内のコメントを置きます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
中共の専門家・翟東昇(てき・とうしょう)氏の
スピーチを撮影した動画がインターネットで
話題になっています。
彼はスピーチの中で、
中共が数十年にわたりウォールストリートを
利用して米国を打ち負かしてきたが、
2016年からはトランプを
「打ち負かすことができなくなった」
ことを、実例を挙げて説明しました。
翟東昇氏は中共とジョー・バイデンの息子の
ハンター・バイデンとの間に
「ビジネス」関係があることにも触れ、
バイデンに対し
「善意」を見せることも戦略的かつ
政治的価値があるのだと話しています。

11月28日、中国人民大学国際関係学院の
副院長で、中共対外戦略研究センター
副主任兼事務局長、
国際通貨研究所研究員の
翟東昇氏が上海の
「観視頻工作室(カン・ビデオ)」の
ライブ放送で講演を行いました。

中国人民大学国際関係学院副院長の翟東昇氏
「トランプ政権は我々と貿易戦争を
しているが、我々はなぜトランプを
打ち負かすことができないのか。
なぜ1992年から2016年の間には
中国と米国との間の各種問題を
すべて解決できたのだろうか。
(1993年にCIAが中東航海中の
中国の貨物船・銀河号に対し、
対イラン輸出用化学兵器の有無を
調べるために1か月以上徹底調査を行った)
1993年銀河号事件や
(1999年に在ユーゴスラビア中国大使館が
NATOから誤爆された)1999年大使館爆撃、
(2001年に南シナ海上空で米国と中国の
軍用機が衝突した)2001年飛行機の衝突と
いったすべての危機は、
『喧嘩をしても仲直りする夫婦のように』
2か月以内に収束した。
なぜだろうか。
ここで私は暴論かもしれないが
一つの可能性を挙げる。
それは、我々のトップにある人がいたからだ。
米国の権力の中枢に我々の古い友人がいたからだ」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■編集後記
これを眺めてると
鄧小平あたりから、平気で戦車で
人を轢いたりして
中共に楯突くものは
「公開処刑」を行っていました。
その状況は・・・https://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517524425/より
<引用開始>_______________
・・・なぜか。中国政府は当時、
発生から15日後の6月19日、
死者数は学生36人を含む民間人218人と
人民解放軍(PLA)の兵士10人、
武装警察官13人の計241人。
負傷者は7000人と発表していたのですが、
先ごろ英国で公開された外交機密文書によると、
実際は何と、
少なくとも1万人の一般市民が殺害されていた
ことが判明したのです。
政府の公式発表の約41・5倍ですね。
<引用終り>_______________
という、すっかり共産邪霊が
暴れて、ジェノサイとをやってたんですね。
さて、そのへんから中共の
指導者の顔ぶれが、江沢民に変わり
ネオコンとの関係が深まり

中共とウォールストリートを強く
結びつけていたのは、街江沢民氏が
中共の実権を
握っていたときでしょうか。
この時期に
中共と世界金融マフィアは
ズブズブ関係だったのですね。
それと、ちなみに、江沢民氏は
何回も死ぬのですかね・・


では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました