【中国共産党】中共は日本から中国に輸出できないように 様々な障壁を作り、半導体製造を中国内で製造していたが、、トランプ政権による輸入禁止によって、何が起きているか?・・・BMWに次いでVW製造にも

こんにちは、\イッカク です/

以下に妙佛 DEEP MAXさんの
動画を起きますが、、、

日本の産業界や政府が本当に
やるべきことは、、、
日本国内で生産して
日々プライドを持って
研鑽研究している
日本製の「優れた製品」が欲し
ければ日本から輸入しなさい!
よと、。。。
日本から中国に輸出できないように
様々な障壁をつくっている
それを止めさせるのが
日本の正しい貿易のスタンス
であった!
■12-09 ハイテク産業総崩れの実態

■編集後記
世界のスタンダードが通用しない
中国は、益々取り残されていく。

中共は、そのような国家になっている
という実態になってきたのですね。
「棚上げ」思想の中共は
自分たちの非は認めずに
他国を批難する。
こんな国家の下に暮らす
人たちは「負仕合せ」の
マイナス意識になって
「反日を唱えながら」
民度が益々下がっていくんですね。
トランプ政権が半導体関連製品の
中国への輸入を停止したことで
これが、ボディーブロー的な制裁
となって効いてきたということ。
そのことで、中共の様々な
ハイテク製品は停滞をし
ひいては、中国国内の企業が
次々と倒産してく。。。
<大紀元より引用>
<引用開始>_______________

独VW中国合弁会社、半導体不足で操業停止へ

ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン
(VW)の中国合弁会社2社は、
半導体の不足で、
操業停止または生産の一時中断に
追い込まれたことがわかった。

<引用終り>_______________
それは、中国国内の庶民にとって
苦しい面はあるけど
中共を終焉させて
産みの苦しみはあるけれど

■「新中国連邦国家」が
実現して行く流れのように
なると思われます。

以下、ユウスケ(@hsporz)さまのHPより
https://tanoc.net/column/neo-china-declaration/
<引用開始>____________
・・・
現在の中国は、中国共産党の一党独裁に
よる国家である中華人民共和国。

民主主義国家でないために、
政治の行く末を
人民が決めることはできません
(一応、名ばかり選挙はあります)。

そのため一昔前の
ソビエト連邦のような
末恐ろしさがあります。

新型コロナウイルスの対応や、
それで疲弊した国々への
高圧的な態度もあって、
各地で反中国の動きが
活発化しています。

そんな中、宣言されたのが
新中国連邦国家』。

新中国連邦国家宣言

天安門事件31周年を期として
中国を民主化しようという
宣言のようです。

詳しくは新中国連邦宣言の全文を読んでみてください。

立案実行したのは、
中国から亡命した実業家である
郭文貴氏と、
トランプ現大統領の
最高戦略責任者だったこともある
スティーブ・バノン氏ら。
・・・
<引用終り>____________
中共は
他国からの半導体を製造する
ための製造機械そのものの
メンテナンス対応や部品などが
トランプ政権に依って
停止を掛けられていることで
身動きが出来なくなって
きている状況となった。

■潮目は大きく変化しています。

今回の動画で、
「日本の産業はもうダメなんだ」
というのは、大きな
間違いであり、
日本には、国内の様々な
部品製造のノウハウを
育てている中小企業があり
「カネで解決するばかり」の
中国には、育たなかったという
日本の強みが、浮き出てきた
格好になってきました。
このポテンシャルに
まっとうな産業人や政府関係者は
気付いているのであろうが
なにせ、政財界を牛耳っている
のは
中共が裏で指揮する
悪意の在日であり
そのような日本のための
施策は、彼等に依って
もみ消されているのが
今までの実情であったと思います。。
和多志は、まず、この日本の
産業に暗い影を落とし、景気の
底冷えを起こさせている
悪意の在日をこの日本から
無くすことが、先決であろうと
思うのです。

トランプ政権は、当然に
この悪意の在日らを
掃討しつつあることは
間違いなく思われます。
というか、

■元締めが「共産邪霊」であり

「悪魔教キチガイ人間」=中共DS
どもが
中共の要人たちに取り付き
中共のあのような「無慈悲な行為」と
「狡猾な公然の非道」を
行っているということが分かります。
https://youtu.be/Za46OpwDT7M?t=2308
トランプに依って、つながってしまいました。
したがって、これからの
中国は、中国共産党(共産邪霊)が
解体の方向に行くわけですが、
習近平との戦いの様相を見せながら
実は裏で、中共DSの捕縛&軍事裁判
にかけるため、今後は

■中国国内や日本国内から
グアンタナモへの米軍航空機が

飛び交うことになると
和多志は思っています。


そして、最近、日本のマスメディアでは
報道されていませんが
トランプさんは日本に来た可能性があります。
何で来たか?・・・

「悪魔」による
政権乗っ取りは、断固「拒否」!

■We’re Not Gonna Take It

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました