【フェア党、大西代表】あの国家非常事態対策委員会に( 2018/10/25)出演していました。

おかねの発行の仕組み

こんにちは、\イッカク です/

以下の記事は2018年10月28日 にUPしたものです。
内容を更新して、UPします。
//////////////////////

和多志が、支持しているフェア党の代表である
大西つねき氏が

タイトルに書いたように、
とうとう、出ました。

より、世間の目に触れられるようにとの
事もあったのだと思います。

とりあえず、置いときます

■日本で唯一、政府紙幣の発行を考える「フェア党」

J.P.モルガン在職中にロックフェラーの
ご子息との接触【NET TV ニュース】
国家非常事態対策委員会 2018/10/25

■資本主義は幸せを生まない!

膨らまし続けなければ世界経済の破綻、
格差の拡大 これが資本主義の限界
フェア党の策略【NET TV ニュース】
国家非常事態対策委員会 2018/10/25
(現在、動画は見れません)
フェア党の根幹政策はコチラ
https://www.fair-to.jp/blog/land

■フェア党の代表 大西つねき氏のこと

マイケル・ジャクソンの歌詞の翻訳
「マイケルの残した言葉」を翻訳した
エピソード【NET TV ニュース】
マイケル・ジャクソン 2018/10/25
(現在、動画は見れません)

大西代表が掲げている政策は
フェア党のHPにもある通り、

世間では、陰謀論で云々、
通貨発行の権利で云々とか
されているが、

事実として、
「通貨発行のしくみ」が問題であって
それは、

借金で、「信用創造」というお金を発行し
預金口座を作っていく、しくみが、
そもそも問題な訳です。

なので、そもそも「お金」というものは
経済の血液であり、
公共のものであって
「だれの借金でも無い
お金を政府の責任で発行する」
というのが本来の通貨であった、
はずだった。

ちなみに、

■江戸時代は、 幕府が通貨発行権を持っていた。

<引用開始>_______________
http://ajer.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-7af5.htmlより

このグラフを見ると、米価は一石が約一両程度で長期的に安定していたことが分かるが、短期的な変動は常に見られる。当時の米作は冷害に弱かった。何度も飢饉に見舞われ、そのたびに大量の餓死者を出した。そのため、米価は不安定だった。通貨増発による値上がりであれば、上がったら下がらないが、飢饉による値上がりの場合は、豊作の年には下がっている。

1782年から1788年にかけて発生したのが天明の大飢饉である。悪天候や冷害で収穫が激減し、また1783年4月に岩木山、7月に浅間山が噴火し各地に火山灰をふらせ、それによる直接的な被害にとどまらず、日射量低下で冷害傾向をもたらし、農作物には壊滅的な被害が生じ、広前藩だけで十数万人の餓死者を出し、全国的には92万の人口減を招き、米価はこの期間値上がりした。

1833年から1839年にかけて天保の大飢饉が発生した。洪水と冷害による被害で、各地で多数の餓死者を出した。大阪では毎日150~200人を超える餓死者を出したという。米価は1836年に3.03両のピークを迎え、37年には2両、38年には2.03両、39年には1.2両というように下がっていく。この下がる途中で天保の改鋳は行われた。これにより有効需要を拡大させ、経済発展に刺激を与えたと言われている。
(新保博 『近世の物価と経済発展』、東洋経済新報社、1978年 を参照)
<引用終り>_______________
という、
当然、政策主張は、国家経営を
考える、上で、重要な観点であり、
世界広しと云えども
「フェア党」だけしか、
掲げておりません!
http://www.fair-to.jp/

その点を、多くの国民の皆さんに
理解してほしいと
私も思っています。。。

そして、

■現在の「政治屋」どもは、

立候補するときに
同じようにホザイています。。。
「私を当選させてください!」
「私を政治家にしてください!」

これを同じ様な言葉を五万と
吐いてます!!!!!!

民衆は、辟易しています。
もう、あんたたちの「儲け」に加担は
したくないんだよ!
騙しに、乗せられないよ!

と・・・

今の所、

■フェア党の「まともな理念」で

国家のため国民のために
立ち上がるのは
庶民が昔から望んでいた、
ものだったんだと。

多くの国民が、
特に戦後約70年を経た現在、
政治が何を国民のために
やってくれたか?

たった二人のひとが、
政治家らしい政治家だった。

しかし、多くの政治家が
もたらした、現在の姿を
御覧ください!

未来のこどもたちに、立派に残せる
「価値」がどこにありますか?

まったく、ありませんよね。
意外と、根幹は
「現在のマネー」の仕組みで、、
おかしくなってしまったのでは
ありませんか?

これは、
拝金主義、マネー至上主義で
人間は、もはや消え失せてしまいました。
残っているのは

食って、寝て、生殖活動して、排泄して
会社へ行って、仕事して、
たまにレジャーに出かけたり、
酒のんだり、
消費活動して、
一生をロボットのように生きる
バイオ人間の社畜族とか、、、

汚染物質を摂取しすぎて、体中
プラスティック人体に成り果てた
ゾンビ生体とか、、、

いずれにしても、従来の人間の数は
少なくなりつつあると思います。

それらの元凶はすべて、

■世界金融Mafiaが仕掛けた 彼らの悪魔的なマネーによる支配力

金本位制の停止とか、
グラス・スティーガル法の掟破りとか、
徐々にが増して、、、

「通貨発行のしくみ」と
「通貨の使われ方」が

人間を無視したものになっている
ということでしょう。。。

過去に貨幣のしくみを変えようとして
ドル札を政府発行に切り替えようと、

・リンカーン(3ドル紙幣)
・ケネディ(5ドル紙幣)
・カダフィ大佐(アフリカ一帯で通じる通貨)
で、なんとか、戻そうとしてましたが
世界金融Mafiaの凶弾に
やられてしまいました。

しかし、現在は、時空も変わり、

今度は、大西代表という、
人が現れたことで
日本発信で、その根幹が、
リセットされようとしています。

この発信は
世界的に大きな衝撃へと
伝搬して行くことでしょう。

ところで、、
「貨幣」と「お金」は、そもそも
違っていたんですよね。
貨幣について、基礎から学べます。
↓↓↓

■お金が変われば世界が変わる!

公共貨幣で新国生みトークンを創ろう
山口薫さん 2017年より

■編集後記
世直しのためにフェア党は、
約、1億円の政治活動費用が
掛かるとのことです。
動画でも、目配せがあったようですので
ぜひ、お金持ちの「朝堂院大覚」先生へ
お願いしたいものです。

では、また。


■スポンサーリンク

↓(下記の画像をクリック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました