『マスターベーションという言葉ひとつにこだわるよりは、曲そのものが世に出ることの方が大事なんだ。』by ジョン・レノン

こんにちは、\イッカク です//

 

とりあえず、
物理三次元の人間は、肉を生きていく上で、

仕事=稼ぎ、がなければ、
食材やその他の必要なものは・・・
つまり、

衣食住は、手に入らないです。

これが、残念なことに、
このマネーシステムに支配された
地球文明の「今」です。

この辛さをわかっていたのは、
あの
ジョン・レノンであったようです。

かれは、どのように
生計を成り立たせていたのでしょうか?

 

では、今から述べる

ちょっと、「稼ぐ」という意味について
考察してみましょう。

では、、、


ジョン・レノンコントロール
という言葉があるそうです。

「僕はイスに座って歌を書く。
それでプールを作るお金を稼ぐ」

この言葉、、ビートルズの
ジョン・レノンが言いました。

云うなれば、
彼は欲しいものがあると
曲を作って、
そこから入ってくる収入で
プールや高級車や家など

好きなものを買っていたという・・・

まるで
空気からお金を生み出すように。

もちろん、
ジョン・レノンほどの歌の才能や、

ジョン・レノンほどの熱狂的な
ファンがいる人は
ほとんどいないでしょう。

しかし、
同じように、
今回、お伝えする

「セールスライティングのスキル」を
身につければ、

自分の書いた文章によって、

お金を稼ぐことが
できるようになる人も
いるという事実です。

 

セールスライターという職業は、

何もない状態から紙とペン
(今は、
パソコンですかね!)を使って、

好きな時に
好きな場所で
働くことができ、
自分の実力次第では
サラリーマン時代の
10倍以上の収入を稼ぐことも
できるようになる仕事です。

「売れるコピーを書く」という

たった1つのスキルを
マスターすれば、

あなたも

「イスに座って
コピーを書き、
それで家や車を手に入れる」

ということが
本当に可能になると
いうことです。

そう、
ジョン・レノンのように、、、

セールスライティングの力で、

10年間で
200億円以上稼ぎ出した
ダイレクト出版の
コピーライターが

最初に読む本がこれです。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY/

繰り返しますが、
ジョン・レノンは言いました。

プールや高級車や家など
好きなものを買っていたのです。

「空気からお金を生み出す」
ように。

もちろん、
あなたは
ジョン・レノンほどの歌の
才能はないでしょう。
ジョン・レノンほどの
ファンがいるわけでは
ないでしょう。

でも、しかし、
もしあなたが、曲ではなく
”売れる文章”を書くことで、
自分の好きなモノを
買うことが可能になるのです。

ただし、もちろん
成果には個人差があります。

「売れる文章を書く」という
たった1つのスキルを
マスターすれば、

「イスに座って
文章を書き、
それで家や車を手に入れる」
という夢を
現実にできる可能性は
大いにあるのです。

注意してほしいのは、
「セールスライティングスキル」
は、生まれつきの
才能などでは、はありません。

かと云って、
ハリーポッターの作者とか
村上春樹さんのような
小説を書くための
才能やスキルは、「全く」
必要は、ないのです。

じゃあ、創造性、いわゆる
クリエイティブな発想で
文章を書く必要があるのか?

それも、必要すらありません!

むしろ、
クリエイティブであることが
成功の邪魔を
してしまうくらいなのです。

なぜなら、
セールスライティング
というものは、
既に113年の歴史があり、
何を学び、
どんなトレーニングをすれば
稼げるライターになれるか?
ということが
体系化されているからです。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY/
誤解のないように
もう一度言いますが、
これは楽して儲かる、という
話ではありません。

むしろ、学んで
身につけていただきます。

新しいキャリアの提案なのです。

医者が医療についての知識を
学び研修を繰り返すことによって
成長するように、

セールスライティングも
当然です。

学ぶこと、
練習すること、
実践することが不可欠です。

しかし、、
セールスライターは
難しい大学受験に合格する
必要もなければ、
何年間も長い時間を書けたり、
高い学費を払い続ける
必要もありません。

それどころか
才能すら必要ありません。

ただ、あなたの
やる気と
セールスライターとして
活躍して
自分の人生を
コントロールしたい!
という願望があればOKなのです。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY/

ところで、
セールスライティングは、
文字通り
「言葉でモノを売る」
スキルなわけです。

どんなビジネスでも
新規顧客の獲得、
新規の売上をもとめています。

それは、

簡単に云えば、
目指す市場の中での
マーケットシェア
市場における、つまり
顧客の支持率が大事です。

つまり、多くのお客さんの
支持が有ってこそのビジネスです。

そして、お客さんの数が
流動的に増えていく層は、

もちろん、新規顧客です。
そこに着眼スべきなのです。

そして、新規顧客がリピータに
なって、不動の層になって
商品を定期的、あるいは
必要の都度にご購入していただける
ガチ、ファンになる訳です。

という、メチャ堅いお得意様として
企業にとっては無くてはならない
必須の客層に育っていただく
それは、「底辺を拡大する」こと

であり、その要素が新規顧客ななわけです。

話は、戻りますが

実は、その新規顧客を生み出す

「セールスライティング」

のスキルを
磨く人は少ないのです。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY/
そもそも、
セールスライティングという
言葉すら
あまり知られていません。

つまり、
読者のあなたが
「セールスライター」
という一つの

「淡々とスキルを身につける」
ことができれば、
ホンモノの
職人と同じ境地になれるのです。

ホンモノの
職人と同じ境地になれる。

 

ジョン・レノンには
なれないかも知れないけど、
”売れる文章”を書くことで、
自分の好きなモノを
買うことが可能になるのです。

 

ところで、

”売れる文章”と
簡単に云いましたけど、

もしかして、簡単に手に入る
イコール、ちょっとした
誰かのホームページで多くの
PV(ページビュー)があった
要素を真似するような
儲けのためだけに
記事を書いているならば

まず、
■長時間やってて、疲れてきます。
■文章はそれなりに長いですが
売りたいばかりで、読者の
想定が曖昧で、申し訳ないくらい
記事に相対する読者層を
無視したことにもなり
無礼だったことです。(反省)
■コピー文章をそのまま掲載して
私の気持ちが入ってない。
という自覚を覚えてしまいます。

であれば。
自分のオリジナ文章で
何かにつけて
「セールスライティング」スキルで

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY
「セールスライティング」は
1904年から続く
不変的な”技術”であり
“キャリア”というステータスです。
学校の成績が悪くても、
特別な才能がなくても、
もう若くない年齢になって
いたとしても
・・・・・
何も問題は無い
ということです。

50代でも
60過ぎても、
一から身につけることが
可能であると思います。

 

だから、、
「自立した人生」
を送りたい!

「自分のホンネで
スキル、能力」
を身につけたい!

と考えている人は、
是非この入門書を
読みはじめて下さい。。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY
いまの日本で、
まどろっこしい、知識
本筋をワザと迂回したり
儲けのために、小細工の
羅列で、一儲けしたい輩
がいるのは事実です。

 

でも、今回の
勧めするのは
職人気質が好きならば
絶対
あなたに、本気度が違う
書籍をオススメいたします。。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY

 

また、純真な「願望」は、

継続的な
トライ&エラーを繰り返すことで
赤字企業は、黒字化へ

成績不振な学生は
優秀な生徒へ

変化していきます。

今回、ただ単に、この入門書を
進めている訳ではありません。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY

だから、あなたが、この

書籍を手にとって、

実際に見ていただくことで、
本当の修練と学びの本質が

分かっていただけると思います。

詳しくはこちら
http://directlink.jp/tracking/af/1364840/Wdf0jLWY

ジョン・レノンくらい
ビートルズで、、、
「職人気質」を保ってた男は
いなかったと、思います。。。。

ジョン・レノン曰く、

『はじめに作った歌詞カードには
「マスターベーション」て言葉があった。
だけど僕の曲はあっちこっちで
もう何度も禁止されて
……出すレコードはみんな何かの理由で
禁止なんだ。
なにしろ「アイム・ザ・ウォルラス」だって、
中にズロースという言葉が出てくるんで
一時BBCは禁止していたんだからね。
つまり、あんまり何度も
禁止ばかりくらっていたから、
その時はちょっと
ひよってマスターベーションを
マスティケーション(咀嚼)に
変えたのさ。
マスターベーションという言葉
ひとつにこだわるよりは、
曲そのものが世に出ることの方が
大事なんだ。』
という、大衆から承認を得ることの
職人気質が、ジョンレノンらしいです。

ここで、究極の「芸術」を
憚りながら、述べさせていただきます。
それは、地球呪力場で

発展性の無い、
亜空間知能の形成フィールドで、
落ちるしか無い
「自分褒め」、あるいは「種族褒め」
だけの独壇場の芸術です。

なぜ、このように分かったかと云うと
「作品を観て」
そのような、毒された
芸術家は
人間の「温もりが、まったくないのに
びっくりしてしまいました。
簡単に云えば

「左巻き」の作品で
暗く、重く、人間性を全く感じないものです。

だから、敢えて云うならば
「前衛的な」もので、あれば、有るほど
注意が必要と云うことです。

では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました