■生活習慣病の予防対策として

生活習慣病には、
高血圧、
脂質異常症、
糖尿病などがあります。

これらは自覚症状がほとんどないため、
気づかないうちに進行し、
脳や心臓、
血管などにダメージを与えていきます。

その結果、
ある日突然、
狭心症や心筋梗塞、
脳卒中など、
命に関わる恐ろしい疾患を引き起こすことがあります。

そのため、生活習慣病は
“サイレントキラー”と呼ばれています。

いうまでもなく、
心筋梗塞などが起こってからでは手遅れです。
高血圧、
脂質異常症などと診断されたら、
たとえ症状がなくても、

食事や運動など生活習慣を見直し

治療に前向きに取り組むことで、

これらの恐ろしい疾患の予防に努めることが重要です。

ところで、生活習慣病の予防対策としての摂取は
植物繊維とか、カルシウムなど
栄養バランスに優れている必要があります。、
食物繊維は、
あなたの腸内環境を整えてくれますし、
悪玉菌や腐敗が進んだ有害物質だらけの
老廃物を排出してくれます。

そのような意味で、以下をおすすめしています。