■大西つねき氏の週刊動画コラム

週間動画コラム


■2018.9.24「大西つねきの政治の原点(1)金融編」大西つねきの週刊動画コラムvol.45

CDO=>ひどいことやっている!

証券と銀行の取引は、
銀行が誰かに貸すという
リスクが明確だったものが、

銀行から見た債権を
証券市場で売っぱらうことが
可能になった。

この時点で、胡散臭くなったのです。

買う側にとっては、
潜在的に見えないリスク(不良債権)
も含んだ、ものを
わかっていて、購入していたのか?

わかっていれば、
リーマンショックは
起きてませんですよね。

というより、
そのようなものも
含めて、まぶして、金融商品にして

騙して、売っていた
のですよね。

騙しの看板は、あの
「格付会社」だったんでしょ!

自由貿易で批准すれば
大きく市場が
活性化するという売り込み看板
TPPと同じ、

実は、
「奪取ツール」だったんですよね。

TPPはしかも
狡猾度がUPされている。

そして、
富を奪取される側、、、
といえば、

リーマンショックでは
金融機関を最後に国家が支えた

=わたしたちの税金が

使われているんですよね。

ほんと、現状は
悪魔教で染まった

戦争経済

・・・冷たく、庶民から、マネーを
奪取しまくっていた。。。

そうそして、我々のお金は
二大権益コンテンツ
■軍事戦争
■金融戦争
に使われていくんです。。。

では、また。

<スポンサーリンク>