【人身売買】日本の歴史上、知られざる事実・・・トランプが掃討していた人身売買・悪魔狂の存在たち

こんにちは、\イッカク です/

昔から、日本を除く、欧米では
ほとんど、人身売買は日常の
取引であったようです。

ところが、
豊臣秀吉の時代に
日本人女性や子どもたちが
その被害に遭っていたことは
「教科書」に載っていないのです!

多くの方が知らないのでは
ないでしょうか!?

るいネットで、
それを確認しました。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=352350&g=132107

■編集後記
人身売買(人身取引)は、意外と
今でも、世界のどこかで
行われています。

特に「世界じゅうの
貧困層のこどもたち」が
人身売買の危機に晒されています。

人身売買が行われる土壌では、
「弱い立場にある人を搾取する」
ということが根底にあります。

「弱い立場にある人」とは
主に子どもたちや
女性が対象とされる場合が
多いのです。

その弱さに付け込んで
騙すことで、次に
暴力・脅迫・誘拐・詐欺・拉致など
強制的な手段で人を獲得し、
その後、
労働を強いたり、
奴隷化したりしています。
具遺体的な目的は

何でしょう?

そう、、強制労働や性的搾取
に利用される場合が圧倒的に
多いとされています。

他に、偽装結婚や強制結婚とか
ポルノ制作とか
中には、ひどいことに
中共が得意な「臓器売買」なども
有るといいます。
あるいは、
性的搾取の延長上に「悪魔儀式」で
生贄となる子どもたちの
数も多いと訊きます。

このような、悪魔世界から
我々は、脱皮しなければ
いつまで経っても
「弱い立場にある人間が
搾取され続ける」のです。

早く、覚醒して、

「騙されないように
ちゃんと自分の頭で考えて」から
モノゴトを選択しないと
視えない武器に
殺られてしまう時代に
なってしまいました。

なので、情報は鵜呑みにせず、
まずは、何でも疑って考える
ように用心深く生活する
必要が出てきています。

では、また。


スポンサーリンク

■世界の子供への募金活動!
ユニセフ親善大使をされている
黒柳徹子さんは、
募金の100%をユニセフ本部に
送っているそうです。

http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html
世界の子供へ、募金をお願いします。
毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、
その時に一番必要なものを届けます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。