【トランプとジョージ・アダムスキー】目覚めましょう!・・・日本人、地球人!

こんにちは、\イッカク です/

ジョージ・アダムスキーという人を
知ってますか?
彼は、「アダムスキー型円盤」という
くらい、有名で
世間では
大のペテン師の烙印が
押されているようです。

さて、なぜこのように
突然、アダムスキーについて
話すのか?

理由:
1.実は私が1975年頃に一冊の本を
手にした。そのタイトルが
「アダムスキーの宇宙哲学」
(久保田八郎訳)
というもので、この本の出会いが
我が青春での思いがけない
心の変化を生じさせた。

2.現在まで、この地球上を支配してきた
王家王族とカルト集団が
カバルであり
イルミナティであり、
カトリックに於いてはイエズス会であり、
組織に入ってこっそりと
工作をするディープステートであり、
悪行の限りを尽くして
様々なものを破壊し
人間の心までも蝕んで来ている・・・
我が日本国に於いても明治維新から
メーソン・イルミナティによって
破壊されてきた。
今もその残滓がしつこくはびこっている。

3.上記の2に対して
トランプ大統領やQアノンと
ホワイトハットと呼ばれる
「正義」を貫こうとする勢力が
目立ってきた。

4.上記3での「カギ」は
ジョン・F・ケネディの
暗殺に絡み
ケネディの望みは、何で、何を目ざしていたのか?

【ジョンF.ケネディ!】
彼は、何を目ざしていたのか?

⇒宇宙開発へ向かおうとしていた。

5.ジョージ・アダムスキーが
著した「生命の科学」について・・・
https://youtu.be/qPth4dKN5oY?list=PLToaxf9Ue-sQgtm8BoWXv1ZYx1jrx_Gla&t=1000
⇒アダムスキー反論者は、
根本的な哲学的観点で、「質問」できてない!
「反論できていない」
ことが判った!

7.他にも、アダムスキーについて
語っているひとがいる。
アダムスキーと原子力の関係【秋山眞人】

⇒多元的宇宙論がアダムスキーの体験を
使って、証明しているかのようでもあった。。。
ついでに
「ニコラ・テスラ」のことについても
触れていましたね。

8.2039年になる前にケネディ暗殺事件の真相を公表する
トランプとジョン・F・ケネディ・Jとの関係が
分かった。
また、ニコラ・テスラとトランプの叔父が何の因果か
1943年、テスラが死んだ1月13日直後に
FBI のオフィスエイリアンプロパティの
管理人によって買収された
Nikola Teslaの個人的な論文の検査において
重要な役割を果たしたという。。。

9.ジョージ・アダムスキーがケネディに
与えた影響と二人の関係
コレについては、以下の証言をご覧頂きたい
ウィリアム・シャーウッド氏(写真右側)

アダムスキーがバチカンの教皇や
オランダのユリアナ女王に謁見できたことは
当然、国連でも認められ、ケネディ大統領によって、
政府のどの部門でも「条例パス」をもらって
入室許可が下りていた事を証言してます。

そして、以下の重大事項を
ケネディに打ち明けていたに、違いありません。

石油系エネルギー時代は、支配システムであり
この時代からすでに
終わりを予告され、フリーエネルギー時代に
切り替えることを
提唱していたと思われます。

カバールは、ケネディを殺害し、
それを聞かなかったことにして、
これまで、
約60年も「地球を汚し、悪行を
繰り返してきています」

ちなみに下記の「J-anon’s blog
衰退する日本と世界の闇を考察します」さんの
ブログ記事をどうぞ!

2039年になる前にケネディ暗殺事件の
真相を公表する①

2039年になる前にケネディ暗殺事件の
真相を公表する②

2039年になる前にケネディ暗殺の
真相を公表する(完全版)

ケネディ暗殺と世界を支配する
ユダヤロビー・フリーメーソンの
関係を完全公開する

■結論
以上の情報のつながりから
これまでのカバールの
悪政によって
地上を石油と紙くず・マネーで
幻想のイリュージョン魔法で
世界の人々を騙し、環境を汚し、
罪のない子どもたちの血肉を喰らい、
悪行の三昧を繰り返してきました。

もう、地球人として
彼等を許す訳には行きません!
満を持して、現れたのが
トランプであり
トランプは、ジョン・F・ケネディと
つながっており、
ケネディは、ジョージ・アダムスキーとも
つながっているのでした。
これからの世界は
「エゴ」を満足する人間の世界ではなく
宇宙の意識を意識する
地球世界として、
太陽系の仲間入りするべく
再教育の時代に入っていく時期と
なっているのでは、ないでしょうか?
地球人がその方向に望めば
太陽系の友人たちも
手を差し伸べてくれると
思うのです。

http://www.gasite.org/index.html

では、また。


スポンサーリンク
↓(クリック)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。