カラダの自然体を呼び覚ます・・・站椿功(たんとうこう)

こんにちは、\イッカク です。/、

今回は「站椿功(たんとうこう)」について
探ります。

人間のカラダは、物理的な捉え方ですと
その部位が視える
そして、触ると形があって
それなりの柔らかさ硬さで
できている。

当たり前しすぎて、何を
云いたいのかと訝しげに
思ってしまいます。

何を云いたいか?

「人はエネルギーの発生器」である
ということを云いたいのです。

カラダの構成を考えますと
皮膚、筋肉、骨、内蔵などと
分かれていますが、
すべて、分子構造・原子構造が
根底にあるという認識は
現代人なら分かっているはずです。

なので、結局
カラダとは、分子や原子の
関係性からくる営みであった
とも言えます。

つまり、生命活動を起こさせている
何者かは
すべて、原子や分子の活動が
司っていた!
ということです。

では、その源は何か?

エネルギー
としか言いようがありません。

仮定して、そのエネルギーが
すべてのもの(原子)を通して
流れているとすれば
いわゆる
活かすエネルギーと
ころすエネルギーが
あって、生きて活動するには
活かすエネルギーを
流しやすくする必要があります。

それが、站椿功(たんとうこう)
ということにつながります。。

では、站椿功(たんとうこう)とは何か
コチラのリンクをどうぞ
⇒站椿功は自然体を呼び覚ますためのカギとなる!?

数々の動画での説明はコチラでどうぞ
https://www.youtube.com/results?search_query=%E7%AB%99%E6%A4%BF%E5%8A%9F

立禅とも云われるくらい
座禅と同じ効果があますが
単なる座っての瞑想よりも
コチラのほうが
私は、健康にも良いのではないかと
思っています。

さっそく今日から、30分間
やってみたいと思います。

では、また。


スポンサーリンク
武の達人革命~特別通信講座~
↑↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。