【OWS TV】バック・トゥ・ザ・ネイチャー・・・微生物ちゃんを活性化させると あらゆる問題が解決される。

こんにちは、\イッカク です。/、

今回は、人間という肉体の中や外で
活躍しているものたちの話です。

まず、人間の中には、様々な臓器や構造が
存在しますが、
どれもコレも、細胞で成り立っています
高校生での「生物」のおさらいを
する気は無いので、
これは、詳しくは書きませんが、
結局、様々な細胞が、
細胞外小胞という小包みたいにして
様々な細胞間でのコミュニケーションに
とって重要な機能を
果たしている。
では、人体の外部、つまり皮膚から
外部の世界は、どうでしょうか?
つまり、その領域は
主に空気と水分がほとんどですが
無機質な環境を
私達は、無視しており
たまに、無視できない虫は
意識して、殺虫剤を使って
平気で殺生します。
私達は、そのような意識概念で、目に見えない
細菌や微生物をせっせと毎日
石油系化学製品で洗い流して殺しています。
異常とも言える、除菌・消毒を
行っていませんか?
(それを頻繁に行うことは
除菌・殺虫・消毒のための薬剤を
せっせと買わされている
ということに
気付いてませんか?
特に今の時期に消毒系商品は
売れて売れて、伸び率が
上がってるのではないでしょうか)
【大橋眞先生:学びラウンジ】での
大橋先生が話された内容では
「細菌や真菌などの微生物も私たちの
体にはたくさん存在しています。
このような身の回りの微生物は、
特に恐れる必要はありません。
ウイルスも同様です。
問題となるのは、ウイルスや微生物が
急速に増殖して、
私たちの健康に問題を及ぼす時です。
このような現象は、
必ずウイルスや微生物の急速な増殖があります。
しかし免疫機構の働きにより、
増殖したウイルスや微生物は排除され、
元の状態に戻ります。
これに伴って、症状もなくなり、
健康な体を取り戻します。
通常の健康体であれば、
病原体ウイルスのように
何億という数に増えたウイルスを
排除する免疫力を持っています。
免疫力を低下させないことが
何よりも重要です。」
つまり、
私の解釈としては、
簡単に言えば、カラダにとって良くない
増殖するウィルスや微生物は
免役システムによって排除される以外は
カラダに無害、あるいは
カラダにとって必要なウィルスや微生物
かもしれない

と思うのです。
この前提で、コチラの動画を御覧ください。
OWS TVより
■【奇跡】微生物が地球環境を本来の姿へ還す!
神からのギフト「バクチャー」の全貌!
パート①

コチラの動画内コメントを置きます。
<引用開始>_______________
地球環境を本気で考える人は
絶対に見て欲しい!!!
人間の手により汚染された環境を
元に戻す驚異のバクチャー。
環境を綺麗にするのは
「微生物」ちゃん達のお仕事。
その微生物を農薬や化学肥料を使い
どんどん死滅させてる。
それらを活性化させる起爆剤が
「バクチャー」
バクチャーとは
バック・トゥ・ザ・ネイチャーの略。
微生物ちゃんを活性化させると
あらゆる問題が解決される。
お水を土壌を元の元気な姿に戻すことは
我々人類の責務です。
それらを可能にするのがバクチャーです。
テレビ東京
「ガイアの夜明け」にも取り上げられました。
これからの生き方の参考になれば幸いです😁
<引用終り>_______________
続いて
■【驚愕】農業の常識が覆る!F1種も変える
バクチャーの力!
増殖した微生物が地球を本来の美しい姿へ還す!
パート②

コチラの動画内コメントを置きます。
<引用開始>_______________
農業に革命が起きる!
バクチャーで自然の浄化サイクルの起点となる
微生物の働きが活性化!
川も海も山も土も地球の全ての自然を
元に美しき姿へ戻していく。
これは奇跡や実験ではなく【事実】です。
地球を愛する皆さんへ届くとこを祈ります。
前回の動画▷Part1 【奇跡】微生物が
地球環境を本来の姿へ還す!
〜神からのギフト「バクチャー」の全貌!〜
https://youtu.be/DiPL5jPjGo8
<引用終り>_______________
また、続きます。
■【神様が人類へ届けたギフト】水が!
不毛の地が蘇る!
ど素人を農作物コンテストで優勝させる
バクチャーの奇跡!
パート③

コチラの動画内コメントを置きます。
<引用開始>_______________
バクチャーで食べ物がお薬になる⁈
バクチャーで自然の浄化サイクルの起点となる
微生物の働きが活性化!
川も海も山も土も地球の全ての自然を元に
美しき姿へ戻していく。
これは奇跡や実験ではなく【事実】です。
地球を愛する皆さんへ届くとこを祈ります。
前回の動画
▷Part1 【奇跡】微生物が地球環境を
本来の姿へ還す! 〜神からのギフト
「バクチャー」の全貌!〜
https://youtu.be/DiPL5jPjGo8

▷Part2 【驚愕】農業の常識が覆る!F1種も変える
バクチャーの力! 増殖した微生物が
地球を本来の美しい姿へ還す!
https://youtu.be/nxCSh7pj7FQ
<引用終り>_______________
■編集後記
以前の大橋眞先生のお話の中で
ウィルスと微生物について
このようなことを話されていました。
「地球の生命進化の歴史という
観点から考えると、
いまの私たちが居ることが、
ウイルスとは共存関係が出来ている
ことの証です。ウイルスだけでなく、
体内外の微生物や、
多種多様な生物とは
共存関係にあるからこそ、
私たちが生きていられるわけです。
病原体としての
ウイルスの方が稀なのです。」
微生物やウィルスと人間は
「共存関係」であるということを
忘れさせることは
「微生物やウィルス」を敵視して
やっつけるコトだったと理解できます。
つまり、
・殺虫剤、除草剤、化学肥料・・・
これらが、「共存関係」から
引き離させる、冷たい科学だった
ということです。
それをやらせているのは「悪魔教」です。
ディープステートです。
支配者層です。
そしてこの支配システムからの
脱皮(エクソダス)ができる思考を
考えさせないようにしているのも
支配者層です。
とにかく、微生物くんたちは人間の
お友達ですから、忘れないように!

■福岡正信 2006 自然農法60年の歩み
「粘土団子世界の旅」

福岡氏は、文明が人間を滅ぼしている
ほんとうのカラダで喜ぶしあわせは
無くなっている。
と貴重な発言をなさっていました。
実は「粘土団子」の中に入ってる
種は、非常に賢い
ことが、わかります。
人間の余計な考え(想念)が種に
影響を与えることで
成長に影響が出るというのも
面白いですね。
ところで、福岡氏は「粘土」と
仰っていましたが、コレ
実は、バクチャーと同じ働きで
撒かれた土地の微生物くんたちを
大きく繁殖させる働きが
有ったのかもしれません。
60年近く自然農法をやって
たどり着いた「緑の粘土団子」
は、知恵の総決算でした。

アナタも「緑の粘土団子」
地球に撒きませんか。

やはり、この根本原理は
故飯島先生の理論
的を得ているように思います。

今回紹介の「バクチャー」ですが
これは、飯島先生の理論での
土壌菌は微生物
微生物は波動
そして、微生物によって
促進がかかると
活性化してくる。。。
大事なところだけを抜き出せば
~~~~~~~~~~~~~~
■食べ物には、それぞれに
波動を持っている。
波動とは微生物のことである。
微生物が動いて行く世界を
波動といっている。

■波動と微生物は同じ。
しかし、今の学問は、
波動の世界は波動の学問、
微生物は微生物の学問と
全部「分離科学」として
扱っており、これらを
一体のものとして説明している
人はいない。

■微生物が多くの波動であれば、
人間も多くの波動である。
人間とて地球の細胞である。
宇宙から見れば人間も微生物。
全ては微生物で構成されている。
そして、その微生物は波動。

■生命と波動は同じものである。
「生命」と「命」に違いが無い
ようなことと同じこと。
言い方は違うが、同じことを
意味している。
~~~~~~~~~~~~~~

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。