【中国共産党】楽山大仏の顔も三度までか?・・・中共の悪行も終焉近し

こんにちは、\イッカク です。/

仏の顔も三度までというのがあります。
一般的に
三度目は、許されない。
とされているようですが
四度目は、遺憾!
という三度まで容認の意味も
ありそうです。

そんな例が、現在の中国。
以下の動画をどうぞ!

■洪水が楽山大仏の脚に達する 大仏が数回涙を流された
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
世界遺産の楽山大仏は四川省の岷江などの
3つの川が合流する地点に位置し、
弥勒菩薩をかたどって彫られた
世界最大の磨崖仏である。
最近の連日の豪雨により、川が大幅に増水し、
水が大仏の脚に達し、大仏前の展望台も水没した。

■編集後記
仏の顔も三度まで、コチラの
四川省の岷江の磨崖仏(まがいぶつ)である
楽山大仏は、涙を流して
哀れんできたというより
「中国共産党」によって、中国全土が
人も自然も破壊しつくされている
ことに「憂い」を感じての
涙だったのかもしれない。
このそそり立つ岩壁の内側に刻まれた
大仏様は、さぞ、
嘆き、憂いたであろう。
悪の根源である「中国共産党」が
未だに、無くならないことに
天も仏も
「堪忍袋の緒が切れた」のであろう
今回、中国を襲っている大雨や雷雨は
異常気象という形となって
顕れてきている。
そうだとすれば、この先、どうなるのか?
三峡ダムが決壊決壊するか
中共が崩壊するか
どちらが先かということで、
結局、中共は崩壊する方向です。
ただし、日本にとって油断は禁物!
唯一、日本は
中共にとっての最後の頼みの綱なのです。
一気に、中国共産党幹部関係者、
人民解放軍、朝鮮半島反日関係者
などの中共グループが日本に
「特段の事情」のようにして
九州・中国・四国・近畿地方へ
移民と称して、バンバン秘密裏に
入国される可能性があるのです。
つまり、世界的警察から包囲された
中共革命組織が日本人を人質に
日本というアジトに立てこもって
最後の闘いを行う。
という図式です。
コレ
昔の赤軍派の浅間山荘に
立てこもった連中を思い出します。

■小学生でもわかる共産主義

いまだから言うけど、
現在、70歳代で、学生時分は
「学生運動」に明け暮れていた輩が
多くいると思う。
若かりし頃の
熱にうなされた暴力が思い出だと思って
やり過ごしていないか?


要領よく身を引いて、真面目に
会社員になって、中には
会社役員やオーナーもいて
無事、定年まで過ごせた。
今は悠々自適な生活を送ってる輩。
あんたらの
中途半端な火遊びで、どれだけ
日本が、中共の戦略に引っかかり
多くの日本人が駄目になったか。
あんたら、分かってて何もしなかった
失われた約20年間の責任を
とってほしい。
グローバル資本主義ではなく
現在、ほんとうの国民にとっての
民主主義を標榜するなら、
死ぬ前に、やり残した
その純粋で崇高な情熱にしたがってほしい。
それこそ、この国家的な危機の時代に
あなたらの世代人生の「総括」をして
ケジメをつけてください。
と云いたい。
ただし、共産主義だけはもう
止めてほしい、
■知らない人が多すぎる。共産主義

しかも、共産主義の成果は
多くの人間の虐殺に次ぐ虐殺という
ことで、世界的な現在の流れは・・・

今でも、国内では、様々な「共産主義に洗脳」
された、反日の在日や帰化人や媚中がいます。
例えば、、、私は右翼ではありませんが
■『河野太郎防衛大臣は隠れ「共産党脳」だった』
第216回【水間条項TV】フリー動画

私は、宮家の話よりも
下記の話題の方を重視しますネ。。。

理由:
コチラみたいです・・・
https://ryotaroneko.ti-da.net/e5333116.html

では、また。


スポンサーリンク
共産主義 崩壊

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。