【ウイルスは細胞のウンコでウイルスは感染しない!_その2】・・・そのからくり、糞とは言えない!エクソソーム

こんにちは、\イッカク です。/

前回の記事
【ウイルスは細胞のウンコでウイルスは感染しない!】

で、
>100年前にシュタイナーが
>スペイン風邪の原因であるウィルスについて聞かれ、
>「ウイルスは単純に、我々の細胞の有毒な排泄物です。」
>と答えている!と、言う事は、
細胞が電磁波などを浴び傷ついた時に
>出す有毒な排泄物(うんこ)と言うことで、
>それはアメリカ国立衛生研究所でも、
>最新の研究成果として
>「ウイルスはエクソソーム(exosomes)」である、
>と発表されているのです。
ということで、
今回は、その肝である
「エクソソーム(exosomes)」について
調べてみた。。。

1.エクソソームってなんだろう?

金沢大学の動画が、ありました・・・

華山教授が仰っています。。。【おさらいです】
・体にとって不要なものだと思われてきた。
・コレ(その細胞のウンコ)は細胞由来の
タンパク質やRNAなどの分子が含まれていて

これらを細胞間で受け渡す
メッセンジャーのような働きをする。

そのことで、体内の様々な現象を
制御していることがわかってきた。
・つまり、このエクソソームのことが
分かれば、体のことがもっと分かる?
ということ・・・
・特に癌や神経変性疾患などでは
それが、他の細胞に受け渡されることで

・これらの病気をさらに悪くしていることが
明らかになっている。
・エクソソームにこれらの分子が含まれているか
を調べることで
・病気の早期診断や治療効果の判定に役立つと
期待されている。

以上のことから、現在
試薬の標的用「エクソソーム」
とか
「エクソソーム」の検出キットとかの
業界が賑わいだしてるのかな?

2.Exosomes(エクソソーム)の位置づけ

細胞のことを調べていくと、
細胞が死ぬ状態の時、細胞が予め死を
分かっている、つまり計画されているもの
または、ある目的のために制御され細胞死
を行うもの、これらの細胞の死を
アポトーシス(APOとう死す、と言いたい)
というそうです。
ちなみに、
偶発的な細胞死、または事故的細胞死
の場合はネクローシス(Necrosis、壊死)
と言うそうです。
(参考:https://www.ptglab.co.jp/
news/blog/what-is-the-difference-
between-necrosis-and-apoptosis/

アポトーシスにある細胞から
吐き出される小胞が、
細胞外小胞
Extracellular Vesicles; EV)、
とか良く云われますが、
健康な細胞からもEVが放出
されているそうです。
さて、このEVには、
その由来や特徴によって
いくつかの種類があることが
明らかになっているようです。
研究者によって様々に呼ばれて
いるようですが、
主に細胞内での由来によって分ける

Exosomes(エクソソーム)
 ⇒エンドサイトーシス&小胞体経路
これは、高校生の生物の授業であったようです。。
【高校生物】 細胞16 エンドサイトーシスと
エキソサイトーシス(14分)

【高校生物】 細胞6 小胞体とゴルジ体(11分)

・Microvesicles(MV; 微小小胞体)
⇒細胞質膜
・Apoptotic Bodies(アポトーシス小体)
⇒細胞質膜

の 3 種類に分類されるようです。

3.結局、Exosomes(エクソソーム)のはたらき?
以下のが、わかりやすいです。
■エクソソーム

■「細胞たちのコミュニケーション」日本科学未来館

■編集後記
「エクソソーム」をウンコとか糞とかの
呼ばわりは、エクソソーム君に大変失礼でした。
”すごい”の一言。
リスペクト・エクソソーム様です。
今回、多くを学びました。
人体には37.2兆個の250種類の
細胞が協力してカラダを維持している。
その要のひとつが「エクソソーム」だった。
このコミュニケーションの道具機能は
細胞社会の「約束」に則っている。
動画でも述べていた
・「持ち場」を守る
・ミスはすぐに対処する
・まわりと調節しあう
上記の約束が果たせるように
エクソソームは、メッセージを
送り合っているということでしょう!

つまり、細胞間は話し合ってる
⇒臓器同士の会話
ということにもなっている。

ところで、このエクソソームの機能を
破壊していると思われる
事象があるらしいです。
そのキーワードは、、、
2020/8/22現在,世界一危険な動画【動画or私が消される可能性大】※配信テスト

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。