【大橋眞先生:学びラウンジ】集団免疫説について・・・PCR陽性者の数が増えていることが 問題なのではなく、 ウイルスの性状を調べることが大切です。 PCR陽性者数の報道では、 本質を見ることが出来ません。 このような偏向した報道が、 騒ぎを大きくしているわけであり、 今回の騒動は行政、 マスコミの問題と言えるでしょう。

こんにちは、\イッカク です。/

実は、日本人全員がほとんど
コロナウィルスの
免疫を獲得している
という説について
大橋先生がお話になっています。
今回は、動画内あるコメントから
ご紹介します。

<引用開始>_______________
例の感染症問題で、
日本ではすでに集団免疫が成立しているという
話が話題になっています。
この集団免疫説は、
日本における感染者や死亡者が欧米と比較して
少ないという事実から、
日本には何か特別な要因があるという
考えから始まったようです。
日本や周辺のアジアの国々と比較すると、
欧米では感染者死亡者ともに多いという
特色があります。
この要因についてウイルスの強毒型が
武漢からヨーロッパに伝わったのに対して、
日本においては
弱毒型が伝わったために、
日本人の多くがすでに感染して
集団免疫が成立しているという説です。
この説を裏付けるために、
弱毒型のウイルスに感染したときに
ウイルスの数が少なく、
強毒型のウイルス感染では
ウイルス数が多くて重症化するという
実証的な観察や、増殖速度の違いなど
示すことが必要になると思います。
一方常在ウイルス説では、
常に少数のほとんど無毒のウイルスが
体の免疫性と平衡関係を保ちながら
共存しているという考え方です。
これはウイルスが共存することにより
免疫性が高まった状態で
私たちが生活していることです。
この事実上無害なウイルスは、
ある意味では天然のワクチンです。
このウイルスによって、
私たちは集団免疫の状態にあると
考えることができます。
その意味では、常在ウイルス説も
集団免疫説のひとつです。
この常在ウイルス説は、
少数の無毒の病原体が
常駐することにより、
私たちの免疫系があるレベルに
保たれるという
「随伴免疫」という考え方です。
私たちが本来持っている免疫力が、
強毒なウイルスがやってきたとしても、
重篤化を防ぐために、
マスク、3密をさけるなどの
過剰な対策は、基本的に
不要ということも共通しています。
 その意味では、現在感染者として、
おそらく少数のウイルスを
持った人々の確認が増えているという
ことをマスコミが大々的に報道していますが、
常在ウイルスを検出しているとするなら、
集団免疫の状態を表していると
考えることが出来ます。
今必要な情報は、
PCR陽性者の数(いわゆる感染者数)よりも、
このウイルスがどのような性状を
持っているかということであり、
今後は、このウイルスの
遺伝子系と性状を調べることによって、
今後の正しい対応策が考えられると思われます。
PCR陽性者の数が増えていることが
問題なのではなく、
ウイルスの性状を調べることが大切です。
PCR陽性者数の報道では、
本質を見ることが出来ません。
このような偏向した報道が、
騒ぎを大きくしているわけであり、
今回の騒動は行政、
マスコミの問題と言えるでしょう。
<引用終り>_______________
それでは、動画をどうぞ
■Produce 103

■編集後記
集団免疫説の前に、「コロナウィルス」と
以前から言われたものがあって
それが、最初に言われた
バージョンの「SARS-CoV-1」
そして今回の騒ぎを起こしている
という「SARS-CoV-2」という
事になってますが、
大橋先生の仰っていたように
「SARS-CoV-1」すら、
その物の性質と状態が明らかに
されておらず、
そして、今回の
武漢から発出したという
「SARS-CoV-2」とされるウイルス。
コレすらも解明されていないのです。
というか、これまでの
動画を見ていれば分かりますが
「現在の日本のPCRは、
ウイルス数1000個以下が
ほとんどで、10個以下が
9割以上ですから、
症状と関係するとは考えられない」
というウィルスの増殖の数と速さは
ウィルス検査の照準から
ズレたところを狙って
わざと、過度に、過敏に
「騒いでいる」ようにしか
観えないんですよね!
ほんとうに
政府が常識なのか?
われわれ覚醒庶民が常識なのか?
笑ってしまいます。。。

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。