概要

この研究では、5Gミリ波が
アンテナのように作用する
皮膚細胞によって吸収され、
他の細胞に転送され、
生体細胞でコロナウイルスを産生する
主な役割を果たすことを示しています。
DNAは帯電した電子と原子から構築され、
インダクターのような構造をしています。
この構造は、線形、トロイド、および
円形のインダクタに分割できます。
インダクターは外部の電磁波と相互作用し、
細胞内で移動して余分な波を発生させます。
これらの波の形状は、
それらのDNAソースの六角形および
五角形のベースの形状に似ています。
これらの波は、核内の液体に
いくつかの穴を生成します。
これらの穴を埋めるために、
追加の六角形と五角形のベースが
作成されます。
これらの塩基は互いに結合し、
コロナウイルスなどの
ウイルスのような構造を形成する
可能性があります。
細胞内でこれらの
ウイルスを生成するには、
外部波の波長はセルのサイズよりも
短いことが必要です。
したがって、5Gミリ波は、細胞内に
コロナウイルス(COVID-19)などの
ウイルスのような構造を構築する際に
適用するのに適した候補になります。

詳細はこちら
テスト後の議会聴聞会で電話による
放射能レベルが米国の承認レベルの
4〜11倍であることが判明

Smombie Gateのメモ:
しばらく前に書いた以下の記事を
見てください。
これは、5Gマストを展開する
推奨方法がHEXAGON
フォーメーションにあることを
示しています
…5Gの真実に近づきつつあります…