【COVID-19】PCR検査は一体何の遺伝子を検出しているかも分からないのが現実です。病原体を確認しないままにPCR検査をすることの危険性を認識するべき!

こんにちは、\イッカク です。/

コロナウィルスとは
一体何?
実は、だれも実態を突き止めて
いないようです。。。

熊本大学名誉教授
大橋眞先生によれば

コロナ騒動の原点に立ち返ってみると、
そもそも何故PCR検査をするのか
ということにあります。
新型コロナの遺伝子というものが、
中国から出された科学論文がありますが、
ウイルスは単離されておらず、
病原性も確認できていません。
つまり、新型コロナの遺伝子という
情報があるだけで、
それが病気を起こすかもわからないし、
そのようなウイルスが
本当にいるのかもわかりません。
PCR検査は、遺伝子のごく一部を
見るだけなので、
類似したウイルスなどの
常在性ウイルスも検出する
可能性があります。
そうなると、
マスク着用や自粛、
3密をさけても、
免疫力が弱まると
PCR陽性になる可能性があります。
遺伝子の情報が
間違っている可能性が高く、
新型コロナウイルスも
存在しない場合には、
PCR検査は単なる
常在性ウイルスを検出している
に過ぎないことも
あるわけです。
PCR検査は一体何の遺伝子を
検出しているかも
分からないのが現実です。
病原体を確認しないままに
PCR検査をすることの
危険性を認識するべきです。

ちなみに
単離(たんり)という文言が出てきました。
ネットで調べると
これは、
>様々なものが混合している状態に
>あるものから、その中の特定の要素のみを
>取り出すことである。
>化学的には、混合物から純物質を
>物理化学的原理に基づいて分離する
>操作のことを指す。
>代表的な操作方法として蒸留法、
>再結晶法、昇華法、ゾーン融解法、
>クロマトグラフィー法、
>光学分割法、限外濾過法、
>ガス拡散法がある。
ということで、患者の肺から
取り出した塊の中から
「新型コロナの遺伝子」だけの
取り出しが出来たのか?
ということですね。
■コロナ騒動の原点は、PCR検査にあり

読者の皆さん、実は大橋眞先生は

6月17日に厚労省記者会見室
にてこの見解を述べて
おられました。。。

■コロナ記者会見(厚労省記者会見室)令和2年6月17日【テレビ未報道】
てきとーchさまより
字幕付きで、UPされております。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。