世界を収奪支配する者たち・・・大衆は魅せられて、その劇場を見せられてきた

こんにちは、\イッカク です。/

今、いちばん世界的に
嫌われている国というか
「利得だけ、今だけ、自分たちだけ」集団
の人たちが、地上に汚染エネルギーという
「低周波ネルギー」を
撒き散らしている。
そして、様々な「問題児」として
何かと話題がネット上で
とりあげられている。

水間条項TVさんでは
怪しいウィルスの感染元の
◯◯から、今でも日本入国を
特別事情で日に1000人くらい
入国させてますから!
■『米中の情勢戦は「スパイ映画」を越えている』
第190回【水間条項TV】フリー動画

鳴霞の「月刊中国」YouTubeさんでは
中国国内で何か事件事故があれば
対外的に情報を隠蔽したり、嘘を流したり
そうして「蓋」をしています。。
なのでオカシイことがあれば
内部情報から臭いにおいが発生しています。
■中国科学院原子力安全研究所で何が起きたのか?

■編集後記
兎にも角にも、アメリカのように
◯◯共産党が崩壊するまでは
「◯◯人は当面、入国禁止」に
せざるを得ないのです。
この大きな流れに、
逆らっているのは
現在の日本政府です。
なぜ、そうなっているのか?
日本の政権内部にも
スパイたちがちゃんと
入っており、水面下や
国会議員や官僚として
活躍しているからで、
日本政府の意思決定としての
機能が働いていないのです。
つまり
政権の裏で、勢力が3つ争って
いるからでは無いかと考えられます。

勢力その1:
朝◯半島スパイ・・・ロスチャイルド系
この勢力は、野党に多く
「現行総理を辞職に追い込む」
のが目的であって、どんな些細なネタでも
リークをしてあるゆる形で辞めさせ、
自分たちの代表を総理大臣にしたい。
ただし、この勢力内部でも
いくつかの確執があり、一枚岩では無い。

勢力その2:
旧CIAネオコン・スパイ・・・ロックフェラー系
この勢力は、アメリカネオコンの傀儡で
日本のあらゆる富を食い物にしてきた。
これは、アメリカ軍と軍事産業との
密接な組織内部の組織の勢力で
いわゆる「ディープステート」と
呼ばれるもの

敵その3:
◯共スパイ・・・◯国共産党:李◯華◯系
この勢力は、あらゆる政治家や官僚に
マネトラ、ハニトラ、などで恐喝し
日本をいずれ完全に侵攻する。
年寄りの国会議員や官僚がその毒牙に
麻痺しており「媚◯」で操られている。

ということで、全ての勢力に
共通するモノは何か?

それは、支配者層仲間であることです。
https://hymisoshiru32jp.wordpress.com/2016/08/01/%E6%82%AA%E9%AD%94%E6%80%9D%E6%83%B3%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E6%94%AF%E9%85%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%9A%84%E8%83%8C%E6%99%AF/

オカシイと思いませんか?

根本的に「つるんでる」のです。
争っている利害が
多少、あると思います。
しかし、裏でつながっています。
覚めて俯瞰する距離感で
眺めてみると
実にうまく、私達は
騙されて
流されて、いつの間にか
そうなっています。

そして、日本が知らず識らず
侵食されているものとして
様々な位置づけで、日本に
住んで日本人として帰化し
政治活動をされてる方々も
「工作活動」という疑惑の
否定については証明出来にくい
ですね。
■帰化した有名人(政治家)

たしかに、この流れは支配者層の巨大な
低振動数バイアスによって
なされており、その流れに
逆らって、何かをやる事自体
その低エネルギーの世界に
はめ込まれてしまいます。

これは、意識の問題かもしれません。

つまり、現在の日本は
第2の縄文から弥生になってきた
歴史の繰り返しのような
ことかもしれません。
■歴史は繰り返す:縄文時代→弥生へ
https://youtu.be/95JIM_pOn3g?t=1056
「知った上でフォーカスしない!」
というのが、低振動数のバイアスに
乗らない秘訣ですね。。。

波動エネルギーの観点です!

アメリカの祖先も私達の祖先と
同じ「縄文系」=ネィティブ
インディアンでしたね。。。
■【ジョン・レノン、マイケル・ジャクソン、
封印された真実】

「直接、闇に対峙して、歯向かって行った人」
は、封印(暗殺)されましたよ。
「対立は力の強いほうが勝ってしまいます」

ところで、話は前後しますが
トランプさんの位置づけはどうか?
ネットではQアノンの大人気で
トランプさんを持ち上げています。

私もついつい、こんな悪魔な世界は
「一掃してほしい」と思っているので
ついつい、劇場を見させてもらっている
のかもしれません。

そうそう、「小泉劇場」では
たっぷり、興奮させられて
郵貯奪取と派遣制度の導入が
まんまと食わされてしまいましたね。

やっぱり、大衆操作・誘導には
気をつけないといけません。
そこには大衆のガス抜きを
伴った、劇場が設けられてた。
という反省が必要です。
民主党、民社党、自民党、
公明党、立民党、維新の党
・・・政党名は違えども
劇場を形成するコマたちだった
というふうに観るのも
当たっているかもしれません。

現在は、
日本第一党やれいわ新選組が
国民に「目や耳」への感触が
良いですから
それに、あまり酔ってしまうと
また同じような誘導が待っている
とも限りません。

というか、この終戦後の
日本の民主主義は
大衆を騙すための
「ろくでなし」政治が
続いてきた歴史でも有るわけです。

支配者層が居なくならない限り
この歴史は、今後も
形を変えて続いて行くものと
思われます。

そして、私は、
世の中の浄化のための
政治経済の仕組みを論じ
考えるエネルギーから
脱して、
その仕組みを理解した上で
次元の高いエネルギーで
捉えていくべきだと
感じています。

では、また。


スポンサーリンク


イルミナティ 悪魔の13血流

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。