ガスライティング:これは、集団ストーカー行為の一つです。・・・オカシイと思ったら調べてみてください!

こんにちは、\イッカク です。/

ガスライト(日本語では「ガス燈」)
という映画はご存知でしょうか?

コチラです。
https://ameblo.jp/hotwalker6/entry-12385500504.html
より
「ガス燈」
ジョージ・キューカー監督1944年

つまり、ガスライトです。
上記の映画は、
夫が妻を陥れようとする物語でした。
さて、この映画の題の
このようなケースは、欧米では
よく夫婦間での
トラブルで、離婚をするために
被害者が離婚を認めざるを得ない状況に
持ち込むことを目的に工作されます。
このことを
「夫婦間でのガスライティング」
という言い方になります。
そもそも、ガスライティングは
家族や親族などの
生活を共同する者の間で
起きることは多かったと云います。

現代の日本での「ガスライティング」は
工作員の標的に対して
誤った情報の伝達や
些細な嫌がらせを
繰り返し精神的に追い込む
という集団ストーカー行為の
ひとつなのです。

さて、
「ガスライティングとは|代表的な手口と被害にあった際の対処法」
という記事がありましたので、
どうぞ

https://legal.werehouse.co/gas-lighting/
では、実際のガスライティングの手口を
見てみましょう!
■企業におけるガスライティングの実際

■編集後記
今、思うのですが、
政治や学校や社会が
オカシクなって来てから
とにかく、仲間同士を
敵対させるようなコトに
仕向けてる
何かが=低周波数
であることに
気が付きました。
住んでる、場所の周波数が
何かと「犯罪が多発」地域です。
それは、思うに
✕日本に多いです。
つまり、△国大陸や朝◎半島に
近い地域が低周波数帯に
ずっと、120年くらい前から
覆われていて、
最近、富にその陰湿と重さが
増しているようにも
思われます。

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。