【トランプ政権】:中国共産党員とその家族の入国を全面的に禁止することを検討している!・・・「脱党」がグーグルトレンド入り!

こんにちは、\イッカク です。/

ここ2日前に
アメリカトランプ政権は、ついに、
中国共産党員とその家族の入国を
全面的に禁止することの検討に
入っています。

以前の記事でも、書きましたが、
トランプ政権と中国共産党は
世界覇権の争いの最中ですし、
小児性愛者のサタニストである
ディープステートらとも
抗争中でもあります。

まさに、世界三つ巴第三次世界大戦
となっているということです。

以下、「大紀元」より引用しますと、、、
<引用開始>_______________

「脱党」がグーグルトレンド入り 米が共産党員の入国禁止の報道受け

トランプ政権が中国共産党員とその家族の入国を全面的に禁止することを検討しているとの報道を受け、グーグルで単語の検索回数の推移を示す「グーグル・トレンド」では、キーワード「退党(中国共産党からの離脱、または脱党ともいう)」の検索回数が急上昇した。

米紙ニューヨーク・タイムズは7月15日、政府筋の話として、共産党員のほかに、米政府は中国軍と国営企業の幹部も入国禁止対象にする意向がある。中国当局の公表では、中国には9200万人の共産党員がいる。米政府は2億7000万人に影響が出ると試算した。

報道を受け、グーグルで検索ワードの検査回数の推移を示す「グーグル・トレンド」では、17日午後3時24分ごろ、検索ワード「退党」の人気度動向の数値は最高値100となった。検索の大半は中国本土からだという。・・・(略)

<引用終り>_______________
私も中国人の方々に「脱党」を
おすすめします。
鳴霞(めいか)さんのようにね。
コチラの動画チャンネルを
おすすめします
https://www.youtube.com/playlist?list=PLn2kLGRySM2hCKlViB4fONMl78JMyVN_A
最新の情報はコレ!
■三峡ダムが緊迫!歪み、水漏れ中共政府認める/
習近平は中国一の力持ち! /
耿爽国連次席大使は大爽快? /
イラン・2500万人が陽性

そして、コロナウィルスの感染元
とされている、武漢の現地情報を
ひた隠しにしてきた習近平主席。
どうゆうつもりなのか?
■特番『河添恵子さんに訊く!
隠蔽されたコロナの正体とは!?』
ゲスト:ノンフィクション作家 河添恵子氏

■編集後記
現在は、第三次世界大戦です。
国家間の戦争と
固定観念で、見ていたのでは
全然、わからないと思います。
現在は、
国家や大企業の組織内に
ウラから仕掛けや指示を
して統制している組織内組織
=ディープステートが
存在し、国家や民族の健全運営を
妨げているヤツラがいます。
トランプ政権は、その輩と
対戦しています。
そのディープステートは2つ
存在します。
1つは、アメリカの通貨発行権を
アメリカ国家にしようとした
ジョン・F・ケネディを公然の場で
処刑した黒幕の連中
=ハザール・mafia
たちでしょう。
なぜならば、現在も通過発行は
FRB連銀という民間の利権に
委ねられてるんです。
参考:https://gentosha-go.com/articles/-/2635
とてもオカシイですよね。
彼らは、小児性愛変質者グループです。
現在は、世界各地で、摘発されて
大量逮捕が行われつつ在るのです。

そして、
2つめが、中国共産党です
彼らも世界中に、
中共の工作員(スパイ)を
送り込んで、相手国の主要な要人を
口説いて、落として(味方にして)
います。その方法は、
カネ・エロ、脅し、などの手口で、
狡猾です。
これまで、膨張主義に突き進んで
中共は世界を征服・統治する!
という意気込みで
進んでいましたが、
コロナで、一瞬に、萎んでしまった
かのようです。

そして、このような状況を
アメリカ人やヨーロッパの
市民は、覚醒し、運動を
広げています。
もちろん、トランプの支持層も
日増しに厚くなって来ています。

知らないのは
「ノータリン」な日本人が
なんと、多いことか!

いつまでも
お花畑で、ちっちゃく
「緊縮」
とか
「自粛」
とか
眠った、バカ真面目が
命取りに
なっているということが
分かっていない人が
まだまだ、多いのです。

では、また。


スポンサーリンク

↓(クリック)

↓(クリック)

↓(クリック)

↓(クリック)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。