グローバル金融mafiaがどれだけアメリカ市民を騙していたか・・・2015年に偽ヒラリーが語っていた:「汗をかかない」

こんにちは、\ソウジャ です。/

もう、わかってる人は分かっていましたが
ついに、あのアメリカ大統領選挙に
立候補していた、
「ヒラリー・クリントン」と思しき人が
フェイク=偽物だった、ことが
ついに、立証されました。。。

いやいや、トランプガ勝利していて
良かったと思います。

こうなると、民主党自体にも何らかの
嫌疑がかけられそうです。。

これは、立派な「国家犯罪」ですからね!

アメリカ国家を左右する大事な選挙を
不正に誘導した罪は重いです。

犯人は「ディープステート」に
決まってます。
影にハザールmafiaが見え隠れしています。

当のヒラリーは、もう死んでこの世に
居ないとか・・・

立証は、この動画しか無いのでしょうか?
コチラの記事をご覧ください
・・・ずっと。
「私は非常に昔にパロアルトの
ガレージで建設されました。」

↓(クリック)

ヒラリークリントンが汗をかかない理由

坂本センセは、宇宙人のテクノロジーで
ヒラリーは、とうに死んでる。
なので、
クローを造って、出馬させたようです。
■11月坂本塾・17 エロヒム クローンヒラリー

■編集後記
ご存知ですか?
スタンフォード大学の教授である
アンドリュー・ング氏は、
「100年前に電気の登場で
すべての業界が変わったのと
同じように、今後数年間に
AIが変革しない業界はないだろう」
と言うことで、AIはロボット
ではなく、「道具」であると
云ってますが。
つまり、「インフラ」として
考えられています。

しかし、偽ヒラリーが
だいぶ昔に「PALO_ALTO」
で、作成されたとの情報ですから
(彼らは、ジョークに見せかけて、
実は本当を入れ込みます)

今は、ロボット=道具と
思い込ませてしまう
概念づくりをしている途中です。

しかし、真実は
「偽ヒラリー」のように
DNA操作によって、簡単に
クローン人間が作成され育成され
あたかもパーソナリティを
もった、一人の人間としての
「振る舞い」ができるように
プログラミングされ
人体ロボットが完成していた。

という仮説で、考えると・・・

このAIプログラミングでは
ロボットから見た他人に対する
「行動・振る舞い」=behavior
は完成していたと思われますが、

人そのものや人と関わりを持つ
「モノゴト」に対する概念と
それを基礎に推考したり
behaviorである「行動・振る舞い」に
結論を導いて決断して行動するという
意思を形成するattitudeの領域までは、
現時点では未完成になってるように
思います。
その証拠に、ロボット自ら
「バラして」喋ってしまいました。

しかし、2039年のAIシンギュラリティ
の段階では、それこそ
自我が芽生えるように
人間と生体ロボットとの境目は
無くなってしまうように思います。

そうなって来たら、
簡単な司令で、ロボットを操縦できる
時代になります。

つまり、人間とロボットの見分けは
ほとんどつかなくなって
生体ロボットとの恋愛やSEXが
可能になってしまうという
人間の家畜化が進展してしまうのです。

それは、生き残っているDSらが
ウラからプログラミングし
遠隔から操作できる
人体クローン・ロボットが
人間社会の中に
ドンドン入ってきたら・・・

それこそ、クローン家畜の中に
人間も家畜化されて埋もれてしまう。
・・・

やがて、数十年たらずで
すっかり、クローン家畜と
見分けがつかないくらい
家畜に同化した人間になり
いずれ、完全な家畜化に・・・という
シナリヲでしょうか?

では、また。


スポンサーリンク

↓(クリック)

↓(クリック)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。