中国共産党による「神韻」の日本公演への妨害があった!

こんにちは、\イッカク です。/

知ってましたか?
「神韻」

コレです!

素直に
素晴らしい芸術と思います。

さて、最近、この「神韻」の
「2020日本公演」への妨害工作が
在日中国大使館によって
行われ続けてきた
という記事があります。

以下、大紀元から引用です。
<引用開始>_______________

米国務省報告書、
中国当局による
神韻日本公演への妨害を指摘

米国務省が6月10日発表した世界各国の
信仰の自由に関する年次報告書で、
米ニューヨーク拠点の「神韻芸術団」が
日本公演を行った際、
在日中国大使館が劇場側などに対して
圧力をかけ、公演を妨害したと批判した。

報告書の日本に関する内容では、
「日本法輪大法学会の会長は、
神韻芸術団が劇場を利用する際に
妨害を受けたと話した。
会長は、劇場の経営者らが
在日中国大使館から脅しを受けたため、
劇場側に差別視されたと訴えた」
と記された。

また、「(日本法輪大法学会の)会長は、
神韻芸術団の日本公演に舞台を貸さない
劇場がますます多くなっていると指摘した」
との内容もあった。
報告書は、中国大使館の幹部が、
日本政府の高官に直接圧力をかけた
と指摘した。
「会長は、中国大使館が法輪功に関して、
民選の(日本)政府の官僚を
直接脅迫したと聞いた」という。

一方で、報告書は、
日本政府は中国国籍の法輪功学習者に対して
日本国内の滞在を承認し、
神韻芸術団の日本公演を許可している
と強調した。

神韻芸術団が
2007年に初めて日本公演を行った時から、
在日中国大使館は妨害工作を行い続けてきた。

法輪功情報サイト「明慧網」の過去の報道では、
兵庫県神戸市に本部を置く
サンテレビは2007年以降、
神韻芸術団の公演広告を制作していた。
2008年と09年、
在日中国公館の幹部がサンテレビに対して、
広告制作を止め、
公演のスポンサーにならないよう強要した。
しかし、サンテレビはいずれも拒否した。

2008年、
中国の駐大阪総領事館はNHK大阪ホールに
圧力をかけた。
2013年4月、
神韻芸術団の福岡公演が開催される前、
中国の駐福岡総領事館は
福岡県の地方自治体に書簡を送り、
後援の取り消し、
宣伝活動と支援活動の取りやめを要求した。

神韻芸術団は2006年、
米国ニューヨークで結成され、
中国伝統文化の復興を使命にしている。
中国本土では、
共産党政権の樹立後、
儒教や仏教、道教に基づいた
伝統文化が破壊された。
公演には、中国の歴史物語を表現する
古典舞踊や民族舞踊が多い。
また、踊りを通して、中国当局による
人権侵害、とりわけ当局に弾圧されている
伝統気功グループ、法輪功学習者への
迫害を取り上げている。
2019年世界ツアーでは、
世界各国約150の都市で670回の公演を行った。

大紀元コメンテーターの田雲氏は、
「神仏を敬う心を大切にし、
道徳観の向上を提案している
神韻芸術団は、虚偽、欺瞞、邪悪などの
性質を持つ共産党にとって
目障りであるに違いない」と述べた。

(翻訳編集・張哲)

<引用終り>_______________

■編集後記

そもそもの中国共産党の走りは
毛沢東であり、
ソ連の共産主義の影響を受け、
「悪しきグローバリズム」の洗礼を
受けたのでしょう。
つまり、悪魔な主義思想は
共産主義という形になって世界の
各地に感染していったと
思います。
そして、
「悪しきグローバリズム」は
ディープステートであり

これまで
様々な呼び名がついています。

・コミンテルン
・共産主義・社会主義
・リベラル勢力
・新自由主義
・アンチ資本主義
・悪魔主義
・グローバリズム
など・・・

そして、現在の中国共産党は
アメリカのディープステートから
様々な悪の手法を取り入れて
いつの間にか財力と権力が
大きくなって、覇権的に台頭
し「大きなツラ」をし始まった
ところで、今度は、従来の
ディープステートらから、憎まれる
ようになっている状況です。

そして、以前の記事にも書きましたが
現在は、「三つ巴」の勢力争いに
なっているようです。

というか、そのように壮大に
演出している者が
いるのかもしれません。

裏で、カネも力も持て余して
それこそ「弄んでる」
存在がいるかも知れません。

そうしたら、みるもの全てが
その存在の「手のひら」の上で
我々は、生かされている。
「不自由な存在」なのかも
しれません。

ここで、度々申し上げることは
「中国人」のことを
非難・批判してる訳では
ありませんから。

「中国共産主義」の悪魔を
述べていますので、
間違わないでください。

悪魔教思想と
云ってもよいでしょう。

特色は
1.口できれいなこと言ってるけど、
やってることは残忍である矛盾
2.絶対に「神」は避ける
3.したがって、あらゆる宗教を
否定し、人間至上主義である

一つだけ言えるのは
コレまでグローバリズムを
良しとしてきた
アメリカ国家に対して、

ネイション・ステート
(国民国家)を掲げて、
アンチ・グローバリズムを
推進してきているのは
トランプ大統領の勢力だけです。

これは、私が山本太郎さんと
同じくらい応援したい流れです。

では、また。


スポンサーリンク
↓(クリック)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。