【デモクラシータイムス】新型コロナの真実~長期戦を闘うために・・・新しいルールをつくる時代に入ってるかも

こんにちは、\イッカク です。/

今回は、新型コロナの真実を
受けとめて、今後の対策を
どうしたら良いのかという観点から

デモクラシータイムス動画が
ありましたので、紹介します。

私達は、新型コロナの
感染とずっと、隣同士で
今後も終息せずに

同居して
生き続けなければならないのか?
と思うと、うんざりします。

今回は、そこのところの
ウィルスとの闘いを
どうやって、

見切りをつけるのか
参考にしたい動画です!

児玉龍彦×金子勝のお話でどうぞ!

■新型コロナの真実~長期戦を闘うために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200428

動画内のコメント欄より

チャンネル登録者数 4.41万人

登録済み

児玉龍彦先生(東大先端研がん・代謝PT)と金子勝先生(立教大学特任教授)にうかがう「コロナと闘うシリーズ」。今のコロナの状況は、感染から検査、治療まで、社会の格差を反映しています。引きこもりを支え感染機会が多い中働き続けなければならない人たちが大勢いる、検査を早く受けてアビガンを飲めるのは、一部の人で、皆が平等に取り扱われているわけではないのではないか。今回は、長期戦となりつつあるコロナとの戦いに向けて、もう一度その特徴をおさらいし、そこから見えてきたステージ別治療法、長く続く外出自粛を支えるライフラインの維持と経済活動再開の前提となる感染集積回避の方法までうかがいました。 高校の生物の知識を総動員しても難しい専門的な話もありますが、ぜひ、おしまいまでご覧ください。 収録は2020年4月28日

■致死ウイルスに向き合う~恐怖の出口にしないために【新型コロナと闘う 児玉龍彦×金子勝】20200508

■編集後記
この動画で示された、
感染に応じた
新型肺炎のステージ別治療
対応の図がありました。
コレ

私も「無症状」の場合に
もちろん「アビガン」を飲みたいですね。
そのためには
日本の全人口に対して、
ロックダウンが無理な方々を
優先的に、検査して
ほしいものです。

いつまでも、
全員がロックダウンモード
いわゆる「外出自粛型」を
取り続けるには
もう、限界があります。

「敵」(コロナウィルス)も
専門的には、これまでの
ウィルスとは
観念が違っており、
驚くべき殺人ウィルスだった
という見解でしたね。

私も、認識を
改めたいと思います。

経済的な対応や
ライフラインの保全をも
含めて優先順位を付けて
日本政府は総合的観点から
戦略的に手を打っていかなくては
なりません。

AIやITを使いつつ
個人がソーシャルディスタンスを
守りつつ、経済活動や
従事するリアルな現場仕事へと
もどるための仕組みとして

など、構築しつつ
国家戦略を立てて
総合的な「打つ手」を優先順位を
つけて、実施するように
しなくてはならないのです。

最近わかったことで、
検査体制をしっかり、取らなければ
ならないのに

今後の新しい時代は
以下のような「ゴミ」人間を

「感染研」関係の人らは
なんだかんだ云って
731の既得権益マインドが
現在も改善を邪魔しに来ます!
このような、、、
「屁理屈専門バカ」や
「私利私欲の李家ディープステート」
のマフィア政権が
この日本を仕切っている
間は、
まともな日本の国家運営戦略は
描けないのです。

処分しないと

パラダイム・シフトは
置きないと思います。

ぜひ、市民の皆さんは、覚醒し
アタマの位置で幻想を
見せている、「欲得」の世界で
あれこれと欲望に人生を満喫するのではなく

ハートの「人徳」で人と自然と
たのしく、時を過ごせる
有意義な人生をこの社会に
形成していこうでは、ありませんか!

その意味で、この人たちに
期待を込めて、応援したいです。
もう、今は
右とか左とか
言ってる場合では無いんです。
市民生活が
破壊されていますから、
なんとかしなくてはならないのです。
https://www.youtube.com/channel/UCgIIlSmbGB5Tn9_zzYMCuNQ
https://www.youtube.com/channel/UC8i7FuzvmbaQI-93WE92jQg

では、また。


スポンサーリンク

■日韓共鳴二千年史―これを読めば韓国も日本も好きになる

■日本第一党

■れいわ新選組

山本太郎、 雨宮処凛
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。