【コロナウィルスの世界感染状況(都度更新)】国別の状況について

こんにちは、\イッカク です。/

世界の感染状況は
全体で見ると、一向に収束を経て終息には
まだ、遠い感じになっている様子です。

なぜかと云うと
感染者数の伸びが
横ばいの国と
まだ、伸びている国が
まだまだ多いからです。

この分だと、このまま、真夏に向かって
ぐんぐん伸びていきそうです。

それでは、【現在の】世界全体の状況と
主要各国の状況を見てみましょう。

【世界全体】

◇コロナウィルスの世界感染地図はコチラです。

https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/
opsdashboard/index.html#/bda75947
40fd40299423467b48e9ecf6

【主要各国の状況】

■編集後記

感染者累計のグラフだけを見ると、
中国だけ、ピークを過ぎ、ほぼ、沈静化傾向と
なっており、これは、中国だけが
感染の封鎖に成功したという訳では無いと
思われます。
武漢を中心とした場所はどこよりも
徹底して封鎖や除染をしたことにより
沈静化したものであろうが
他の地域については、どうなのであろうか?
もしかして、増えているのではないか?
大量の死者を火葬するための火葬場が
連日連夜、ノンストップで稼働していたし、
死体を入れる袋の発注も何百万枚という
オーダーも業者に有ったようだし、不審。

また、通常的に、世界各国が同じような
感染対策を施したと仮定するならば
中国だけ、ピークが止んで沈静化している
ということは、このウィルスの発出場所は
最初、武漢であったということではないのか?

なぜならば、最初に感染した場所は
時系列にすれば、最初に沈静化に向かうはずで
あるからと思う。

ところが、中共の隠蔽体質が露見されてきている
・人民解放軍で新型肺炎が蔓延中
・新型肺炎は実験室で作出
・中共は以前から「生物兵器」を画策していた
香港と日本への攻略

■ニュース

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。