あたりまえの世界_2020_04_24_放送分・・・今回のお客様は、沖縄県那覇市で台湾精進料理 金壺食堂を経営されている川上末雄さんです。

おはようございます。
\イッカク です。/

今朝(2020/04/24 7:30~)

も、定時に「ゆめのたね」が

はじまりました。・・・

一般財団法人テネモス国際環境研究会の代表理事
釘本 ひろみ さんの番組です。

[中四国・沖縄チャンネル♪]を選択して下さい。
毎週金曜日 7:30~8:00
https://www.yumenotane.jp/atarimaenosekai

上記のボタンが表示されないときは ↓ 以下をクリック
■□■□■□■□■□■□中四国・沖縄チャンネル
http://yp.yumenotane.jp/chushikoku


コチラは釘本ひろみさんの
アメブロです!
https://ameblo.jp/re-chan124/
Facebookはコチラから
https://www.facebook.com/hiromi.kugimoto

では、
今日は川上末雄さん
です。
以下、録音を置いときます。

今回の関連ネット情報を置いときます。
【Facebookより】

釘本 ひろみさんは崎山 喜慎さんと一緒にいます。

4月24日(金)朝7時30分〜
インターネットラジオゆめのたね放送局 中四国・沖縄スタジオ
「あたりまえの世界」のゲストは、
沖縄県那覇市で台湾精進料理 金壺食堂を経営されている川上末雄さんです。
3月にゲストででていただいた紙芝居の崎山さんにも
後半登場していただきました。
お楽しみに!!

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、座ってる(複数の人)

【ネット検索より】__________________

2015.08.21

那覇の片隅、「金壺食堂」の
台湾素食で身も心も綺麗になる

writer : 平良竜次

 / 17862 views

金壺食堂の台湾素食
那覇市壺屋の一角にある「金壺食堂」は、朝8時から台湾の精進料理「台湾素食」(たいわんそしょく)が楽しめるお店。ここで出されるメニューは野菜や穀物だけで調理されており、お肉は一切使っていません(一部に鶏卵を使用)。健康に気を遣う人にぜひ食べてほしいお店なのです。美味しいヘルシーフードに舌鼓を打ちつつ、店主さんが語る、沖縄と台湾をつなぐ愛情たっぷりなファミリーヒストリーに耳を傾けました。

詳しくは⇒https://www.smartmagazine.jp/okinawa/article/meal/7235/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「金壺食堂」

を切り盛りする川上末雄さんは台湾生まれ。父・正市さんは宮古島出身で、船乗りをしていた。寄港した台湾の基隆で良子さんと出会い、結婚する。

「うちは六人兄弟なんですけど、兄がいて、姉が四人いて、僕 が一番下です。小さいときの思い出で憶えているのは、カモメを捕まえて、籠に入れて飼ってたこと。父親は船乗りなので、出航すると一ヶ月、二ヶ月と留守にしてたんです。最後は船長になっていたので、船が戻ってきたら戻ってきたで、いろんな付き合いで飲みに行かなきゃいけないことが多かったんですよね。それで体調を崩してしまって、それをきっかけに沖縄にくることになったんです」

金壺食堂 - 2.jpg

那覇に移り住むと、家族八人で小さなアパートでの生活が始まる。一九六六年生まれの末雄さんは当時五歳。移り住んだ翌年には小学校に通い始めたけれど、まずは日本語から学ばなければならなかった。言葉を話すのも一苦労で、よく学校から抜け出していたのだという。「まだ小さかったから、あの頃はよく『何でここに来たんだろう』と思ってましたね」と末雄さんは振り返る。

そんな子供達を養うために、母・良子さんは懸命に働いた。先に沖縄に移住していた友人の紹介で、アルバイトをいくつも掛け持ちした。昼は食堂のウェイトレスや民芸品店の売り子として働き、夜は桜坂の飲み屋街に場所を変えて、調理場担当として腕を振るった。

詳しくは⇒http://www.webdoku.jp/column/shijo/2019/0327_170227.html

■編集後記
「まぶや~」とはタマシイよ
戻ってこい!
という、「おばぁ」がいなかったら
川上末雄さんが、「金壺食堂」を
経営するという縁につながらなかった。
ということでしょう。
やはり、人は、様々な関わりで
この世での「学び」をするための
レッスンが、用意されているんですね。
そして、台湾という、
自然のエッセンスを活かした
台湾精進料理につながっており
これを多くの人に知ってもらうという
見えない何かが働いているんですね。
その意味で、たくさんの縁が
あるのだと思います。

では、また。


スポンサーリンク
■台湾素食

■台湾精進料理

■「やっさい♪やっさい♪たべなさい♫」

お試し

■農業ルネサンス『自然栽培』編集部

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。