あたりまえの世界_2020_04_03_放送分・・・今回のお客様は種田 勝利さんです

今朝(2020/04/03 7:30~)

も、定時に「ゆめのたね」が

はじまりました。・・・

一般財団法人テネモス国際環境研究会の代表理事
釘本 ひろみ さんの番組です。

[中四国・沖縄チャンネル♪]を選択して下さい。
毎週金曜日 7:30~8:00
https://www.yumenotane.jp/atarimaenosekai

上記のボタンが表示されないときは ↓ 以下をクリック
■□■□■□■□■□■□中四国・沖縄チャンネル
http://yp.yumenotane.jp/chushikoku


コチラは釘本ひろみさんの
アメブロです!
https://ameblo.jp/re-chan124/
Facebookはコチラから
https://www.facebook.com/hiromi.kugimoto

では、
今日は、種田 勝利さんです。
以下、録音を置いときます。

今回の関連ネット情報を置いときます。
【Facebookより】

沖縄の友人「釘元ひろみさん」が
パーソナリティをつとめられる
ネットラジオ番組

「あたりまえの世界」

にお招きいただきました。

いよいよ明日4月3日
(金)午前7:30〜8:00
配信されます。

らいぶゆうとは、
いったい何なのか、
第二期が始まり、
続けていく中で僕自身が
気付いた大いなる過ちと、
自己否定によって
気付くことが出来た、
初めからあったはずなのに、
言語化出来なかった
「あたりまえ」のこと。

現時点で語ることの
出来ること、
尺目一杯お話いたしました笑

次回らいぶゆう(6月7日)まで、
少しお時間もあることですし、
過去を振り返りながら、
これからを
見据えてまいりたいと思います。

らいぶゆうに、
すでに出会ったことの
ある方、または
これからという方、
是非ともお聴き下さいませ。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
種田 勝利さんはMarie Miwaさん、
他11人べにしだの家にいます。

4月1日 20:26名古屋市

らいぶゆう
「はじまり・おわり・またはじまり」

4月がやってまいりました。

いよいよ2月のらいぶゆうの
ご報告を結ぶ時がやってまいりました。

パンデミック直前の状況の中で、
ご参加いただいた皆々様に対し、
改めて心より御礼申し上げます。

第二期らいぶゆうにおいて、
一つの節目になるだろうことは
予測出来ていましたが、
僕の想像を遥かに超える
体験をさせていただくことが
出来ました。

皆さん、
あれからいかが
お過ごしでしょうか⁇

皆さんにとって、
らいぶゆうでの時間は、
いったい
どんな時間になりましたか⁇

今でも思い返すような
ことはありますか⁇

今日までの日々で、
どんな物語をおくられましたか⁇

らいぶゆうは、
これからも続きます。

皆さんの物語の先で、
また交わる機会が
やって来ることを
楽しみに致しております。

それまでどうか、
お健やかにお過ごし下さい。

また会いましょうね。

#みんな笑顔 #らいぶ游 #ボランティア #ライブステージ #フリースタイル #らいぶゆう #ノーボーダー #一人じゃ無い #みんなちがってみんないい #自分らしさ
#プライナス #JACKS #デビデビバ音楽隊 #あおいひつじ #むらせひなた #sorana #伊六万歳 #淳風会 #アジマカズキ #yo_ne #shu_hei #櫻井大_川村純平 #soundsgood
#萌花 #忍者の日 #ねこのひ #笑顔の力 #再会を誓う

画像に含まれている可能性があるもの:7人、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:6人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:4人、室内
画像に含まれている可能性があるもの:6人、立ってる(複数の人)、室内
画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる、テーブル、室内

アメブロに今回の記事が書かれています。
https://ameblo.jp/re-chan124/entry-12586758566.html

■編集後記
な~るほど、
自分で「分類」をつくって
しまっていた。
飾られた世界ではなく・・・
「自分らしさ」
「その人らしさ」
を感じて過ごせて、
楽しく、同じ時間を
味わっていくという境地に
達したのは、、、
世の中、
「ラベル」、「レッテル」が
貼られている。
これら、見かけに
心が動かされたり、
頼ったりしていては、
実は
コミュニケーションの
本質が
遠のいてしまって
いたのを気づかなかった

というのが、自分もあった。

謙虚に自分や
自分の身の回りを
眺めるのは

常に必要では
ないだろうか?

「傲慢」には気をつけないと
知らず識らず
他人や自分や道を遠ざけてしまう。
孤独になっていく。
頑固になってしまう。

傲慢を常に監視する自分の目の
光を絶やさないように
しなくてはならない。

では、また。


スポンサーリンク

お試し

■農業ルネサンス『自然栽培』編集部

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。