あたりまえの世界_2020_03_27_放送分・・・今回のお客様は「赤嶺養蜂」の赤嶺良雄(あかみねりょうゆう)さんです。

今朝(2020/3/20 7:30~)
も、定時に「ゆめのたね」が

はじまりました。・・・

一般財団法人テネモス国際環境研究会の代表理事
釘本 ひろみ さんの番組です。

[中四国・沖縄チャンネル♪]を選択して下さい。
毎週金曜日 7:30~8:00
https://www.yumenotane.jp/atarimaenosekai

上記のボタンが表示されないときは ↓ 以下をクリック
■□■□■□■□■□■□中四国・沖縄チャンネル
http://yp.yumenotane.jp/chushikoku


コチラは釘本ひろみさんの
アメブロです!
https://ameblo.jp/re-chan124/
Facebookはコチラから
https://www.facebook.com/hiromi.kugimoto

では、
今日は、「赤嶺養蜂」の赤嶺良雄
(あかみねりょうゆう)さんです。
以下、録音を置いときます。
【今回の録音は、前半と後半に電波の
関係でうまく録れてませんでした。すみません】

今回の関連ネット情報を置いときます。
【Facebookより】
釘本 ひろみさんは
赤嶺 良雄さんと一緒にいます。

インターネットラジオ ゆめのたね放送局

私がパーソナリティを
つとめる番組のお知らせです。
「あたりまえの世界」
金曜日朝7時30分〜8時

明日3月27日(金)ゲスト
那覇小禄で養蜂をされている
赤嶺養蜂の赤嶺良雄さんです。

赤嶺さんは、那覇空港から数駅の場所で
養蜂をされています。

もともと理科の先生で、
小学校の校長先生を最後に
退職された後、養蜂をはじめられたそうです。

1月に見学をさせていただいた様子を
Youtube にあげましたので
こちらもごらんください!
赤嶺さんのしゃべり、癒されてしまいます。
・・・
かなぐすくはちみつで有名な
赤嶺養蜂 の赤嶺良雄
(あかみねりょうけいさん)@那覇市小禄 に
お話を伺いました。

2020年1月19日 赤嶺養蜂さん見学 ①
@沖縄県那覇市

⇒はちみつ:赤嶺養蜂

不純物を取り除いただけ! 県産、未精製のミツロウをGET ミツロウクリーム、リップ…あと何作ろうかな? #あかみね養蜂 の#かなぐすくみつろう #かなぐすくはちみつ は売切でした
不純物を取り除いただけ! 県産、
未精製のミツロウをGET ミツロウクリーム、
リップ…あと何作ろうかな?
#あかみね養蜂 の
#かなぐすくみつろう
#かなぐすくはちみつ は売切でした
~ ☆ ~ ☆ ~ ☆~ ☆ ~ ☆ ~ ☆~ ☆ ~

かなぐすくはちみつ「冬蜜」について
12月10日に採蜜した冬?
はちみつです。
春&夏の蜂蜜より濃い色で
よりまろやかな味のする蜂蜜です。
採蜜量が少ないので
多くの方に提供できないのが難点です。
瓶詰めを終えて
ミツバチサミットに参加し、
戻ってからシーリング&ラベル貼り
をしたため案内が遅くなりました。
一応販売準備ができたのですが、
注文の方への対応後の在庫を見て、
案内をしたいと思います。

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆~ ☆ ~ ☆ ~ ☆~ ☆ ~
ミツバチ見学(無料)も
受け付けています。
ご希望日の数日前に連絡いただければ、
日程調整します。メッセージでご連絡ください。

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物
ラジオでそう云えば、赤嶺さんが
話しておられました「天体」・・・
以下、置いときます。
赤嶺 良雄

伊平屋島で星空
2020.3.23と3.24の夜半過ぎの星空です。
今回天候に恵まれず、流れる雲の合間を
狙って撮影しましたが、
上空に薄い雲の層もあったような
写りになっています。
それでも、伊平屋島の星空は
魅力的です。
きっとまた撮りに来なさいといって、
少し意地悪されたのでしょう。
天の川の写っている写真の左側に
明るい星が三つあります。
左から土星、火星、木星です。
たった一晩で火星の位置が変わっています。
この秋には火星の中接近があります。
火星の動きに注目です。

画像に含まれている可能性があるもの:夜、空、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:夜、空
画像に含まれている可能性があるもの:夜、空
画像に含まれている可能性があるもの:夜、空
画像に含まれている可能性があるもの:夜、空、木、屋外
■編集後記
ミツバチの話ですが、、
近年、
アメリカとかでは約4割もの蜂群が
残念ながら消滅してしまったとの
報告がなされています。
詳細:https://research.beeinformed.org/loss-map/
ところで、私の地元の
三陸海岸では、牡蠣の養殖が
行われていますが、
牡蠣にとって、重要なものが
海水なわけです。
じゃぁ、
その海水は、汚染まみれの
海水で良いかと云うと
生き物にとっては、もちろん害。
ほんのチョットの汚染でも
牡蠣には影響が出る。
つまり、牡蠣にとっては新鮮で
栄養のある海水が必要な訳です。
では、その栄養(ミネラル)は
どこから来るのか?
それは
「森」だったのです。
それは、こうゆうことです。
自然の営みの依存関係です。
簡単に言えば
人間⇒牡蠣⇒海の水
⇒山の水
⇒山のブナの木などの腐葉土
⇒雨水
雨がブナとかの森に降り注ぎ
長い年月をかけて
腐葉土のミネラルが
水滴に含まれて、
やがて重力の法則に
従って、低い場所の海に
落ちて海水に含まれて行く。
そのようにして
ミネラル分が多く含んだ
【参考】
多量:https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586565.pdf
微量:https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000586568.pdf
海水となっている訳ですね。
ちなみに、「森は海の恋人」として
牡蠣の養殖業を営んでる漁師の畠山重篤さんの
動画を置いときます。

畠山さんは、NPO法人森は海の恋人 理事長
をなさっています。
ということで、、、わたしから見ると、ミツバチの話の
養蜂の赤嶺さんも同じく
野山に花咲く植物が自然で豊かで
無ければ、ミツバチは、生息出来なく
なるってことです。
この
ミツバチの数が減ってしまう現象に
私は、非常なモノを感じます。
それは、以前の記事でも
載せましたが、
これが犯人であると考えられます。
では、また。

スポンサーリンク
■畠山重篤

■畠山重篤【楽天】
https://books.rakuten.co.jp/search?g=001&pname=%E7%95%A0%E5%B1%B1+%E9%87%8D%E7%AF%A4&l-id=item-c-author-book-01

■ミツバチ飼育種蜂4枚群入門キット

■ミツバチ 養蜂入門

■農業ルネサンス『自然栽培』編集部

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。