オハイオ州ソルトフォーク州立公園で叫ぶ「ビッグフット」

こんにちは、\イッカク です。/

この世には、まだまだ、公に出来ない
映像や物語など、たくさんあると思います。

さて、今回は、

より以下、引用して置きます。

<引用開始>___________

オハイオ州ソルト
フォーク州立公園で
叫ぶ「ビッグフット」

2020年2月14日に 投稿|
タグ: 

“Should we still be here?” he asks,
as the hairy man in the woods shrieks loudly.

I wasn’t going to post about this
Bigfoot video until I saw the moment
at 7:50.
It’s quite possibly the best cryptid
footage I’ve seen this year.
I’m not saying it’s good.
I’m not saying it’s real. I’m just saying.

The video, uploaded to YouTube
by We Do It Outdoors on
February 2, is a bit plodding to
begin with. The narration fills us
in — on January 12, two hikers
captured mysterious footage at
Salt Fork State Park,
east of Columbus,
Ohio. “While we were there,
we heard many strange
noises,” reads the description.

The two hikers were granted
permission to fly their drones
in the area, and with the
use of some GoPros
they captured what they claim
is alleged evidence of a
humanoid creature lurking
somewhere in the park.

Well, the video’s made headlines
in national news outlets
and garnered over 500,000 views,
so it must be worth a look. Right?

The hikers speculate that
what they witnessed may have been
Bigfoot, or perhaps Ohio’s own local
mystery cryptid,
the Ohio Grassman (while similar to Bigfoot,
the Grassman is reported to be a
more aggressive local variety that
enjoys building huts when it’s not out
stalking the Clayton family).

The “highlights” of the video
include strange noises,
a pile of bones, an overhead
shot of multiple dark figures standing
below a tree, and some rather
close footage of someone
walking slowly through the woods.

“It’s the Ohio Grassman,”
one of the hikers whispers to
the other as he films.
“Look at it! It’s not a person!
Look at the hair!
You can see all the hair!”

That scream, though. 7:50.
Listen to it again.
It’s the sound I make when I
step on a Lego,
or hear that Google’s rolling out
a new algorithm update.
A terrible amalgamation of both
anger and agony.
Or perhaps a goat.
If this is Bigfoot, we must tread carefully,
as it’s probably having
a bad day and just wants to be
left alone.

But the search must continue.
On February 9, the channel
uploaded an update on their
escapades within
Salt Fork State Park,
featuring short news
clips highlighting their
footage and information on
possible Bigfoot evidence.

A previous video on the
channel also shows off
their work exploding a giant
pumpkin
 at Salt Fork,
because apparently the
cryptid living thereabouts,
be it the Ohio Grassman or
Bigfoot himself, enjoys the
taste of freshly disintegrated gourds.
It’s a tactic I’ve personally
never seen used in the pursuit
of Bigfoot, so points for effort.

Subscribe to receive posts from
Stranger Dimensions by email
.

<引用終り>___________
■編集後記
一応、機械翻訳を通します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
「私たちはまだここにいる
べきですか?」森の毛むくじゃらの
男が大声で叫ぶと、
彼は尋ねます。
このビッグフットビデオについては、
7:50の瞬間を見るまで
投稿しませんでした。おそらく、
私が今年見た中で最高の
謎めいた映像です。
私はそれが良いと言っている
のではありません。
私はそれが本当だと
言っているのではありません。
言ってるだけ。
2月2日にWe Do It Outdoorsに
よってYouTubeに
アップロードされた
ビデオは、最初は少し
うんざりしています。
ナレーションは私たちを
満たします—
1月12日、2人のハイカーが
オハイオ州コロンバスの東にある
ソルトフォーク州立公園で
神秘的な映像を撮影しました。
「私たちがそこにいる間、
多くの奇妙な音が聞こえました」
と説明を読みます。
2人のハイカーは、
その地域でドローンを飛ばす
許可を与えられ、
GoProを使用して、
公園内のどこかに潜んでいる
人型生物の証拠と
言われるものを捕らえました。
ええ、このビデオは
全国の報道機関で
「作られた見出し」であり、
500,000回以上の
視聴を獲得しているので、
一見の価値があります。
正しい?ハイカーは、
彼らが目撃したのは
ビッグフット、
またはオハイオ州の地元の謎の
謎のオハイオグラスマンであった
かもしれないと推測しています
(ビッグフットに似ていますが、
グラスマンはストーキング
していないときに
小屋を建てることを
楽しむより積極的な地元の品種
であると報告されています
クレイトン家族)。
ビデオの「ハイライト」には、
奇妙なノイズ、骨の山、木の下に
立っている複数の暗い人物の頭上
のショット、および森をゆっくりと
歩いている誰かのかなり近い映像が
含まれます。
「オハイオグラスマンです」
と、ハイカーの1人が他の人に
向かってささやきます。
“それを見ろ!人じゃない!
髪を見て!
あなたはすべての髪を見ることが
できます!」
しかし、その叫び。
7:50。もう一度聞いてください。
レゴに乗ったとき、
またはGoogleが新しい
アルゴリズムの更新を公開していると
聞いたときの音です。
怒りと苦痛の両方のひどい合併。
またはおそらくヤギ。
これがビッグフットである場合、
おそらく悪い一日を過ごしているだけで、
そのままにしておきたいので、
慎重に踏まなければなりません。
ただし、検索を続行する必要があります。
2月9日に、チャンネルはソルトフォーク
州立公園内の彼らの逃避行に
「最新情報」を
アップロードしました。
チャンネルの以前のビデオも、
ソルトフォークで巨大なカボチャを
爆発させた作品を紹介しています。
オハイオグラスマンであれ
ビッグフット自身であれ、
その周りの怪しげな生き物は、
解体したばかりのひょうたんの味を
楽しんでいるからです。
それは私が個人的に
ビッグフットの追跡で
使用されるのを見たことが
ない戦術なので、
努力のポイントです。
・・・・・・・・・・・・
ということでした。
1970年代あたりから
噂されてはいましたが、
結構映像が鮮明なので
リアル感が出ていました。

さて、あなたは
信じるかどうか?

では、また。


スポンサーリンク
■ビッグフット 確認

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。