新型コロナウィルスの感染メカニズムと致死率について

こんにちは、\イッカク です。/

現在も世界的に感染を起こしている
厄介者の「新型コロナウィルス」ですが、
元ネタであるウィルス株の種類が
違っているとか、人工的に作られた
可能性が大きい=バイオテロ
であるとか、その起源証拠は
遺伝子コードの中に示されていた。
ということですが、
いずれにしても、原子や分子レベル
での改変ではなく、そのもう一つ
上の階層レベルでの遺伝子の
ウィルスは体内で通常のRNAの
ようなふりをして、新たなDNA
を作成するときに障害を与えるようです。

そのへんのメカニズムいついては
まずは、基本のコチラを
どうぞ
「セントラルドグマ」のことが
わかりやすく書いてあります!
甲南大学さま、ありがとうございます。

その上で、
コチラをどうぞ。
■新型コロナウイルスの治療薬開発が困難な理由(RNAウイルスの変異)

あっしー先生ありがとうございます。
動画内のコメントも置いときます。
<引用開始>____________
最近の新型コロナウイルス
(COVID-19/2019-nCoV)の流行を受け、
各国の製薬企業にて治療候補薬の治験が
急速に進んでいます。 ――が、
私自身はそう簡単にはこのウイルスの
真の治療薬は現れないだろうと
考えています。それは、
コロナウイルスはRNAウイルスで
あるからです。
RNAウイルスは修復機構を持たない
ため、いとも容易に変異し、
治療薬への耐性を獲得しやすい
からです。 RNAウイルスに対して
極めて有効な治療戦略が実現できた
のはエイズの原因ウイルスである
HIVに対する治療です。
このウイルスに対しては、
複数の薬を同時に投与することにより
耐性株の出現を抑えながら
ウイルスの増殖を抑制します。
コロナウイルスに関しても、
単剤での安直な投与は
変異株の出現を誘発してしまう
かもしれません。
この動画は、生物学を学ぶ
高校生や医療系・生命科学系の
大学生に対して、身近なテーマから
勉強してもらうことを目的としています。
<引用終り>____________
■編集後記
な~るほど、
>単剤での安直な投与は
>変異株の出現を誘発してしまう
>かもしれません
なのですね。
要は「耐性株」が増えないように
しないとダメということ…。
コロナウィルス自体が
RNAということが
厄介なのですね。
なんか、動画内でも
質問したのですが、
______________
アビガンはmRNAからの
DNA複製転写を阻害する
働きで すべての
コロナウィルスから
防御できるような情報を
見たことがありますが、
どうなのでしょうか?
_____________
そこで、ネットを再検索すると・・・
新薬情報オンライン
https://medicalcampus.jp/di/

というところのサイトに

「アビガン
(ファビピラビル)の
作用機序【インフルエンザ】」
とのタイトルがあった。
インフルの場合ではあるけど
新型コロナと感染・増殖の基本的な
メカニズムは同じであれば、、、
以下の概要が参考になります。
<引用開始>____________

<引用終り>____________
そして、アビガン(ファビピラビル)
によるRNAの複製ができないように
なっているようです。

<引用開始>____________

<引用終り>____________

これが、治験によって実績が出れば、

すべての
ウィルスのRNAの複製は出来ないので
画期的な治療薬として実証されることかも
しれません。
詳細はコチラで。
https://medicalcampus.jp/di/archives/111
しかし、先の動画の「あっしー先生」最後に
すごいことおっしゃいましたよ!
それじゃ、「一時的な呼吸不全」さえ
乗り越えれば、重症患者でも
最後には、助かるのですねぇ。。?
でも、矛盾してるような?
というのは、
一時的にでも呼吸不全起こしたら、
耐えられない人にとっては、

とんでもないことです。

さきほど、ニュースが
飛び込んできました・・・
コチラです。
<引用開始>____________

イギリスの死者、
24時間で10人増え倍に 
新型コロナウイルス

  • 2020年03月15日
NHS 111 centre in Scotland

イギリスでは13日から14日にかけての
24時間で、新型コロナウイルスに
感染していた10人が死亡した。
それまで11人だった死者数が21人に増えた。
・・・

<引用終り>____________

やはり、死亡なさる方は
「お年寄り」で、「基礎疾患があった」
という傾向があるようです。
やはり、常々の健康管理が大切である
ことを教えられるのです。
さて、
コチラに、今回の新型コロナについての
重症化しやすい基礎疾患の致死率について
記事を紹介しておきます。
コチラをどうぞ!

焦点は年齢より高血圧や糖尿病などの
基礎疾患へ、図表とともに詳しく解説

焦点は「基礎疾患」でした。
やはり、基礎疾患に至るには、それなりの
生活習慣があったのが原因の多くを
占めるのでは、無いでしょうか?
その日常生活の過ごし方を
見直す時期なのかもしれません。
ちなみに
「生活習慣病」とされるものが
具体的には、
歯周病、高血圧症、脂質異常症、
糖尿病、骨粗しょう症、
痛風、脳疾患、脳梗塞、
肥満、高血圧、脳出血、
心臓疾患、心筋梗塞、
虚血性心疾患、癌、など
結構、耳にする病名ですが、

生活習慣病の予防は

飲酒や喫煙、ストレスなどに注意し
食生活の「早食い」の習慣や
「濃い味付け」「偏食」など
ありますが、一般に注意するのは
1.バランスの良い食事
2.十分な睡眠
3.適度な運動
4.定期的な健診
これらが、常に守られていることで
病気になりにくい
免疫力のある体質になっていると
思います。

またまた、
ニュースですが、今回は
コレで打ち止めます。

コロナウイルスにかかったら飲んではいけない薬:フランスの厚生大臣が発表

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。