【 兵頭正俊の状況の交差点】より:731部隊・感染研・緊急事態宣言より・・・もしかして、第三次世界大戦まで、惹起しようと しています。

こんにちは、\ソウジャ です。/

私も「731部隊」のキーワードが
気になった関連記事を
掲載していました。

新型コロナウイルス(COVID-19)関連記事 :
「日本版CDC」は「731部隊」の復活
http://soujya.net/2020/03/06/post-14023/

では、、兵頭先生の動画を御覧くださいませ。
■731部隊・感染研・緊急事態宣言

■編集後記
さて、
新型コロナウィルスについて
動画では、ウィルスの株が
発出したのが、アリゾナと東京という
ことで、その後に武漢で感染が
発症し広まったというのは、
時系列的な事実で明らかになりました。
だからといって、新型コロナウィルスの
発出の元は、中国ではなく、
アメリカと日本だった!
そのことで、日本の戦前から戦後へ
引き継がれた、疫医学に携わる
医学関係者は731部隊を
引き継いできたとし、
新型コロナウィルスとの因果関係は
濃厚であるとする見方もある。
また、ビルゲイツらが、人口削減計画
に則って、実際にアメリカに
ウィルスを撒き散らした可能性もある。
そして、中国の武漢に撒いた。
とした、流れを第三者が知れば、
中国は「被害者」なのかもしれない。
と、思うであろう。
ところが、アメリカが既に感染していた
と思われる、以前から
中国では、すでに
「新型コロナウィルス」と命名した
防疫軍事作戦のようなことを
していたのです。
まずは、コチラを
「新型コロナウィルス」に ついての
真相を追ってみます。
・・・中国共産党の醜さと腐敗が露見か?

特に注目していただきたいのが
2019年9月26日付の
「湖北日報」(湖北省の新聞)の記事が、
事件の背景を報道していました。
「中国全土から湖北省の空港に
中国人民軍の軍人らが集結し、
生物兵器の軍事演習が行われた」
と伝えている内容です。

それは、
武漢は昨年9月に新しいクラウンウイルスの
シミュレーション演習を行いました。
【ここで、クラウンウィルスと述べているのは
・・・形態が王冠“crown”に似ていることから
ギリシャ語で王冠を意味する“corona”という
名前が付けられた。】
https://www.epochtimes.com/b5/20/2/18/n11876387.htm

武漢去年9月曾就新冠病毒進行模擬演練

2019年9月

大紀元の記者によれば・・・
その後に続く記事を見ますと

   標籤: 

【大紀元2020年02月18日訊】(大紀元記者方曉報導)越來越多的信息顯示,中共對武漢新型冠狀病毒早就知情。去年9月,在武漢舉行「世界軍人運動會」前,在武漢天河機場舉行的應急處置演練活動中,就以實戰形式,模擬機場口岸通道發現1例新型冠狀病毒感染的處置全過程。

第七屆世界軍人運動會(7th CISM Military World Games),簡稱「武漢軍運會」,於2019年10月18日在武漢開幕,賽期10天。來自109個國家的9308名軍人報名參加,是世界軍人運動會歷史上規模最大、參賽人員最多的一次運動會。

2019年9月26日中共湖北政府網報導截圖。(網頁截圖)

2019年9月26日,中共湖北省政府網站引用《湖北日報》的報導稱,除有眾多國家的運動員參加「武漢軍運會」,還有降落傘、警犬、軍用槍枝等特殊物品、器材入境。

報導還稱,9月18日,武漢天河機場軍運會航空口岸專用通道開通測試。當日,武漢海關聯合軍運會執委會在武漢天河機場舉行應急處置演練活動。演練以實戰形式,模擬了機場口岸通道發現1例新型冠狀病毒感染的處置全過程,演練了從流行病學調查、醫學排查、臨時檢疫區域設置、隔離留驗、病例轉送和衛生處理等多個環節。

上述報導引起外界質疑:在2019年9月中共就知道有「新型冠狀病毒」?為什麼當時要進行模擬演練應急處置?

日前,網上流出兩份中共內部文件,一份來自中共海軍工程大學,另一份來自上海市復旦大學附屬公共衛生臨床中心。

中共海軍工程大學警通勤務連1月2日下發的「嚴控外來人員進校的通知」顯示,中共海軍在2019年底就知曉武漢不明防疫疫情,並出台「2019」298號防控文件;而且中部戰區總醫院也已知情。

2019年12月30日,一張武漢市衛健委的內部通知在網絡上流傳,稱武漢出現「不明原因」的肺炎。

12月31日,武漢市衛健委首次通報,稱該市發現27例「病毒性肺炎」確診病例,其中7人病情嚴重。但通報還稱,未發現「明顯人傳人」證據,也未發現醫務人員感染。

2020年1月3日,武漢市衛健委通報稱,共發現不明原因肺炎病例44例,未發現明顯「人傳人」證據。

直到1月8日,中共國家衛健委才聲稱,初步確認「新型冠狀病毒」為此次疫情的病原。

中共不但對國人隱瞞疫情,還抓捕第一時間傳播疫情真相的醫護人員及民眾。而武漢疾控中心、中共衛健委到1月19日還在宣稱,疫情「可防可控」,「不排除有限人傳人的可能」。

今年1月20日,習近平、李克強才首次公開對疫情發話,1月23日武漢封城,但為時已晚,疫情已全面失控,並傳到海外多個國家和地區。

近日中共黨媒刊發的文章顯示,習近平在2月3日召開的中共中央政治局常委會上說,他1月7日就主持召開中央政治局常委會,對新型冠狀病毒肺炎疫情防控工作提出了要求。

但1月7日中共喉舌新華社及人民日報在《中共中央政治局常務委員會召開會議習近平主持》報導中,全文未見習近平「對新型冠狀病毒肺炎疫情防控工作提出了要求」及有關肺炎疫情的內容。

責任編輯:李沐恩 #

Google翻訳を通しますと
・・・【以下に出てくるCCPとは、
Chinese Communist Party=中国共産党です。】
【】内はわたしのコメントです。
<翻訳開始>_______________
更新:2020-02-18 12:37 PMタグ:
新しいクラウンウイルス、CCP早期発見、
緊急処分、武漢軍事ゲーム
[エポックタイムズ、2020年2月18日]
(エポックタイムズの記者、
ファン・シャオによる報告)より
多くの情報は、
CCPが武漢の新しいコロナウイルスを
長く知っていることを示しています。
武漢天河空港で開催された
緊急治療演習中に、
武漢で「世界軍事ゲーム」が開催される前の
昨年9月、
新しいタイプのコロナウイルス感染の症例の
治療プロセス全体が、
空港の港の通路で実際の戦闘モードで
シミュレートされました。

「武漢軍事ゲーム」と呼ばれる
第7回CISMミリタリーワールドゲームは、
2019年10月18日に武漢で開催され、
10日間続きました。
109か国から9,308人の兵士が
参加しました。
これは、世界軍事ゲームの歴史の中で
最大かつ最大の参加者です。

2019年9月26日、
中国政府の湖北省政府のWebサイトが
スクリーンショットを報告しました。
(スクリーンショット)

2019年9月26日に、
中国共産党の湖北省政府のウェブサイトは、
「湖北日報」を引用し、
「武漢軍事ゲーム」に参加している多くの国の
選手に加えて、パラシュート、警察犬、軍用銃、
装備などの特別なアイテムが国内に
入ったと述べました。 。

報告書はまた、
9月18日に武漢天河空港の
軍事港航空港専用通路が試験のために
開かれたと述べました。
同日、武漢税関共同軍事ゲーム実行委員会は、
武漢天河空港で緊急対応訓練を開催しました。
この演習では、空港港の通路で戦闘形式で
発見された新しいタイプの
コロナウイルス感染症のケースを
処理するプロセス全体をシミュレートします。
疫学調査、医療調査、一時検疫エリア設定、
隔離テスト、ケース転送、
および衛生治療から掘り下げました。リンク。

武漢去年9月曾就新冠病毒進行模擬演練

【武漢は昨年9月に新しい
クラウンウイルスの
シミュレーション演習を行いました
と表示しています】

2019年9月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記の報告書は
世界の外で疑問を投げかけています。
CCPは2019年9月に「新しいコロナウイルス」を
知っていましたか?
シミュレーションドリルの緊急対応が
必要だったのはなぜですか?

数日前、
中国共産党の2つの内部文書がオンラインで
公開されました。
1つはCPC海軍工科大学からのもので、
もう1つは上海復旦大学付属の
公衆衛生臨床センターからのものです。

1月2日に中国海軍工科大学の警察通勤サービス
会社によって発行された
「外国人入学の厳格な規制に関する通知」は、
中国海軍が2019年末に武漢の未知の流行状況を
知っており、「2019」298予防および
管理文書を発行したことを示しています。
そして、中央劇場総合病院も
それを知っていました。

2019年12月30日、
武漢市の健康委員会からの
内部通知がインターネット上で流通し、
肺炎の
「原因不明」が武漢で発生したと述べました。

12月31日、
武漢市保健委員会は、
市内で27の「ウイルス性肺炎」の
確定症例が発見され、
そのうち7症例が重篤であることを
初めて報告しました。
しかし、この報告書はまた、
「明らかな人から人への感染」の証拠は
発見されず、
医療スタッフの感染も
発見されなかったと述べています。

2020年1月3日、
武漢市保健委員会は、
合計44件の原因不明の肺炎が発見され、
明らかな「人間対人間」の証拠は
見つからなかったと報告した。

中国共産党の国民健康委員会が、
「新しいコロナウイルス」が最初に
流行の病原体として確認されたと
主張したのは、1月8日まででした。

CCPは、流行を人々から隠すだけでなく、
医療スタッフと流行の真実を初めて
広めた人々を逮捕します。
そして、武漢疾病管理予防センターと
中国共産党の健康委員会は、
1月19日でも
伝染病が「予防可能で制御可能」であり、
「人から人への限られた伝播の可能性」が
排除されない【ある】と発表した。

今年の1月20日、
習近平と李克強は最初に
この流行について
公に話しました。
1月23日、
武漢は都市を閉鎖しましたが、
遅すぎたため、
流行は制御不能で、
多くの海外の国と地域に
広がりました。

中国共産党が発行した
最近の記事は、
習近平が中国共産党中央委員会の
常任委員会で2月3日に
開催したことを示し、
新しいコロナウイルス肺炎の
流行を予防し制御するために
1月7日に
中央委員会の政治局の
常任委員会を管理すると述べた。
リクエストをしました。

しかし、
1月7日の中国共産党の
口頭新華通信社とXi Jinpingが
議長を務める
中国共産党政治局常任委員会の
人民日報の報告では、
全文は習近平の
「新しいコロナウイルスの
エピネモニア【肺炎の一種】の予防と
管理のための要件」を読みませんでした。
コンテンツ。

編集長:Li Muen#

<翻訳終り>_______________
ということです。

結論として、
ウィルスは、中国でも
武漢で新たに研究所で、
発出させたのか、
あるいは、
別ウィルス株が持ち込まれたのか
は、真相はわからないけど、

世界的な秘密結社が
ウラにいて、世界的な
パンデミックを画策している
ことには違いないでしょう。

それは、
イルミナティ13血流を中心とした
連携プレイのパンデミックを
起こしたと云えないか?
と考えます。

彼らのやり口は、正反合で
最初に対決させて、後で
漁夫の利を得るやり方なので
全部、世界各国の
「エライさん」、偽報道関係、偽政府が
こぞって、パンデミックを
引き起こすための役割で
演じているんです。

実際に、多くの人々が
感染や暴動や混乱させられ
やがて、経済が冷え込んで行き
マネーシステムが崩壊し、
食が途絶えた時に
餓死させるようなシナリオでしょう。

第三次世界大戦まで、惹起しようと
しています。

TweetTV JPより
2012/9/19 ウイルスで中国を壊滅させろ!アングロサクソン・ミッションより

プロジェクト・アバロン
プロジェクト・キャメロット
のビル・ライアンによる
2010/02/16収録

2005年6月のフリーメイソンの会議で中国をウィルス攻撃する計画が話されていた!

では、また。


スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。