間違った「集団意識」になってしまった日本人の多くが招いた結果、日本人自身に悪想念が4倍になって返ってきたのです。

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回は、日本人が、洗脳されてしまい
間違った「集団意識」、あるいは
「集合無意識」に変容してしまった。
という話です。

現在、新型コロナウィルス騒ぎで
非常に大変な状況になりつつあります。

原因は、何か

人間自身からくる「想念」が自然を愛でる
ものではなく「自然を破壊する」想念に
満ちてしまったということです。

原因は、それしかありません。

なぜならば、この社会文明を時系列で
過去からの歴史を御覧ください。

必ず、支配者=覇権者が出てきて
その支配者の思う通りの社会や国家が
形成され、しばらくの間、運営されます。
しかし、長くは続かないのです。

覇権争いに勝った、勝者が次の
時代を作り上げる。

といった、
繰り返しが行われてきていました。

少なくとも、第二次大戦まで。

結局、地球上で「国盗り物語」を
し続けています。
今でも、この古臭い価値観で
やろうとしてるのが
習近平率いる中国共産党と思います。

その線の本線は、
戦争がビジネスだとして
偽旗工作をしてまで、
中東を中心に世界の紛争や内戦を
惹起させて
各地の戦利品として、
石油利権や様々な利権を奪ってきたのです。
そして、米ドルが使われ
それが、アメリカに還流させていた
訳です。
アメリカドルによる基軸通貨ですね。
歴史的に、
このようにマネーが
大きく動くことで
ロスチャイルドやロックフェラー
その他の世界金融資本家らが
ここ、数百年来の覇権を
イギリスやアメリカという国を奪い
そして、背乗りして偽装して
国家事態を乗っ取り、今でも
体裁を保っているようです。
日本も同じ流れで、
イルミナティ13血流の李家の
血縁である安倍晋三首相が
長きに渡って、政権を握っており
現在まで至っている訳です。

なぜ、日本も世界も
支配者と被支配者になる社会が
形成されてしまったのか?

そして、庶民の暮らしぶりが
悪くなる一方なのか?

根本が、間違っていたからです

安倍政権が悪い!

とは、多くの国民が嘆いていますが、
本当の「敵」は何?

ロスチャ?
ロックフェラー?
イルミネティとかメーソン?
自民党?
公明党?
カルト宗教団体?
ディープステート?
財務省?
感染研731部隊残党?
ビルゲイツ?
ヒラリー&ビル・クリントン?
オバマ?

そんなものですか?

悪魔は、目に見えません。

神と同じく、姿形は無いです。

ただ、上記の挙げた組織らは
その悪魔原理を使って、
画策しているだけです。

本当の「敵」は

自分の中にある
「想念」の使い方にあったのです。

悪想念を吸収すれば、
悪想念を放ちます。
ですが、その想念が
至る方面へ行き渡って
津波のように
引波で今度は自分に戻って来ます。

4倍の強さで。

多くの地球上の人々が
そうやって生きていたから
現在、4倍の威力で
跳ね返って、来ています。
現象化してるのが
今の「COVID-19」になってきてるのです。

科学というものは
そのように捉えないと
いけません。

私達は、情報の洪水に流されています。
自分自身がまったく無い
かのようです。
あとは、肉体の死を待っている
かのようです。

一部の方々は知ってると
思いますが、そのみなさんの「服」は
強制的に脱がされるかも
しれません、
目覚めていないから。

キーワードは「5G」です。

まちがった情報に流されては
なりません。

それには、最初は、親子であっても
聞いた話を鵜呑みにしない
すぐに信じ込まないでください。
自分自身でいてください。
それは、自分自身を「自由」にする
第一歩です。
だからといって、親に反発しなさい。
と、言ってるのではありません。
日常的に、
自分に入ってきた認識や情報は
どこから来たのか?
ということを考えるようにして、
本当の自分から出た考えを
大事にしなさい。
ということです。

いま、世界的に話題の
「Qアノン」現象ですが

Qの組織から見た視点が
実に有意義であるので
以下、紹介します。

所在:
カノンドロップス
https://www.qmap.pub/
今回の関係する情報は「Q#3038」からです

以下、原語でどうぞ・・・翻訳は各自で!
<引用開始>_______________

The Power of Free Thought
Q
!!mG7VJxZNCI
13 Mar 2019 – 3:55:14 AM

Decide for yourself (be free from outside opinion).
Decide for yourself (be objective in your conclusions).
Decide for yourself (be true in your own beliefs).
Decide for yourself (be open to following the facts).
Decide for yourself (be strong in defending your beliefs).
Decide for yourself (be resistant to blindly accepting fact-less statements).
Decide for yourself (be free)
Those who attack you.
Those who mock you.
Those who cull you.
Those who control you.
Those who label you.
Do they represent you?
Or, do they represent themselves (in some form)?
Mental Enslavement.
The Great Awakening (‘Freedom of Thought’), was designed and created not only as a backchannel to the public (away from the longstanding ‘mind’ control of the corrupt & heavily biased media) to endure future events through transparency and regeneration of individual thought (breaking the chains of ‘group-think’), but, more importantly, aid in the construction of a vehicle (a ‘ship’) that provides the scattered (‘free thinkers’) with a ‘starter’ new social-networking platform which allows for freedom of thought, expression, and patriotism or national pride (the feeling of love, devotion and sense of attachment to a homeland and alliance with other citizens who share the same sentiment).
When ‘non-dogmatic’ information becomes FREE & TRANSPARENT it becomes a threat to those who attempt to control the narrative and/or the stable.
When you are awake, you stand on the outside of the stable (‘group-think’ collective), and have ‘free thought’.
“Free thought” is a philosophical viewpoint which holds that positions regarding truth should be formed on the basis of logic, reason, and empiricism, rather than authority, tradition, revelation, or dogma.
When you are awake, you are able to clearly see.
The choice is yours, and yours alone.
Trust and put faith in yourself.
You are not alone and you are not in the minority.
Difficult truths will soon see the light of day.
WWG1WGA!!!
Q

<引用終り>______________
とにかく
ご自分の目と耳と体験に基づいて
考え方を決めて、
自分で行動を起こすということです。
「他人の目や意見を気にするな!」です。

ただし、他人様に迷惑を掛けるようなことは
本当の「自由」ではありませんから。

今後のQアノンの活動は
「自由」の選択と保護活動という観点から
見逃せません。

ところで、正しい選択は自由につながって
いると思いますから、
多くの人間の間違った選択は、
結局、現在の政治経済を
創ってしまったということにも
考えられるのです。

Qアノンの主張にもかぶる
選択の自由には、選択肢の内容に
騙されないようにする必要が
あるのです。

ご存知ですか?

・人間は、「良いこと」より
「悪いこと」の方が
目につきやすい。
(昔を懐かしみ、過去を美化しがち)

・人間は無意識に
二極化して考えがちである。
(例、富と貧困、正義と悪など。)

・人間はどうしても直線的に
考えてしまう傾向がある。
(「このまま人口が増え続けると、
世界の人口がパンクする」という思い込みなど)

人間には、どうも、上記のような
バイアスが働くしくみを
長い時間をかけて、
支配者層が埋め込んだと思われる
「習慣想念」が存在しますから
これらに

目覚めておくことが必要です。

たとえば、食事は
日に三度するのが良いのでしょうか?

1度しか食べない人が長生きしてる。

朝の太陽の光を目で
食べて、生きている人がいる。

人それぞれの食事回数や方法が
あっても良いという、

これ、事実です。

要するに

選択の基準は「事実」FACTに
基づいて、判断するという
あたりまえの事
だったのかもしれません。

このFACTという意味は
ワタシ的には
ちょっと違ってるんですが
それは、
「証拠」だらけで
その事を証明して、
敵対するモノを
やっつけるみたいなことの
意味ではないと思いますね。

その観点は、別途記事にして
行こうかと思います。

では、また。


スポンサーリンク
■FACTFULNESS(楽天)

■FACTFULNESS(Amazon)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。