【どうなる、中国の動向】#23-3まで更新中!最近の中共動向に詳しい、河添恵子さんの動画まとめ

こんにちは、\ソウジャ です。/

前回のまとめは
【どうなる、中国の動向#19~#22】で
一度、区切りました。
今回の記事から続けて#23~と
なっております。

このプレイリスト
https://www.youtube.com/playlist?list=PL7MaEu9i584c5i6pZVy2-IgOXE64MHnir
からの情報について、

これまでの動画を以下、置いときます。
■河添恵子#23-3★和歌山のIR問題・
背後に蠢く中国組織の正体

■河添恵子#23-2★北海道のIR問題・
中国企業進出の裏には…

■#カジノ #IR利権 #中国人はギャンブル好き
河添恵子#23-1★IRを巡る事件も米中戦争・
カジノ&リゾート利権争いの実態!

□編集後記
チャイナマネーで動く媚中の政治家?
が露見され始まりましたね。やっと!
ところで、トランプの背景に
大きな力として、カジノ王(IR)の
ラスベガス・サンズCEOのアデルソン
が、いるということで、以前から彼は
共和党を支持していたとのことですが、
この人脈系は、ユダヤつながりで、
マフィアを連想してしまいますが、
「ユダヤ人コミュニティ」という
キーワードに突き当たるのです。
大金持ちのユダヤ人たちの多くが
「イスラエルのために尽くす」という
それが寄付された施設なり、
寄贈物なりに勲章みたいに
記録され残されています。。
な~ンと無くトランプの存在が怪しく、
そしてQアノンという組織も疑って
しまう感じに見えてしまいます。
トランプとアデルソンの関係は
コチラの記事をどうぞ↓
ラスベガス・サンズのCEO
「シェルドン・アデルソン」って
どんな人?トランプ大統領との関係は?

どうやら、アデルソンという人物は、
若い頃、苦労して、現在の財を
築いた、いわゆる「ヒーロー」な人
だったようですが、
彼もユダヤの血筋でした。
ユダヤの血筋は金儲けが上手なんですね。
トランプがどうして、
「イスラエルのために尽くす」のか?
その訳は・・・https://honsuki.jp/pickup/576.htmlより
<引用開始>_______________
■アメリカがイスラエルに肩入れするわけ

それにしても、なぜアメリカは
ここまでイスラエルに肩入れするのか。
実は、アメリカの中東外交において、
イスラエル・ロビー
(アメリカの中東政策の
中でイスラエルの
利益を優先させることを
考える圧力団体)
の影響力には
絶大なものがある。

アメリカ国内で
イスラエル・ロビーの活動を
批判すれば、
政治家たちは社会的地位を
脅かされたり、選挙での当選が難しく
なったりする。
したがって、
アメリカの中東政策というものは
イスラエル・ロビーを
無視しては成り立たない。

アメリカのユダヤ人人口は
2015年現在でおよそ716万人、
全体の2.5%ほどにすぎないが、
投票率が高いという特徴を持つ。
それが、ユダヤ人票を政治家たちが
重視することにつながっている。

もちろん、アメリカの
ユダヤ人すべてが、
イスラエルを支持する人
(=シオニスト)であったり、
イスラエル・ロビーに
賛同したりしている
というわけではない。
それでも、ユダヤ系の支持者から
潤沢な資金を得る
イスラエル・ロビーの力は
無視することはできない。

アメリカの
「ニューヨーク・タイムズ」
「ワシントン・ポスト」など主要な
メディアにもユダヤ系の人々が多く、
またワーナーブラザーズなど
ハリウッドの映画産業も
ユダヤ人が興したため、
アメリカの世論形成に大きな
影響力を持つ。
トランプ政権の主要閣僚たちが
親イスラエル的な発言を
繰り返すのも、
そうした背景があるのだ。
<引用終り>_______________
トランプは、
なんら、陰謀論でもなんでも無く
単に、投票率が高い
イスラエル・ロビーの活動
(=シオニスト)に沿った
動きを行っているに
過ぎないのだろうか?
それじゃぁトランプは
シオニストのチェス駒に
なってるってこと?
なんか、
単純に割り切れない何かがある。
しかし、単に
トランプがユダヤ派なのか
と思えば
そうでも無さそうである。
「トランプは反ユダヤ主義だ、
ユダヤ系アメリカ人が反発、
支持率も半減」

トランプの偏狭な
大統領の発言として
受け止めている
在米ユダヤ人グループは、
<引用開始>_______________
・・・
『ユダヤ人は金で動き、イスラエルに忠誠を
尽くしていない』と決めつける卑劣で偏狭な
大統領の発言を、私たちは強く非難する。
・・・
<引用終り>_______________
と云ってたが、つまり
イスラエルとその右派の政策を
支持しない
ユダヤ系アメリカ人にとっては
まったく、迷惑な発言であった。
ということなのでしょう。
だから、
多くのユダヤ系アメリカ人から
トランプは支持されていない
ということですかね。
しかし、
私が、思うに、コレは一種の
トランプの四次元チェスのように思います。
つまり、
これ「Irony」だったりするわけです。
「金で動き、イスラエルに忠誠を
尽くしていない」人たちは
だれあろう、
ウォール街とユダヤ金融資本家たちで
オマエラは、
金で動き、イスラエルに忠誠を
尽くしていない

ということでしょう。
ユダヤ人の中でも、そういった
グローバル新自由主義である
国際金融資本傘下のロビーら
は、ディープステートであり、
米国の一極支配と混乱した
資本流動によって国家や国家間を
無秩序にするため世界経済を混乱させ
新世界秩序をつくりたがってることが
問題なわけです。
なので、そのようにするための
貪欲なまでの利益の追求によって、
オバマ政権まで、
ディープステートが
アメリカ政府の
要職に配されていました。
そのことで、、
アメリカを歪ませる
ディープステートの
経済アナリスト
たちがさりげなく
ポジション・トークを
巧妙に狡猾に
忍び込ませてきました。
そのようにして、結局、
オバマ政権時代まで、
多元的な価値観に立って、
お互いの歴史や文化を
尊重しようとする
「ネーション」
を封鎖し、否定し、
無視した圧力を国際社会に
於いて加えてきたのです。
これは、いうなれば
共産主義左派思想な訳です。

そのやり口の最近の例が

『コロナウィルスによる
殺人テロの恐怖』
によって、これまた、
大きなショックとバイオテロ
によって国家や国家間を
無秩序にするために
世界経済を混乱させ
新世界秩序をつくりたがってる
と読み替えても
通じる、筋書きのようにも
思われるのです。

恐怖や混乱は、経済に
大打撃を与えますので
事象を正しく捉えて、
冷静に、対処して行くのが
国家を救う道に
違いありません。

では、また。


スポンサーリンク
■河添恵子

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。