コロナウィルス:中国共産党は生物化学兵器で米国破壊の計画を立てていた・・・より

こんにちは、\ソウジャ です。/

「大紀元 エポックタイムズ・ジャパン」より

以下、今回のタイトルの動画の
コメントより置きます。

<引用開始>_______________

「中国共産党は、生物兵器が米国を片付けるという目標を達成する上で最も重要な武器であると信じている」。20年前、中国の元国防大臣・遲浩田が極秘のスピーチで恐るべき内容を語っていた。

遲浩田氏の話では、中国共産党の存続と復興には3つの重要な問題がある。
1つ目は、生活空間の問題である。中国の人口はひどく過密であるため、環境が悪化している。
2番目の質問は、共産党は国外に出るように中国の人々を教育しなければならない。
氏の言った意味は新しい土地を征服すること。

つまり、これらの土地を植民地化し、2番目の中国を作るということだ。
これは3番目の重要な問題につながる。それは米国の問題である。

遲浩田氏は警告した。これは衝撃的かもしれない、ロジックは実際には非常に単純だ。それは中国共産党と西側の戦略的利益の間には根本的な対立があるからだ。
米国は、中国共産党が他の国を押収して第2の中国を建設することを決して許しはしない。そのため、米国は中国共産党の計画を阻止するのだ。

この問題に関して、遲浩田氏は次のように説明した。

米国は、我々が新しい生活空間を獲得することを許可するか?

中国の人口はひどく過密であるため生活空間の問題である。環境が悪化しているアメリカ合衆国、カナダ、オーストラリアなどの広大な土地を持つ国のみ、われわれの集団植民地化の条件を満たす。

まず、米国が確固として、私たちを阻止する場合、我々は台湾、ベトナム、インド、さらには日本に何かをするのはとても困難だ。我々はどのくらいのスペースを確保できるだろうか
そんなものは微々たるものだ。アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリアなどの広大な土地を持つ国のみ、われわれの集団植民地化の条件を満たす。

遲浩田氏は言う。私たちは、核兵器を使用し米国と共に死にたいと思うほど愚かではない。多くの人々を殺すことができる非破壊兵器を使用することによってのみ、米国を自分たちに残すことができる。

その答えは生物兵器にある。
<引用終り>_______________
■中国共産党は生物化学兵器で米国破壊の計画を立てていた

■編集後記
ショックですね。
そんなに前から、他国を侵略する
戦略が有ったなんて。
着々と進めていたってことですね。
であれば、ビルゲイツが決めていた
頃は2011年頃かな?

だから、なんとなく
最初に
新自由主義グローバル勢力が
中国共産党より先に
人口削減計画の着手としての
攻撃はまだ、
だったのかも
しれません。
やっぱり、コロナウィルスを
つくったのは中国・武漢という
ことで、その意図は
上記の動画のとおりだった
ということでしょうか。。。

では、また。


スポンサーリンク
■中国国防

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。