コロナウィルス:◇◆宇宙からの歌声◆◇さん**オリンピックに寄せて**より

こんにちは、\ソウジャ です。/

スピリチュアルな世界の方の
ブログ記事から、
今回のコロナウィルスに絡んだ
内容がありましたので、
以下、置いときます。
https://dimension5.exblog.jp/30721425/
<引用開始>_______________

**オリンピックに寄せて**
**オリンピックに寄せて**_c0319737_23080929.jpg
オリンピックから見る今後を考えてみました。

私は子供の時から体育会系の中に
長くいたこともあり
アスリートの人たちの思いが
少しは分かると思っています。

その上で。

今回の感染症は間違いなく

オリンピックに影響するのは
避けられないと思います。

今の段階で効果的な事は

一般的に推奨されている
予防と除染(手洗い消毒)、
それに加え何より免疫力を
上げる事かと思います。
そして自分自身の次元周波数を
上げる事が重要です
(これはコロナに直接意識を
向けて感じ取った事です)

私は現段階、

それほどの危機感を
感じてはいません。
今回のウイルスは
次元ステージの違いによって
存在しない、もしくは
周波数が高くなるほどに
危険性(毒性)が
低下してくると感じています。
例えば次元ステージが3.1の
ステージのウイルスと
3.9のステージのウイルスでは、
似て非なる生物と
みてもいいのかもしれません。

子供たちに

感染が極めて少ない事が
その証明では無いかと
思っています、
今の10代以下の子供たちの
多くが既に高い周波数を
持って生まれて
来ていますので、
子供の持つ免疫力ともに
高い周波数というバリアは
強力なのでしょう。

ただ、仮に
本当に世界を震撼させるほどの
疫病では無いとしても、
日本に向けられる
国際的な目はまったく
違っていると思います。

政治は茶番劇に過ぎない
事は周知のことです。
であるのなら国際政治も
パフォーマンスこそが
意味を持ちます。
「やった振り」であっても
オリンピックよりも

人命が大事だという姿勢を
見せる事の方が、
結果として日本の
信頼を保つ事になるでしょう。

検査を希望する人の

要望に応えない、
感染の不安に
明確に応えられない、
感染国の入国を阻止しない。
こうした面が世界中の目に
さらされています。
(もちろん検査自体の
物理的スピードや
処理能力に限界が
あるのも理由でしょうが)

メディア報道を

抑えようと、
それ以上に早い
SNSの拡散スピードは
インフルエンザの感染を
凌ぐ勢いで世界中の識者の目に
触れているはずです。

既に日本の政府の対応は

感染国より酷いと
言う報道が一部の国で
流れている様でもあります。
感染対策が低レベルの国と
レッテルを張られて
しまったわけです。

今の段階で

既に感染国世界第2位
になってしまている日本、
当然この事実も
国際的に知れ渡っている
筈です。
しかも健康とスポーツは
切っても切り離せない
相関関係にあります。

早々に発症国の

入国自体を拒否している
国も複数存在しています。
その対応を
行なっている国々が
感染国世界第2位の日本に
自国の大切な選手たちを
向かわせるでしょうか?

また欧米の人々にとっては

日本も中国も地理的理解として
「東アジア」として一括りの筈です。
今回の感染症が
観光客の頭にある以上、
そのリスクも
それこそ単なる「日本への観光」
とは大きく違って
来るでしょう。

そして

当の選手たち自身が
個人として
オリンピックへの参加を
拒否したり敬遠したりする
事は十分にあり得る様に
思うのです。
国際的な目を侮る事の
代償は決して小さくない
と感じています。

それでも

私はアスリートたちだけは
信じたいと思います。

彼らには小賢しい

国際政治などどうでも
いい筈です。
選手たちは
「オリンピックなんか
しなくてもいい」と言う
一部の意見の矢面に
立たされ、
しかもその否定的な言葉を
彼らが知らないはずは
ありません。

それを思うと

「国家の威信」などと言う
つまらない言葉など
打っちゃって、
例えオリンピックの開催が
危ぶまれる事があろうと
自分を信じ鍛えて来た
彼らの思いを踏みにじる
事だけはない様に
願いたいのです。

世界の崩壊や混乱を

決して望みません。
人類の善なる魂を信じます。

ただ私は国が国際的な

信用をなくして行く事も、
ある意味未来を感じるのです。

国際社会と言う檜舞台は、

今までの三次元世界の
価値感で成り立っている
経済最優先世界です。
その世界標準の中で
「国際的な価値を認められる
とはどういう事なのか?」
と思うのです。

今すぐにでも

根性入れた
施策を行わなければ
相手にされない
国として国際社会から
凋落して行く。
でも日本と言う国が
今後高次元に進むので
あれば、
むしろ三次元的な
価値観に支えられる
国際的な信用など
不要と思うのです。

次の次元は、

今までの価値観が
180度変わる事でしょう。
今まで疑う事なく
スタンダードとして
来た常識や知識、
教育や宗教も
下手をすると
ドンデン返しになる
可能性もあります。

“かつて”

GDP世界第2位だったが
転落して行く日本。
(既に昨年10−12月期の
GDPの更なる大きな
下落が確定しています)
国際的な信用を
なくして行く日本。

不誠実によって

国家が信用されなくなる
のは、日本人の私としても
とても残念に思います。
しかし
今までの価値観から
離れるためには
国際的評価から
突き放されて行く事も
意味があるのではと思うのです。

国を動かす

人達の中には、
次元変化の途上で
「道化・ヒール役・反面教師」
と言う重要な光の使命を
担っている人もいるのかも
しれないと感じています。
また本人は
それに気が付かずに
「魂の約束」を
果たそうとしている人も
いるのかも知れません。

肉体の自分は

それを知らず、
その人のハイヤーセルフ
だけが真実を知っている
・・・そしてその事実を
生涯誰も知る事はない。

国際信用度を落とし、

誰にも相手にされない
静かな国となってから
新しい国作りへの
道に進むのではないか。
ほんの少しですが
そんな事も思うのです。

穿ち過ぎでしょうかね・・・
―――――――――

<引用終り>_______________
以上ですが、あなたは
どう思われましたか?
私は、この方の述べてる通り、
地球上における三次元的価値観から
離れるためには・・・という
地上の牢獄からの解放が
近づいているようにも思います。
それは、
私は、「IS-BE」(人間)を
意識して生きることです。

私達は意識で、肉体である
肢体と頭脳を運転しています。

では、また。


スポンサーリンク
■ラムサ ホワイトブック

■テネモス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。