【悲しみ→憤り→覚醒】「私は立ち上がって声を上げる! 武漢市民の叫び」より

こんにちは、\ソウジャ です。/

武漢の市民もやはり、ひどくなってる様子です。
何が酷いか?

生活の不自由さに困窮です。

中国共産党による人権蹂躙ですね。

コチラの動画がそうですが
なんとなく、今の日本の
政権と似ているように感じます。
おばさんの喋ってる内容からして
「不自由な息詰まり」で
もう、破れかぶれになるくらい
世界へ通じるネットへ情報拡散したのです。
警察にしょっぴかれて、
投獄され、リンチデで殺られることを
決死の覚悟で、訴えています!

■私は立ち上がって声を上げる! 武漢市民の叫び【悲しみ→憤り→覚醒】

も一度、大事なところの画像を置いときます。


■編集後記
現在の政権のままでは、必ずや
武漢の市民のような二の舞に
なってしまいます。
もっと、国民は政府を監視し
「市民の自由が奪われている」
ことに対して、断固「NO」を
突きつける必要がある。
特に
1.経済面での不誠実
⇒財政出動せずに、世の中の
 経世済民が、これっぽっちも
 なされず、完全疲弊を
 政府は待っているようだ。
⇒給食費も支払えないような
 家庭が増えている
⇒その日暮らしさえもできない
 子供にご飯を食べさせられない
⇒学費のローン地獄で
 学生やその大人たちに重く
 のしかかる借金
2.有事対策への遅延
⇒これまでの地震・台風などの
 震災へ対する政府の動きは
 信じられないくらい関心が無く
 国民の声があって、始めて
 動き出すような姿勢で
 国民は大変なダメージを受けた。
⇒今回のコロナウィルスに対する
 対応や対策も然り。
挙たらきりがない!
政府まるごと、パラダイムチェンジ
にしないといけない
時代に入った。

もたもたしてると
国民が、殺される。

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。