【武漢の新型ウィルス】鳴霞(めいか)氏の現地情報:中国共産党の実験室から漏れた「生物化学兵器」・・・現在、潜伏期間は42日くらいに伸びて、毒性も強くなってるようです。・・・日本への渡航は完全停止にしてほしいです!!! 危ない!

こんにちは、\ソウジャ です。/

コロナウィルスの感染者の死亡者の
死体焼却が大変多くて
その処理も飽和状態にきており

各地の人たちは
限界に来ている様子です。

中国共産党の
「ひとを人として扱わず」
モノとして扱っていることが
分かりました。

まさに悪魔思想で
人々を蹂躙し続ける存在です。

今は、申し訳ないですが

日本の領土には、入ってほしくは
無いですね。

■武漢の新型ウィルスは中国共産党の実験室から漏れた「生物化学兵器」

■編集後記
鳴霞(めいか)氏は、
「月刊中国」という
チャンネルを持って、
割と人気があります。
たどたどしい北京語訛りの
日本語は聞きづらい
内容でもありますが、
彼女の経歴として
元中国共産党員、であり
共産党が、どれだけ
悪の組織で
ぬくもりのない
恐ろしい組織であることを知り
脱党したのでしょう。
それで、
日本に帰化して、
ジャーナリスト。
ということになっている、、、、
彼女は瀋陽市生まれの
旧・満州出身と
いうことで、
親日家のようです。

最近、習近平が顔を公に
出してなかった理由が
語られていましたね。

中国内部は、内紛・反乱・闘争で
乱れているところですね。

とても、日本に国賓で来られるような
状況と立場では
無くなったということです。

その点は、良かったです。

それにしても
死者を入れるビニール袋を100万枚
の注文が有ったということは、
今後200万人は、死体が出る
人間の野焼き処理状態
ということです。
中国の各地区では自己封鎖
するのは当然でしょう。。
危険なウィルスによって、警戒し
共産党中央政府に対する
不満と疑念は益々募ってきます。
そして
各都市地区で語源もわからずに
意思疎通ができずに
イザコザが発生し混乱と暴力が
発生します。

恐ろしい中共です。

仕掛けた白人のディープステートは
そこを狙っていたのだと
思われます。

中国共産党と日本の親中派は
甘く見ないほうが良いと
思います。

■スパイ天国日本が危ない!中国工作員の実態とは?(鳴霞×釈量子)

では、また。


スポンサーリンク
■鳴霞

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。