武漢の新型ウィルスは中国共産党の研究室から漏れた「生物化学兵器」、加えて、武漢・深センは経済・疲弊し、チャイナ・マネーは危ない!?

こんにちは、\ソウジャ です。/

コロナウィルスの感染者の死亡者数が
公表の数より、2桁くらい違うようです!

現代は、いくら、情報統制して、
たとえ、政府の武力による
殺人の脅迫があっても
いたるところから
漏れてくる情報は、
隠せませんから
基本的に、火のないところに
煙は立たないのです。。。

武漢だけで3万人を超えてるそうです。
死体火葬場の情報から上がってきました。。。

■武漢の新型ウィルスは中国共産党の研究室から漏れた「生物化学兵器」16

■編集後記
鳴霞(めいか)氏は、「月刊中国」という
チャンネルを持っている。
登録者数 1.29万人と割と人気なのです。
ただ、彼女の経歴をみると
元中国共産党員、であり
元・近畿福祉大学中国語課講師。
ということで、
日本に帰化して、
ジャーナリスト。
ということになっている、、、、
疑いたくなるのが、
実はスパイ工作員ではないのか?
と、穿ってしまします。
彼女は瀋陽市生まれの旧・満州出身と
いうことで、実は親日家のようです。
今回の武漢の火葬場が
9箇所設備が故障しているくらい
フル稼働してるようです。
おまけに、さすが中国人と思うしか
ない状況として、
救援物資をなんと警察が横領し略奪
するとか、
香港経由でスパイ防止法が無い日本にも
脱か?
とにかく、1982年頃からの
1000人計画に日本人が騙されて
貢献してきましたから
馬鹿正直で日本人の技術が盗まれて
乗っ取られています。
今回のコロナウィルスにかこつけて
日本の土地に大量難民として
移民するチャンスを
「日中友好」で
侵略されてしまいます。

中国共産党を甘く見ないほうが良いと
思います。
■スパイ天国日本が危ない!中国工作員の実態とは?(鳴霞×釈量子)

では、また。


スポンサーリンク
■鳴霞

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。