米国防総省は、「ネットスリング ドローンハンター」が防空対策を強化

こんにちは、\ソウジャ です。/

今回は、スプートニクからの情報です。

Net-Slinging Drone Hunters
(和訳:ネットスリングドローンハンター)

見慣れないキーワードです。
この「Slinging」とは”玉掛ける”ような
そもそもの意味だと思いますが、
この場合、捕獲のようです。

まるで、「投げ網」です。
https://youtu.be/O4NGcGSyxN0?t=47

では、スプートニクより
<引用開始>_______________

米軍を強化するために営利企業を
利用する米国国防総省の部門である国防
イノベーションユニット(DIU)は、
ネット武装のドローン狩猟システムを
Fortem Technologiesと
契約したことを今週明らかにしました。

ユタ州に本社を置く同社は、契約が月曜日に確認
付与されていた、と米国防総省当局者は、
特にそのTrueViewのレーダーに加えて、
同社のスカイドーム、
DroneHunterとDroneHangarシステムを
購入していたという。

「各Fortemソリューションは
オープンアーキテクチャであり、
既存のシステムと統合するように
カスタマイズされるように
設計されており、
地形や環境の変数、
ユニークでダイナミックな
エンゲージメントルール、
セキュリティ脅威の
エスカレーションプロセスなどの
困難な要件に対処します」

「ユニフォームを着た
国の男性と女性に対する
ドローン攻撃が増加しています。
Fortemには、地域社会に
悪影響を与えることなく
軍事基地を保護するのに
役立つ多くの技術があります。」

Defense Oneは、契約
主にFortem Technologiesの
SkyDomeアンチドローンシステムに
対して発行されたと報告しています。
「DroneHuntersと呼ばれる
ネット武装ドローンと
TrueViewと呼ばれる
レーダーシステムを
組み合わせています。」

この技術会社は、この製品を
世界で最も優れた究極の
C-UAS(対人無人航空機システム)
インターセプター
」と説明し、
この革新的なシステムが安全な雰囲気を
維持しながら危険または疑わしいドローンを
停止およびインターセプトできる
ことをさらに説明しています。

「DroneHunterは、
ヘリコプターやその他の地上での
抑止力に対して高すぎたり
速すぎたりする不正ドローンを
追跡して捕捉することができます」
と同社のWebサイトは読みます。
「ネットテザーにより、
フォレンジックと安全な
ペイロードの廃棄のために、
指定された場所への自律的な
牽引が可能になります。」

2019年11月に
Fortem Technologiesが以前にリリースした
映像は、SkyDomeシステムと
統合された製品が、単一または複数の
敵ドローンが制限空域に入る瞬間を
即座に検出する方法を示しています。

システムはドローンを自動的に展開する
ことができますが、当局は、
航空機を追跡するか
追跡を完全に中止することができる
一人の人間のオペレーターによって
監視されていることを示しています。

Fortem Technologiesの
最高技術責任者兼共同設立者である
アダム・ロバートソンは、
DroneHunterは数百メートル離れた
ターゲットに狙いを定めることができる
とDefense Oneに語りました。
DIUは価値があります。

この契約は、米軍と米国政府が、
商業用ドローンが管制空域に入るという
現在進行中の問題の解決を
繰り返し試みたために生まれました。
ごく最近、米国連邦航空局は、制限された
空域のリストに12の軍事施設を追加しました

<引用終り>_______________
■編集後記
ふむ~~~って感じですよ。
アメリカのトランプ大統領指示で
米軍が「テロの首謀者」とした、
イラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ
司令官を攻撃・殺害したことで、
今度は、自国でも、逆に殺られる危険性を
感じたのか、このような緻密な
防空対策を施したように思います。

もしかして、ウラにはQアノンが
入れ知恵して、、、?

では、また。


スポンサーリンク
■Fortem

■楽天(Fortem)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。