「IR誘致厳しい」3300億円の過大投資を懸念・・・宮城県が調査報告書案を公表!?【博打産業は未来を豊かにするのか?】

こんにちは、\ソウジャ です。/

「IR誘致厳しい」?
はぁあ?

宮城県が、そもそもこのような
時代遅れの
馬鹿げた検討をしていたなんて!

地元紙(河北新報)によれば、
『 宮城県は21日、カジノを含む
統合型リゾート施設(IR)誘致の
可能性を探る調査報告書案を公表した。
全体整備費を約3300億円と試算し、
投資額の回収に20~46年かかる
「過大投資」を懸念。
鈴木秀人経済商工観光部長は
「IR導入の可能性は厳しい
と受け止めざるを得ない」との
認識を示した。

同日あった
県議会経済商工観光委員会で
示した。
報告書案は2025年開業、
仙台空港周辺での立地を想定。
5年後の年間利用者が
285万~539万人に
達すると予測した。
経済波及効果は施設整備で
5100億円、
開業後の施設運営や
周遊観光客の増加で
少なくとも
年間1500億円超と見込んだ。

海外の事例との比較では
採算性を課題に挙げた。
ホテルや国際会議場、
カジノ施設の整備費を
回収する期間が
10年以内の海外と
比べて長期にわたる。
開業後の改修費に加え、
ギャンブル依存症などへの
対策も求められ、
関連事業費は
さらに膨らむとした。

県は19年度一般会計
当初予算でIR導入可能性
調査を事業化した。
年度内に報告書を
取りまとめ、国の検討状況を
踏まえながら、
IR誘致の可否を判断する見通し。

鈴木部長は
「県民にとってIRが
必要かどうか客観的に
情報をまとめた。
報告書を基に地元関係者らに
説明していく」と話した。』

■編集後記
ここ宮城県は、ラスベガスでは無い!
ふざけるのもいい加減にしてほしいです。

震災後も完全復興しているわけでもない

そんな状況にあって、
この東北の拠点を「まともな」復興を
行おうとしている多くの庶民に
とって
「百害あって一利なし」である。

今、東北にとって必要なのは、
「時間と労力」を使って
災害後の復旧と復興ではないのか?
と思うのであります。

ギャンブル設営に公金を使う余裕があるなら

地元の将来を担う若者である高校生や大学生の学費を何とかせよ!
と云いたい。。。

福山氏にならってほしいものである。
画像
とか

画像
とかさぁああああ~

オマエラ地元議員は、
未来の地方自治運営戦略を
どう考えとんのか?
と云いたい。。。

福山さんみたいに、庶民(市民)のことを考えないようだったら
宮城県も仙台市のすべての議員を
辞めていただきますから

覚悟しといてください。

時代は、かならず、近い将来
大西つねき氏のような
「愛と自由」を重視する
政治になってますから。

■日本にカジノは必要か みんなが成長の過程

カネカネカネ・・・どうしちゃったの日本っていう
感じですよ。

多分、生活苦しいから、一攫千金の夢も
いいかもなんて、馬鹿な思いを抱いてる人は
実際、生活がさらに苦しくなって、
ギャンブル依存症になって
挙げ句に病気とか
気が狂って、自殺するんです。

おわかりですか?

現在まで、日本人をターゲットに
共産主義・左派思想は
「日本人を狙った殲滅作戦」
を400年くらい前から
計画して、着々と実行しています。

組織的に活動しています。
1600年代の日本人は、賢く知恵と胆力も有って
宣教は受け入れ難く、弾いていましたが、
やがて
江戸時代、明治、大正、昭和、平成と
時代の流れとともに
日本人は気力を削がれ、
だらしない民族となってしまいました。

なぜだと思いますか?

「エゴ」です。
エゴに目覚めさせられたのです。
エゴの魅力にとり憑かれたのです。
エゴの合理性と知識に洗脳されたのです。

今や堕落の一途をたどっているようでなりません。

それを
リセットするのは

1.皆さん庶民(市民)の愛と自由を求める意識です。
2.その上で、れいわ新選組のような「庶民に寄り添う」政治を行う政党を支持することです。
3.「愛と自由」が恒常的に浸透するような教育を行うことです。

以上、では、また。


スポンサーリンク
■れいわ新選組

■山本太郎

■大西つねき

■神との対話

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。