あたりまえの世界_2020_01_24_放送分・・・今回のお客様:プライス琴子(ことね)さんです。

今朝(2020/1/24/7:30~)
も、定時に「ゆめのたね」が

はじまりました。・・・

一般財団法人テネモス国際環境研究会の代表理事
釘本 ひろみ さんの番組です。

[中四国・沖縄チャンネル♪]を選択して下さい。
毎週金曜日 7:30~8:00
https://www.yumenotane.jp/atarimaenosekai


コチラは釘本ひろみさんの
アメブロです!
https://ameblo.jp/re-chan124/
Facebookはコチラから
https://www.facebook.com/hiromi.kugimoto

では、
今日の音声が録れましたので
置いときます。

さてさて、「プライス琴子」さんを検索したら
以下の情報が、ヒットしました。
<引用開始>_______________
FM NAHA より

http://www.fmnaha.jp/guest/?id=560

<

div class=”pic-area”>

プライス琴子
 プライス琴子

ティダノワスタッフ イネイト整体 お母さん

PROFILE

3月11日をきっかけに沖縄へ移住。
整体を営みながら沖縄での人のつながれ、自分に今できること、
どう家族の愛を育みながらそれを広げていかれるのかを模索中!世界まで!
今回関わったティダノワ。友人達と共に思いを祭に!で動いています。
壁もなく、批判もなく、たたかわない、太陽のわ!ひろげていきたいです。
皆さん、どこかで出会いましょう!
<引用終り>_______________
なるほど、様々に
人生の体験をなさったんですんね。
それで、たどりついたのが
「へそ」だった・・・

<引用開始>_______________

<

div class=”txt-area”>

アースデイやんばる

より・・・
https://earthdayyanbaru.ti-da.net/e8562815.html

〜〜〜へそ道トーク(プライス琴子)〜〜〜

地球という星に生かされている私たちの使命はなんでしょうか。
過去を癒し、未来を描き、今も以前も沢山の方が祈り、行動し、生きているのだと思います。
その祈りの先がどれほど一つに合わさっているのか、行動はどこへ向かっているのか、私は何かを、誰かを、責め裁いてはいないだろうか。
「そのままのあなたで大丈夫」
「ありのままの私を生きる」
と、言葉にするのは簡単だけれど、
そのまま、ありのまま、ということを考えるとき、私が採用した様々なモノサシに出会いました。
いい事、悪いこと、正しいこと、間違ったこと、いつまでも2つに分けた世界のままで、いつになったら平和と調和が訪れるのか、ずっとわからずにきました。
わたしという存在は何をしにこの地球にやってきたのか、そのことを感じるようになってから、先人の生き方や師と出会わせて頂きながら、日常の中にだんだんと「ひとつのこと」が見え始めました。
映画から感じたこと、未来に想うこと、皆さんとシェアしたいことがあります。
「やんばるアースデイ」というこの日に、場を頂きとても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

・・・
Price 琴子 (ぷらいす ことね)

幼い頃から読書好き。
本と音楽、ジャーナリストから日本のカウンターカルチャー先人まで、様々な国籍やボーダレスな価値観を持つ大人の中で育つ。
ラジオ番組、モデル、CDデビューやTV番組の司会などを仕事としながら好き勝手な10代20代を過ごす。東洋医学、自然農法、マクロビオティック、菜食、スピリチュアリズムに触れながら沢山の疑問が生まれていく。
その後タイ式ヨガ講師、会社員、整体師、などなどを経ての今。子育て中の沖縄在住6年目。
全ての疑問がストンと落ち、今最高に面白いと感じている「へそ道」に関連したあれこれを活動しながら、探求中。感じながら伝える日々。
誰かを、何かを、自分を、
攻め裁く世界はもう終わりにしたい。
・・・
<引用終り>_______________
ある意味、御苦労なさって、タマシイの修行を
なさって、とうとう見つけられましたね
「へそ」への到達。
https://www.facebook.com/kakakotone

■編集後記
Price 琴子さん、現在スッキリなさった
「悟りを得た」ように素敵な、お顔が写真でも
拝見できます。

もちろん、釘本さんも
日増しに、テネモスの顔になって、様になって
るように思います。

お二人とも、明日の日本を
夢のある「たね」を咲かせていただきますよう!
お願いいたします。。。

では、また。


スポンサーリンク

■テネモス法を

■レゲエジャパン スプラッシュ

■教育カウンセラーの私が不登校のわが子を救った たった一つの方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。