本日の注目ワード:「オーストラリア火事」・・・ハワイ休暇の首相に批判(有事の際のどこかの首相とそっくり)

こんにちは、\ソウジャ です。/

2020/01/08/01:01時点での
注目されているワードの中で:

「オーストラリア火事」

に関する記事を紹介します。
どうぞ、各記事をどうぞ!

オーストラリアの森林火災は、
この地球の未来を“予言”している

オーストラリアで続く大規模な森林火災の被害が止まらない。多数の死者が出ているのみならず、巨大な煙の雲が東海岸沿いの大都市を襲い、数百万人が深刻な呼吸器系疾患の危険に晒されている。温暖化が引き金となった大規模火災が北半球でも南半球でも起こり始めているいま、地球全体への影響を防ぐことが喫緊の課題になりつつある。

AAP IMAGE/DEAN LEWINS/AFLO

この地球上の人類にどんな恐ろしい未来が待っているのかを知りたければ、
オーストラリアに目を向けるといい。
https://wired.jp/2020/01/07/australia-is-blazing-into-the-pyrocene-the-age-of-fire/

■数カ月にわたり
オーストラリアで続く
山火事の凄まじい被害の記録、
なぜこれほどまでに壊滅的な
被害をもたらしているのか?

by matthew abbott

オーストラリアでは2019年9月ごろから南東部を中心とした大規模な森林火災が続いており、2020年1月5日時点で犠牲者の数が23人に上っているほか、1500棟を超える住宅が全焼しています。山火事による被害がどのようなものなのか、一体なぜこれほどまでに山火事が深刻化しているのかについて、さまざまなメディアが報じています。

オーストラリアでは2019年9月以降、各地で高温と乾燥による森林火災が続いており、特に南東部のニューサウスウェールズ州ビクトリア州では深刻な被害が出ています。ニューサウスウェールズ州のシドニー南西部にあるバルモラルという人口400人ほどの集落では、12月下旬の火災によって集落一つがほぼ焼き尽くされる被害が出ているとのこと。

既に多くの人々が森林火災の影響で避難を余儀なくされており、大みそかである12月31日にも数千人もの人々が海辺に避難したことが報じられました。ニューサウスウェールズ州は1月2日に1週間の非常事態宣言を発令。これは一連の森林火災による3回目の非常事態宣言です。

https://gigazine.net/news/20200106-ustralia-devastating-wildfires/

■オーストラリアの人々に
「年末年始」は無かった。
今も続く山火事被害の現状

オーストラリアで続く激しい山火事により、これまでに約5万平方キロメートル以上の土地が燃えた。少なくとも17人が死亡し、数百万匹の動物が死亡している。

2019年から2020年にかけてオーストラリア全体に広がり続けている激しい山火事は、衰える兆候をまったく見せない。オーストラリアの歴史上、最大の被害をもたらしている。住人たちは避難を余儀なくされ、多くの高速道路も閉鎖された。
8月に山火事が始まって以来、少なくとも17人が死亡し、約19,300平方マイル(約5万平方キロメートル)の土地が焼かれ、数百万匹もの動物が死亡している。
山火事の近くの町や都市では、不気味で有毒な雲煙が住人の健康を脅かしている。屋外では換気マスクの着用が欠かせない。
https://www.buzzfeed.com/jp/gabrielsanchez/photos-deadly-bushfires-australia-1

■500万ヘクタールが焼失し、
8千頭のコアラも犠牲に
オーストラリア

オーストラリア南東部からニュージーランドに流れる山火事の煙 (出典元:NASA)

年を越し、なおも山火事の被害が深刻化しているオーストラリア。その焼失面積が500万ヘクタール以上にも及んでいるようです。これは九州と四国を合わせた面積にほぼ相当し、昨年の南米アマゾンの森林火災のおよそ5倍に匹敵します。

これまでのところ23人が死亡、1,500軒以上の建物が焼けたと伝えられています。

動物への犠牲も甚大なものとなっています。ニューサウスウェールズ州のミッドノースコーストと呼ばれるエリアでは、その地域の全コアラの30%に当たる、8,000頭が焼死した可能性があるようです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20200106-00157771/

豪山火事、集落が
「ほとんどなくなった」場所も
ハワイ休暇の首相に批判

  • 2019年12月23日
A fireman fights a bushfire to protect a property in Balmoral, 150 kilometres southwest of SydneyImage copyrightAFP
Image captionシドニー南西部にある人口400人ほどのバルモラルは、森林火災の大きな被害を受けた

長期的な森林火災に見舞われているオーストラリアで、住宅地への被害が拡大している。ニューサウスウェールズ州の知事は22日、「壊滅的な」火災によってひとつの集落がほどんと焼き尽くされてしまったと語った。こうした中、22日まで米ハワイでクリスマス休暇を過ごしていた同国のスコット・モリソン首相が、大きな批判を浴びた。

ニューサウスウェールズ州のグラディス・ベレジクリアン知事によると、シドニー南西部にある人口400人ほどのバルモラルは「ほとんど何も残っていない」という。同州では19日、2度目の非常事態宣言が出されている。
https://www.bbc.com/japanese/50889125

■編集後記
しかし、思うのですが、
去年の8月に山火事が
始まって以来、
オーストラリア政府は
本腰を入れずに、
徹底的に鎮火させずに、
放置したような
格好になっている。
原因は、深刻な干ばつによる
乾燥で火災が悪化しており、
同国の気候政策に対する
批判が起きているようです。
そのような中、
日本の総理を真似たように
こうした状況で、
海外で休暇を取っている
スコット・モリソン
首相に対しても、
ネット上で、怒りの
声が上がっているようです。

地元メディアによると、
モリソン首相は家族と
ハワイに滞在しており、
同首相の自宅前では昨年19日、
約500人が集まり、
気候政策に取り組むよう
抗議したそうです。
さすがに、
モリソン首相は20日朝、
声明を発表し、
「このような時に
私が家族と国を離れたことで、
悲惨な山火事の被害を
受けた多くのオーストラリア
国民の気分を害したことを
深く後悔している」
と謝罪。
当初の予定より早く
帰国したのかな?
安倍晋三さんだったら
どんな言い訳をしたのかな?

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。