【チャンネル桜】より・・・なぜ習近平を国賓で招いてはいけないのか?

こんにちは、\ソウジャ です。/

見方によっては、日本国家は、世界各国から「バカ国家」
扱いにされるか、否かの試験の日がやってきます。
なぜでしょうか?

というのが、今回のテーマ

おわかりの方は、耳にタコだと
思いますが、こちらの動画で
認識をお持ちいただくと
どれだけ、日本国家が国民国家として
大きな岐路に立っているか?という
問いかけがなされているからです。

では、動画をどうぞ
■【日中首脳会談】なぜ習近平を国賓で招いてはいけないのか?[R1/12/24]



■編集後記
今度は、動画に出ていたイメージフリップを
置いときます。
・なぜ、習近平が日本に「国賓」扱いで
 招き入れるのか? だれが、そう決めた?
  もちろん、安倍晋三さん。
と、表向きはそうですが、
ディープステートが決めたのに相違ない!
どうせ、晋三ちゃんは、彼らのわん公。

・中国人は羽振りが急に良くなって、良く
数年前は、団体で押し寄せては、
高価な電化製品を、大声出して
買っていたなぁ・・・うすせぇ奴ら!

・実はそんな豊かさは、縁の下で
悲惨なる犠牲の上でアクラを書いていた
のが共産党幹部だったのですよ。
そいつの家族や仲間が、日本に来ては
様々な買い物をして行きやがった!
中には、日本の土地を買い占めたやつも・・・

・今話題の香港での犠牲者数を見てくれ!

・日本のメディアでちょこっと報道された?
されてないようね!
まさか、収容所送りで、帰らぬ人に
なってるってこと知ってましたか?
捕まった香港人は、恐ろしいキーワード
「改造」される?

・こんな非人道的なことを
公然とやらせている国家主席。

・天安門事件と重なってきます。
以前から、ウィグル人への迫害と
殺害が続けられています。
胸腺連行した後、帰らぬ人になっています。

・数字見てビックリ!
数十万でさえ驚きなのに、いつの間に
こんなに収容?
どこかの情報によれば、食事も
出さないとか?
それこそ、餓死してしまいます。
しかし、餓死させる前に、
殺害して、臓器を抜き取る工程に
流しているそうです。
だから、順番待ちで、臓器提供のために
殺されていく・・・まるで、あのアウシュビッツを
思い出される方も多いかと・・・

・宗教弾圧も平気で殺ってます。



・中国共産党は、現代の悪魔の現象化です。
ナチスと同じになってる、イメージが
大衆に訴えられています。


・ここが、悪の「肝」ですよ。
罪のない、小さな子どもを連行して
収容所送りで、そこで、何が行われると
思いますか?
わたしは、カトリックの罪深き司祭が
行うのと同じように儀式して
命を奪った後に、もれなく
鮮血が飲み干され、残りの遺体は
生暖かいうちに、各臓器が摘出センターに
送り込まれるという流れでしょう。


・そんなことを国家レベルでやっている
そんな極悪非道な国家の主席を
国賓でお呼びになるんですか?


・それと、以前から、日本の領土を侵食
してきた状況は、日本を「舐めてる」
としか思えないのです。


・とにかく、やることなす事
中国共産党は、人間を人間として見ずに
肉の塊か、モノとしか思ってないような
冷血のサイコパス集団と思えるのです。
「近寄るな! 中共人!」


■反対署名の活動に参加しましょう!


さて、凄いことになってます。
こうやって見ると、水島社長の云うとおりです。

ただし、落とし穴が・・・

A V.s. B で分断統治の法則性が
働いてはいないのかいるのか?
もしかして、あるかもしれません。

どうゆうことか?

これまで、「右翼」と称していた人が
分かれ道になることです。
チャンネル桜のファン内部で
安倍信者がどう反応するか?

反対しているのであれば、水島社長や
まともな右翼と思いますが、

急に、黙ってるヤツとか
なりをひそめているとか
そんな奴がいましたら、それは
安倍晋三ちゃんと同じ
李氏朝鮮の流れを組む組織の
人間かもしれません。
ハッキリ云って、朝鮮系カルト
「統●教✖」とか「S価●会」の
エセ右翼たちです。
本当の右翼だったら、
あの爆音の効いた街宣車で
中国領事館の前で騒いでるハズですよね!
かれらは、どうしたのかしら?
反日のエセ右翼であったということ?

こちらが、いまさら気づいた
自民党支持派だったのか?
■新橋街宣2019/12/8

要するに、毅然とした、ように見せた
安倍ちゃんは、中共と同じ穴のムジナ
だったということですよ!

朝鮮=韓国=北朝鮮=満州帝国なんですよね。
まあ、コチラをご覧いただければ
分かります。
http://soujya.net/2019/09/29/post-10135/
では、また。


スポンサーリンク

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました