【注】グレタの背後に注目! 日米工業機関の壊滅および 世界人口削減計画!

こんにちは、\ソウジャ です。/

先の記事にも載せましたが、
あの環境少女グレタの背後には
巨大なディープステートが
控えており、様々な「カード」を
反グローバリズムのトランプQチームに
投げ捨てています。

もちろんトランプは、「四次元チェス」の
手を打ってきますから、
こうなると、
グローバリズム V.s  トランプQチーム
の戦いの様相となっております。

地上の天使と悪魔の知恵比べ
といったところでしょうか。

さて、今回は、
環境少女グレタの背後にいる存在についての
動画がありましたので
置いとっきます。
■環境少女グレタの背後にいるのはディープステートの工作機関ローマクラブ!その真の目的は環境保護という名の日米工業機関の回目津と世界人口策言計画!585 回視聴2019/12/22

■編集後記
環境問題とは
「万物との調和」というのは同感です。
昔の縄文人は、弥生人らが
転住してきても、「和を持って尊す」
というマインドがあったので
ほとんどと言っていいくらい
武器や民族間の争いは無かった
ということです。

このDNAを日本人は、受け継いでいると
わたしは、思っています。
動画で言っていました・・・
「正反対のものとも調和できれば
1+1は100にもマンにもなる
それをマイナス面だけを
取り上げて人口削減だの
批判行動を取る連中は
この調和の力を知らないのだろう!」
そうなんですね。

わたしが思うに、
縄文人の地球に古くからいる
調和力や親和力や
まさに神通力を持った
王皇族進化系のDNAがあって、
それを妬み、嫉妬しているのが
異種起源を持つハイブリッドDNA。
この辺も太古から引き継がれて
支配者層は学んでるから
この地球を統一して世界政府を
樹立するためには
日本人が「邪魔」なわけです。
 
かれらディープステートである
悪魔教信者らは、全て自然界の法則とは
間逆な仕組みと仕掛けを行い
マイナスの仕合せを
人間の心のスキマに
抜け目なく入り込んで
その地獄領土を増やそうと
仲間を作っては、自然破壊の革命に
命を捧げているのです。
 
まさに「キチガイ」であり
サイコパス。
 
そして、工作機関である
ローマクラブ
その目的は
「環境保護」という名の
ポリティカル・コレクトネスで
政治的・社会的に
公正・中立な言葉や表現で
まぶしておいて、
実は、これが「だまし」であって
「日米工業機関の壊滅」および
「世界人口削減計画」
のことを指していたとは
一般庶民は、知る由もナシ。
 
環境ヒステリー
少女グレタトゥーン・ベリが
国連でトランプ大統領や
G7首脳たちに対して、二酸化炭素の
削減などの影響による
地球温暖化対策が滞ってる
ことで、憤慨したあの
「すごい吠えた形相」は
ちょうど、映画エクソシストで
見せた、悪魔に憑依された少女の姿と
かぶったようにに思えた。
 
さて、世界を牛耳ってきた
ディープステートたちであるが、
2020年には、もっと大暴れし、自滅への
流れになっていくのかもしれない。
 
「墓穴を掘る」というやつです。
 
なぜならば、
 
1.これまでの古い手口工作は見破られている
2.トランプQアノンチーム層は戦略が上手である
3.現行の世界銀行マネーシステムは行き詰まりを起こしてる
4.中共ディープステートが犯す酷い殺人は世界の民衆に知れ渡る
5.ディープステートの偽旗工作は、阻止されている
6.旧覇権要人は高年齢とともに衰退している
7.古代からの隠匿がバレて、常識の書き換えが行われようとしている

特に、最後の隠匿されてきたモノには
ハイテクが含まれていると同時に
科学と精神学の分野で大きな
パラダイム・チェンジが
起きると思われます。
 
それこそ、上だったものが実は下で
みたいな、
難しく考えてたことが、実は
非常に簡単な理論で解ける、とか、
 
明るく、楽しい
希望の持てる地球にしませんか。。。
 
では、また。
 

スポンサーリンク


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。